横浜GSFC U-15

yokohamags.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2022年 09月 23日

2022年度 U-13リーグ 1stステージ 第6節

2022年9月17日(土)天候 晴れ 会場 宮久保スポーツ広場

横浜GSFC 1(1-1)1 エスペランサSC B

得点:ダイキ

2022年度 U-13リーグ 1stステージ 第6節_a0109314_22371163.jpg

前節の反省を活かし、今節に臨む準備を着々と平日練習から進めてきました。

まず、自分たちの普段のプレーが本当に良く出来てること。
焦りや緊張が本来の姿を消してしまっているのではないか。
という仮説を立ててこの日はとにかくリラックスして準備しよう、と。
それでまた上手くいかなかったら、もう一度考えればいい。
とにかく、思い切って力を抜いてやってみようとスタートしました。

W-UPから楽しそうに、声も出ていて。
声を出すと緊張もほぐれると言いますからね。

2022年度 U-13リーグ 1stステージ 第6節_a0109314_22352448.jpg
2022年度 U-13リーグ 1stステージ 第6節_a0109314_22353630.jpg

試合前のミーティングも最小限に留め、試合に臨みました。

練習から言っていたのは判断の部分。
それにともない、攻守においてとにかく観ることを伝え続けました。

FWは前を。
DFは敵がどこにいるかを認識すること。

この日は前節と違って裏へ落とすボールが非常に多くなっていました。
ダイレクトのキックは合宿で取り組んだもので、この日はトレーニングの成果が出てくれたと感じました。
DFとしてはやはり裏のボールは怖くてイやなもの。
それによって相手も前に出づらくなり、中盤にもスペースが生まれてトップ下2人もフリーになることが多かったです。

ダイキのゴールもまずゴールを観る、というところから生まれたゴールで
奪った瞬間、いや奪えると思った時からこのゴールの絵は生まれていたのかもしれません。

これだけ攻撃の幅が広がると課題は『怖さ』でしょうか。

前線3つのFWのポジションに6人の選手がいますが、攻撃的な選手としては全員おとなしめ。
ボールを呼ぶ声、呼び込む強さが足りていません。
ビデオを見ても裏を取れているシーンは多くありますが、気づいてもらえていない。
試合中に大きな声が出せないのなら、試合中じゃない時に自分の欲しいタイミングや場面を伝えておくことも出来るし。

攻撃の選手はやはりゴールに関われるかが一番大事で。
でもゴール一辺倒じゃ難しいから、足元でもらえるポジショニングの練習もしてきた。

でもそれはやはりゴールを奪うために練習してたこと。
足元もあると思わせるから裏が取れるようになる。
ゴールへの怖さを出せるように。

決してボールをキープするためだけの取り組みだったのではないので、勘違いしないように。

殻を破って6人の中で誰が飛び出してくるか、楽しみにしています。


守備面ではソウマとコタロウがいつも通りにプレー出来ていたのが印象的です。
前に出て潰すこと、カバーリング、攻撃面(逆サイドへのキック)どれもしっかりこなしてくれていました。
これもやはり観ているからこそのプレーで。
守備面、攻撃面含めて観えているな、というプレーが普段だから多いこの2人。
落ち着いてプレーすることを心掛けていただけだと思いますが、状況を判断している分、めちゃくちゃ余裕がありましたね。

ふたりのCBに加えて、SBの''しぼり’’についてもこの間取り組みましたが、意識は付いてきたように思います。
いつ、どこまでしぼったら良いかについてはもう少し話は必要だと思いますが、CBとSBで声も掛け合うことができていました。
ポジションがズレていく、先読みの力も必要になりますが、こちらも平日の練習が活きてきていると思います。

最後の最後に裏抜けを許して失点してしまいましたが
これは恐らく相手が観えていない、認識できていない守備だったと思います。
ボールと敵を同一視野に入れて、裏を取られない場所で守備のスタートをするのが基本ですが
所謂、ボールウォッチャーになってしまいましたね。
1人でも気づいていればついていって時間をかけて守ることはできたはずなので
GKからもDF陣に声をかけてあげることも大事になってきます。

