横浜GSFC U-15

yokohamags.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2010年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2010年 07月 29日

Aチーム 練習試合

2010/7/29(木)  雨  会場 星槎湘南スタジアム
30分ハーフ
横浜GSFC 3(1-2)5 OSA   得点 小坂、玉置雄、古江

20分×1
横浜GSFC 0-4 OSA

by gsfc15 | 2010-07-29 23:13 | 練習試合 | Trackback | Comments(0)
2010年 07月 28日

Bチーム 練習試合

2010/7/28(水)  晴れ  会場 長坂谷公園
30分ハーフ
横浜GSFC 0(0-0)2 FC緑1年

横浜GSFC 5(2-1)2 FC緑1年   得点 内田、上條、中川、遠藤、櫻井

横浜GSFC 1(0-0)1 FC緑1年   得点 下

by gsfc15 | 2010-07-28 19:29 | 練習試合 | Trackback | Comments(0)
2010年 07月 26日

練習試合

2010/7/26(月)  晴れ  会場 神明台グラウンド
30分ハーフ
横浜GSFC 2(1-0)0 バンデリージャ横浜
得点 三神、浜田(晃)

横浜GSFC 3(2-0)3 YSCC
得点 玉置(雄)、沼澤、小坂

20分×3
横浜GSFC1年 4(2-0、2-1、0-0)1 バンデリージャ横浜1年
得点 加藤、正寳、櫻井、遠藤

横浜GSFC1年 0(0-0、0-0、0-3)3 YSCC1年

by gsfc15 | 2010-07-26 20:35 | 練習試合 | Trackback | Comments(0)
2010年 07月 24日

1年生 練習試合

2010/7/24(土)  晴れ  会場 開成町水辺公園
25分ハーフ
横浜GSFC 5(3-0)2 ベルマーレ南足柄
得点 櫻井2、鈴木、加藤、遠藤

by gsfc15 | 2010-07-24 15:59 | 練習試合 | Trackback | Comments(0)
2010年 07月 23日

2、3年生 練習試合

2010/7/23(金)  晴れ  会場 西谷浄水場G
30分ハーフ
横浜GSFC3年 1(1-2)8  横浜FC3年   得点 玉置(雄)

横浜GSFC2年 0(0-4)12 横浜FC1年

by gsfc15 | 2010-07-23 20:26 | 練習試合 | Trackback | Comments(0)
2010年 07月 23日

3年生 練習試合

2010/7/22(木)  晴れ  会場 常盤公園
30分×3
横浜GSFC 5(1-1、2-3、2-1)5 YSCC
得点 古江2、小田原2、浜田晃

by gsfc15 | 2010-07-23 20:23 | 練習試合 | Trackback | Comments(0)
2010年 07月 23日

練習試合

2010/7/21(水)  晴れ  会場 常盤公園
30分×4
横浜GSFC 1(1-0、0-1、0-5、0-4)11 SC相模原
得点 玉置(雄)

by gsfc15 | 2010-07-23 20:21 | 練習試合 | Trackback | Comments(0)
2010年 07月 19日

前橋遠征

2010/7/18(日)  晴れ  会場 前橋育英高校高崎G
30分×4
横浜GSFC 2(0-5、0-2、1-6、1-2)15 前橋育英高校
得点 古江、浜田(純)


3年前から始まった前橋育英高校との年に一度の試合。
毎年ぼこぼこにやられるわけだが、全国レベルを肌で感じてもらうために
この時期にお世話になっている。今年の3年生は全員、昨年もこの試合を経験して
いることもあり多少楽しみであった。

3年前~ 一度もシュートを打たせてもらえなかった。
2年前~ 一度だけビッグチャンス(GKと1対1)を作るも得点ならず
1年前~ 何度か攻撃の形を作ることができたが得点には至らず

なにがなんでも今年こそは「1点!」
そして最後まで諦めないこと。
この2つを目標にゲームを行った・・・が、肝心な1本目が不甲斐ない内容に。
開始10分もしないうちに3人4人とすでにガス欠。膝に手をつき全く走れない状態。
それも3年生の選手である。相手に対して失礼になるくらいに出来が悪く、情けなさ
すぎる内容となってしまった。
暑さもあったし慣れない芝、しかもこの4月に新しく芝が張り替えられていたことも
あり足にくるのはわかるのだが、普段と変わらないパフォーマンスのできている選手
もいる。特に大森は体を張ってよく頑張っていたと思う。

結果的には3、4本目に待望のゴールが生まれたわけだが、正直喜べなかった。
4回目の挑戦にして見事初得点!しかも2点も!
相手DFが前線に出てきて空いたスペースをうまく使って得点に結びつけるなど、
形としても素晴らしかった。
ものすごく喜びたかったしみんなを褒めてあげたかったのだが・・・
僕個人としては今年の挑戦は残念な結果として受け止めています。