ただ、危険なシーンはこれの他は得点後左サイドからセンタリングを上げられたシーンくらいだったかと思うので
良くやってくれたなと思っています。


試合後は練習試合をパルピターレさんとやらせて頂いて

①GS 1‐0 パルピターレ 得点:ユウシ‐Aヨッチ
②GS 1‐0 パルピターレ 得点:アキラ‐Aヨシハル


同じ3部で戦う相手に良い試合が出来ました。
リーグ戦よりさらにリラックス出来ていて、翻弄していました。
ユウシとかほんと別人でしたわ。。笑

ふたつのゴールはどちらも裏にボールを出したもの。
成長著しいヨッチから浮き球と、トップ下でフリーになったヨシハルからのノールックスルーパス。

ヨッチは技術も高く運動能力が高いけど試合に入り込んでしまう。
ヨッチには見ること、前を狙うこと、敵の方に行かないことの3つだけずっと言っているのですが、少しずつ改善されてきて
元々高い走る能力も高いだけに目立つシーンが増えてきました。

ヨシハルは最初見た時から花のあるプレーで試合を決められる力がある選手だとずっと思っていました。
常にスルーパスを狙っていて、エグいところに通してくる。
パワー不足で苦しむ時間も長かったけど、このアシストは初めて自分もプレーと想像がハマったシーンだったんじゃないかなと思います。

トップ下3人もこれから熾烈なポジション争いが始まる予感がしますね。

最終節、初勝利目指して良い準備をしましょうね。


# by gsfc15 | 2022-09-23 22:38 | 30期生 | Trackback | Comments(0)
2022年 09月 19日

9月17日(土)U-15リーグ第3節FスタジオU14

2022/9/17/土/晴れ/10:00kickoff/U-15リーグ第3節/FスタジオU14

横浜GSFC1(1)-(1)1FスタジオU14

26分ハルマ(ミドル)
31分失点

高円宮杯が終わり、テスト期間を経て、少し色々ありましたが、U-15が16名、U-14からGS含め3名の19名での試合となりました。

朝イチの分かりにくい会場でしたが、4名が遅刻、ユニ忘れが2人と、、、プラン通りには行きませんでしたね。。。

コンディションの良い選手を中心にスタメンは選びましたが、ケイスケ、翔ちゃん、ハルマ、スバルは予想通り素晴らしいプレーで攻守ともにストロングを発揮してくれました。

逆に、ツバサに関しては平日にとても良い状態だった事を感じられて、今日はやってくれそうだなと思っていただけに、本人としても少し悔しいプレーで終わってしまったかなと感じます。

相手は前半から思っていたより下で繋ぐ意識が強かったので、カトハルのストロングが活きそうだなーと思っていましたが、コンディションが上がっておらず、早めに守備でバテてしまいましたね。
それでも裏抜けに対してはとても良い動きが出ていて、試合感も悪くなく、コンディションが上がっていれば、というところでしたね。

前半のチャンスとしてはシュウエイ→ユウセイ裏の流れが再三ありましたが、アップから心配していたファーストタッチの意識が足りず、ユウセイの良さが出ませんでしたね。

両サイドバックの攻撃参加については試合前に伝えて送り出しましたが、最後まで効果的な参加が出来ず、攻撃のバリュエーションが一つ足りない印象は受けていました。

平日に取り組んでいたシュート練習の中でのシュート意識はかなり高まっている事は感じられ、その結果ハルマの打ち上げシュートが決まった事は良かったですが、その中でも今取り組んでいる『コントロールシュート』については意識されておらず、インステップでボカーンと打ってしまうシーンが多く、枠を捉えられないシュートがやはり多くなってしまいましたね。

試合の中で感じた、ドリブル・インターセプトからのシュート練習にも必要性を感じたので組み合わせていきます。

失点については、グラウンド状況もあって足を取られて滑ってしまっただけですが、流れの中でやられかけたシーンも含め、カバーリンクの必要性を改めて見に沁みる事になりましたね。

後半はU14の選手も含め選手を変えて、プラン通り行かなかった事もあり4-2-3-1に変更して挑みました(本当は3バックをやりたかったですが。。)。

フォーメーションに対する戦術は伝えましたが、慣れない形と交代選手が慣れるまでに守備がなかなかハマらず、危ないシーンもありましたがヒカリのビックセーブで失点は免れました。

コンディションが上がっていない選手、不慣れなポジションの選手、新しいフォーメーションと、ハマらない要因はたくさんあって少しぎこちない時間が続きましたが、CBとGKがしっかり抑えてくれてくれて相手コートでサッカーする事が長く出来ました。

後半飲水で普段通りの4-1-2-3に戻して、ケイスケを一つ前に上げて点を獲りにいきました。

正直、いつ点が入ってもおかしくない流れで、シュート数もどんどん増えていきましたが、やはり力みすぎですね。

コースは流し込むシュートは一つもなく、枠外の連続、GKとの1vs1もありましたが、珍しく頭がフリーズしてしまったレオ。

そしてヒュウガ、高円宮杯で出してあげられなかった選手の一人ですが、高円宮杯前も、そしてこの日も、彼の中で今出来るストロングを発揮し続けてくれました。

まずは良いポジションを探し続けられる能力、そしてボールが来た時の1タッチ目の判断、さらに最近強さが出てきた球際の守備。

彼にも伝えていますが、だからこそ、だからこそ得点に関わって欲しい。
彼の中での良さは随所で感じられますが、負けている時、勝っている時、彼のストロングで試合の流れを変える印象がまだない。
高円宮杯時、『左サイドクロスからの中へ入ってきてのシュート』は唯一彼の形がありますが、あの日はクロスが上がるシーンがほとんどなく出してあげられませんでした。

この日も一緒に出ていた逆サイドのカイト、クウトからクロスが入らなかった事により、時間は短かったですが、決定的なシーンを彼自身の力で生み出す事は出来ませんでした。

そこが今後の課題ではありますが、コンスタントに自分の100%を出せる選手としてとても安定感があって、華はないけど、すごく気の利くプレーが多くて、周りを活かす選手として、とても素晴らしいプレーが多かったですね。

本人は全く満足していないと思いますので、来週結果を出して笑顔を見たいですね。


またしても引き分けで終えて1勝2分、昇格へ向けて残り全勝しても他力本願という状況になりました。

来月に4戦組まれており、3年生の力と、必ず2年生の力も必要になると思われますので、昇格目指してとにかくゴール前のトレーニングを積んでいきます。

モチベーションは高い選手が多いので、あとは結果のみ。

折れずに一緒に成長して参ります!!!

大変お疲れ様でした!!
9月17日(土)U-15リーグ第3節FスタジオU14_a0109314_14562658.jpeg

最後まで頼むぞ3年生!!



# by gsfc15 | 2022-09-19 11:29 | Trackback | Comments(0)
2022年 09月 17日

2022年 U-13リーグ 1stステージ 第5節

2022年9月11日(日)天候 晴れ 会場 横山公園

横浜GSFC 1(1-1)4 相模原みどり

得点:ダイキ

2022年 U-13リーグ 1stステージ 第5節_a0109314_23003065.jpg


合宿からだいぶ間隔が空いての試合となりました。

プレスの早い相手に判断が伴わず、優先順位もちぐはぐになり、守備の切り替えも上手くいかなかった。
と、試合が終わって第一の感想でしたがビデオを見ると思ったより悪くなく。

ただ、決してベストの試合でもなく。
合宿明けの休憩期間とテスト期間も重なって、試合勘はかなり衰えていたのだと思います。



もう一度、自分たちの良さを再確認して。

取り組んできたことを思い出して。

自信と、余裕と、楽しさを次の試合で表現したいね。

試合前から、緊張してきた、という選手も多かったし
終わってからも聞くとほぼほぼみんな緊張していた、と。

子どもたち自身で昇降格のプレッシャーも思っているより感じているし、自信を持ってプレーしようという余裕はもちろんなく。
ただ、普段の練習では上級生と渡り合えるくらいの日もあるし。
こちらが本来の姿のはず。

次節は本来の自分たちに近づけるような試合が出来るといいね。

私もみんなの力になれるように努めます。

反省点は守備は互いの距離感・攻撃はパススピード。
これだけにしてこの間練習に取り組みました。

楽しみです...!




# by gsfc15 | 2022-09-17 00:05 | 30期生 | Trackback | Comments(0)
2022年 09月 16日

U-13 試合結果&活動報告

報告がとてもとても滞ってしまいました、、申し訳ありません。

試合の記録をしたメモを紛失(見つかりました。。)してしまったり、夏は飛び回っていたりという言い訳をせず今後コンスタントに更新して参ります。。
長めの報告となりますがご容赦ください。


■練習試合
2022年7月21日(木)天候 晴れ 会場 秋葉中学校 対戦相手 秋葉中学校

①5‐0 得点:ユウト、ユウト‐Aセッキー、テル、ユウト、ユウト
②2‐0 得点:アキラ‐Aダイキ、アキラ‐Aダイキ
③3‐1 得点:ユウト、ダイト、ユウト
④0‐0
U-13 試合結果&活動報告_a0109314_22582554.jpg