話は変わって、昨年の卒業生である櫻井雄太も育英の一員として試合に出場してきた。
元々フィジカルの強さ、パワーのある選手だったが、それをさらに強化すれば
あの中でレギュラーを勝ち取ることもできるだろう。そしてもっとアピールをすること。

3年生になった松原智也ともおよそ半年ぶりに再会する。
智也とは試合終了後、2人で焼肉屋で談笑してきました。
靭帯損傷が完治していないものの、変わらず元気にしていた。
最後の選手権にすべてをぶつけてもらいたいです。

a0109314_7434143.jpg
a0109314_744496.jpg
a0109314_7441885.jpg
a0109314_7443673.jpg
a0109314_7444881.jpg
a0109314_7451473.jpg
a0109314_7453271.jpg
a0109314_746432.jpg
a0109314_7462185.jpg
a0109314_7463410.jpg
a0109314_746528.jpg
a0109314_747556.jpg
a0109314_7472066.jpg
a0109314_7474536.jpg
a0109314_748111.jpg
a0109314_7511720.jpg


by gsfc15 | 2010-07-19 07:51 | 練習試合 | Trackback | Comments(0)
2010年 07月 11日

県U-13リーグ 1stステージ

2010/7/11(日)  曇り  会場 横浜市立並木中学校
12:50キックオフ  60分ゲーム
横浜GSFC 1(0-0)0 FCコラソン淵野辺
得点 遠藤

GK        岩嵜

DF  下手  草井  櫻井  四宮

          正寳
MF   関           内田
          加藤

FW     小田原  小林


交代  四宮→遠藤  小田原→上條  内田→四宮  正寳→内田  遠藤→相原
    関→遠藤  四宮→佐生  櫻井→正寳  相原→櫻井


総評  相手にテクニックで勝てなくても気持ちは勝つようにと伝えました。
    相手よりたくさん走ること。声を出すこと。そして、勝ちたいではな
    く絶対に勝つという気持ちを持つこと。
    得点チャンスはあまりなく得点はなかなかうまれません。どちらかと
    いうと守りの時間が長かったのではないか。チャンスといえば、ゴー
    ル前に蹴りこんだボールがキーパーの頭上を越えた。しかし、つめて
    いる選手がいなく得点ならず。
    ハーフタイムで相手より気持ちで勝てている人と聞いた所、櫻井のみ。
    気持ちで絶対に負けるなと指示を出し送り出します。加藤などが体を
    張って得たセットプレーも櫻井が良いボールを蹴る中得点にならず。
    体で押し込む選手が出てきて欲しい。上條のスピードを生きるファー
    ストタッチをして欲しい。得点を決めた遠藤も最後までつめていた形
    が点につながった。つめていたのも気持ちだと思う。最後は5バッグに
    して守り抜きました。最後の岩嵜のプレーには本当に助けられました。
    残りはあと1節。今日以上の気持ちを意識して勝ちたいと思います。
    まずは練習から意識をしよう。次節も勝ちを狙いたい。(高橋)

by gsfc15 | 2010-07-11 18:56 | U-13リーグ | Trackback | Comments(0)
2010年 07月 10日

県U-15リーグ 3rdステージ

2010/7/10(土)  晴れ  会場 横浜市立並木中学校
17:00キックオフ  70分ゲーム
横浜GSFC 0(0-1)2 横浜栄FC

GK         渡部

DF  三神  池之座 鈴木(隼) 沼澤

         吉井  今林
MF
    玉置(雄)  古江   浜田(晃)

FW         小田原


交代  小田原→浜田(純)  浜田(晃)→大槻  吉井→小坂  玉置(雄)→茂木


総評  全体的に支配されがちではあったが、決定機は作らせなかった。
    縦パス1本に対してDFとGKの連携ミスから失点。CKから失点。
    流れの中ではこちらの方が決定機を演出することができたが・・・
    完全なる決定機が2度あったにもかかわらず、ここでもまた精度の
    甘さが出てしまった。完全なキックミスである。これが勝敗を分けた
    のはいうまでもない。確実なところで確実に得点に結びつけることが
    できないと上には残れない。
    今日の相手は2列目、3列目の選手がどんどん前線に飛び出してきて
    いた。今うちがやろうとしている部分だ。高円宮杯までにチームとし
    ての完成度をもっと高めなくてはならない。下を向いている暇はない。
    この負けをきちんと受け止めて残り1ヶ月半を死にものぐるいで取り
    組んでいきたい。悔いを残さないためにも。

by gsfc15 | 2010-07-10 22:24 | 県U-15リーグ | Trackback | Comments(0)