■練習試合
2022年7月22日(金)天候 晴れ 会場 宮久保スポーツ広場 対戦相手 FC ASAHI

①0‐0
②0-1
③0-2
④0-1


リーグ戦第3節を経て得点力を課題に挙げて取り組んでいた時期でした。
そういう意味で秋葉中さんとの練習試合でたくさん得点出来て感覚を呼び起こせたのは良かったと思っていました。
ASAHIさんとの練習試合はスピードのある選手に手を焼く場面が多く、得点も取れませんでしたが翌日に向けて気持ちは高まってきました。


■U-13リーグ 第4節
2022年7月23日(土)天候 晴れ 会場 ノジマ 対戦相手 ファサネイト

横浜GSFC 3(1-1)3 ファサネイト

得点:ユウト、OG、ダイキ

初勝利を目指して臨んだ試合。
結果的に初の勝ち点『1』を得ました。

課題は当然、ゴール。
ゴールに向かう意識、シュートの意識を高めるトレーニングをして準備をしてきました。

前半、先制されてしいますが、ディフェンスライン4枚の距離感=互いにカバーリングできる位置 が少し遠いのが気になります。
小学生の時にマンマーク主体の守備が多いせいか、マークとカバーリングを同時に行う習慣がまだついていません。
CBとSBの間にいる選手にセンタリングを合わされてしましました。
得点されてしまいますが、この日はゴールに迫るシーンがとても多く、積極的でした。
すると、インターセプトから素早く縦パス、だいとのワンタッチ(これが良かった)での裏パスをゆうとが拾ってダイレクトシュートでゴール。
奪ってから相手も対応できない素早さとアイデアのあるゴールでしたね。

前半1-1で折り返しましたが後半も追加点を奪われてしまいました。
それでもこの日は前に出ていく迫力は失わず、CKから相手のミスもあって同点。
も、束の間、、今度はPKを与えてしまい三度目のビハインド。

万事休すか、と思いましたが諦めていませんでしたね。
かのしょうのキックからあきらが何とか触ってくれて、それをだいとにつなぐとプレスが来たけど引かずに前にルーレットで突破(これが良かった②)。
せっきーにつなぐとミドルレンジからのシュート、、と思いきやだいとの遥か後ろから駆け上がってきただいきへノールックパス。
GKと1vs1!
え? 打って? ええ、、
と思っていたらゴリ押しで決めてくれました。

興奮してビデオ取れてませんでしたが(選手が撮ってました)せっきーのパスは会場にいた全員が引っ掛かったんじゃないかな。

ベンチのメンバーも涙涙涙。
みんなプレッシャーがかかっていたんですね。

勝ち点1だけど、大きな勝ち点1でしたね。

U-13 試合結果&活動報告_a0109314_22584656.jpg
U-13 試合結果&活動報告_a0109314_22585503.jpg
U-13 試合結果&活動報告_a0109314_22595124.jpg
U-13 試合結果&活動報告_a0109314_22591779.jpg
U-13 試合結果&活動報告_a0109314_22592389.jpg
U-13 試合結果&活動報告_a0109314_22592815.jpg
U-13 試合結果&活動報告_a0109314_22593520.jpg
U-13 試合結果&活動報告_a0109314_22593290.jpg
U-13 試合結果&活動報告_a0109314_22592616.jpg
U-13 試合結果&活動報告_a0109314_22594164.jpg
U-13 試合結果&活動報告_a0109314_22595582.jpg
U-13 試合結果&活動報告_a0109314_23000494.jpg

誰がやろうと言い出したのか。。
ユウシ、優勝。
ダイキはお笑い芸人。


■練習試合
2022年7月27日(水)天候 晴れ 会場 保土ヶ谷ラグビー場 対戦相手 境木中学校
①4-0 得点:ユウト、ユウト-Aヨッチ、ユウト、ユウト-Aセッキー
②2-0 得点:ユウシ、ミナト

■練習試合
2022年7月28日(日)天候 晴れ 会場 常盤公園 対戦相手 原中学校
①0-0
②1-0 得点:ダイキ
③0-3
④5-0 得点:ダイキ、ダイキ、ユウト、ゼンタ、ユウト-Aマサキ

両中学校ともに相手は上級生も混ざった中での試合となりました。
原中学校での③3失点は上級生のミドルシュート3本。
1年生だと届かない距離も届いてしまう上級生の距離感。
届かないものは届かないのであまり気にすることもないですが、りゅうともかのしょうも身長があるので準備をしておけば届くボールもあるかもしれないですね!

■練習試合
2022年8月3日(水)天候 晴れ 会場 常盤公園 対戦相手 OSA
①1-0 得点:ダイキ
②0-0 
③2-0 得点:ユウト-Aダイト、ヨシハル

前の試合ではゼンタが、この試合ではヨシハルが初得点を挙げ、ゴールへの意識も高まってきました!

■練習試合
2022年8月13日(土)天候 大雨 会場 横須賀リーフスタジアム 対戦相手 ライオンズSC
①0-2 
②2-1 得点:テル-Aユウシュン、テル
③0-3 

サイドバックながら2得点のテル。
1点目はセンタリングがラッキーな形でゴールへ。
2年目は完璧なミドルシュート。
遠くを見ることや、蹴ることは昔から長けていて思い切りの良さも出てテルらしいスーパーゴール。
ユウシュン含め、サイドバックの攻撃参加も少しずつ増えてきました。

U-13 試合結果&活動報告_a0109314_23000763.jpg
U-13 試合結果&活動報告_a0109314_23001258.jpg
何か荒天の試合多めの学年ですね。


■夏合宿練習試合
2022年8月17日(水)天候 晴れ 会場 野沢村オリンピックパーク 対戦相手 長野パルセイロ
①0-4
②0-3 
③0-3

J下部チームとの対戦が叶いました。
私は宿にて所用で試合に帯同できませんでしたがビデオでチェック。
パス&コントロールの早さと正確性に差があったでしょうか。
こちらが芝に慣れてないのもありましたが、パルセイロさんは止める蹴るがしっかりしていましたね。
守備の時間が長く、慣れない環境、合宿独特の疲れで少し重さもあったようです。


合宿のテーマは『キック』としました。

フィジカル的にまだまだなU-13ですが、技術レベルは高く。
どこかの面でスピードを出さないといけないとなると、まず『パススピード』。
そして、ロングキックも苦手な選手が多いですが、芝だと感覚を掴めることが多いので『ロングパス』を。
このふたつをテーマとしました。

キックの仕組み(どうなると飛ぶのか)、フォーム、そして転がってくるボールの力を利用して蹴る練習も行いました。
キックの申し子、笠原コーチの手も借りて。。
合宿中もそうですが、キックの飛距離やダイレクトで裏に落とすパスも増えたりと自信を持った選手もいるようです。
合宿でコツを掴めた、というみやしょうは急激にキックが飛ぶ&強くなり。
みなとはどん欲に夜もコーチ部屋にきて質問攻め。。笑
その熱意は確かに実を結んで、キックのコツを掴みかけているみたいです。
パルセイロ戦で転がってきたボールをダイレクトでディフェンスライン裏に落としたキックはまさに練習で行ったものでした。

18日にも練習試合予定でしたが雨もあり全学年試合が中止となり。
午後は2年生と紅白戦をさせてもらいました。
全体的に締まった試合となり押されっぱなしということもなく、攻撃も出来ていました。
が、やはりスピード、フィジカルで翻弄されることもしばしばでチャンスは2年生のほうが多かったです
たくさん外してくれた2年生キャプテンくらちゃん、、、涙

左右のウイングが大活躍!
こぼれ球を迷わず振り抜いてゴールのゼンタ!
さらに、ミヤショウが左サイドからえぐってセンタリングをゼンタが押し込み!

さらにミヤショウは左から果敢にしかけてゴール前でのファウルをもらい
FKをダイキが決めて2年生に勝利!
素直に嬉しかったでしょう。
ゼンタとミヤショウはともに2ゴールに絡みました!

そして2年生は午前中20本ほどダッシュをして疲れもあったでしょう、、、渋谷コーチのアシストを記録しておきます。。

その後は2年生も混ざって紅白戦。
何だかんだ仲も良くなって、2年生も優しいです。。
U-13 試合結果&活動報告_a0109314_23340156.jpg
U-13 試合結果&活動報告_a0109314_23340148.jpg
U-13 試合結果&活動報告_a0109314_23340025.jpg
2年生ゆずと&1年生ゆうと


最終日はGSカップ。

1年生もなんら遜色なくプレー出来ていて、特徴も出ていましたね。

3年生も優しくしてくれて、本当に良い思い出が出来たんじゃないかな。

U-13 試合結果&活動報告_a0109314_23002449.jpg
宿舎の川廣さん。
とっっっ・・・ても良くして頂きました。

U-13 試合結果&活動報告_a0109314_23002154.jpg
渋谷コーチと散歩。
近くにある冬スポーツを夏場にトレーニングできる場所まで行ってみた。
これはジャンプ台かな?練習している人、結構いましたね。
U-13 試合結果&活動報告_a0109314_19482015.jpeg
いいねー

U-13 試合結果&活動報告_a0109314_23002757.jpg
U-13 試合結果&活動報告_a0109314_23183335.jpg
U-13 試合結果&活動報告_a0109314_23413016.jpg
U-13 試合結果&活動報告_a0109314_23470145.jpg
よっち 1vs1
U-13 試合結果&活動報告_a0109314_23444578.jpg
決めました

U-13 試合結果&活動報告_a0109314_23183384.jpg
U-13 試合結果&活動報告_a0109314_23471087.jpg

U-13 試合結果&活動報告_a0109314_23185582.jpg
パルセイロ戦
U-13 試合結果&活動報告_a0109314_23185612.jpg
U-13 試合結果&活動報告_a0109314_23444521.jpg

U-13 試合結果&活動報告_a0109314_23185609.jpg
戦ってますね
U-13 試合結果&活動報告_a0109314_23184705.jpg
ナイスキーパー


U-13 試合結果&活動報告_a0109314_23185558.jpg
GSカップ
チームキャプテンのケイスケからボールキープするアキラ

U-13 試合結果&活動報告_a0109314_23185533.jpg
こちらも3年生と競り合うソウマ

U-13 試合結果&活動報告_a0109314_23185658.jpg
U-13 試合結果&活動報告_a0109314_23185577.jpg
U-13 試合結果&活動報告_a0109314_23334815.jpg
U-13 試合結果&活動報告_a0109314_23482431.jpg
U-13 試合結果&活動報告_a0109314_23444547.jpg

U-13 試合結果&活動報告_a0109314_23185688.jpg
U-13 試合結果&活動報告_a0109314_23185489.jpg
キーパーふたりはいいライバルであり仲間ですね

U-13 試合結果&活動報告_a0109314_23185527.jpg
U-13 試合結果&活動報告_a0109314_23184756.jpg
トンボも止まっちゃう大自然

U-13 試合結果&活動報告_a0109314_23195951.jpg
最高でした...!




# by gsfc15 | 2022-09-16 23:50 | 30期生 | Trackback | Comments(0)
2022年 09月 05日

9月4日(日)高円宮杯1回戦Vidaいさま

2022/9/4/日/13:30kickoff/@下川入サッカー場/高円宮杯1回戦/Vidaいさま

横浜GSFC0(0)-(1)3Vidaいさま

34分失点(スローインから)

9分失点(スローインから)
26分失点(CKから)

高円宮杯1回戦。

雨天により外での活動が出来ず、3年生としては大事なテスト期間での開催となりましたが、塾を休んででもスポーツセンター等の活動にたくさんの選手が集まり、良い準備が出来ていた選手は多く感じられました。

ウォーミングアップの様子を見ても、ボールのタッチ感や判断の部分など、とても良い雰囲気で試合に入れていましたね。


スタメンの基準はゴール・アシスト、これにつきます。


『点が獲れない』のがこの代の課題で、致命的ではありますが、一番点に関わっていた選手をスタートからぶつけていきました。


試合前のミーティングでは『得点の8割以上が前プレからのカウンターであるから前から守備をいく事をやめない』『クロスに対して中の枚数を増やす事』『ゴール前で真っ直ぐ走らない』この3点。



KICKOFFから、相手は徹底して裏へロングボール。

丁寧に繋いでくる印象のチームでしたが、リスク無く、2トップでどんどんFWを走らせてきました。

この時点で、こちらの得点源である『前プレからのショートカウンター』がなくなってしまい、セットした相手を崩さなければいけなくなりました。

こちらは裏へ走って勝てるほどスピード感のある選手が前線にまだいないので、サイドバックのオーバーラップなど、数的優位を作って崩しにかかりました。

流れとしては、相手のクリアを回収→下から丁寧に進んで行く→クリアを回収の連続で、やられる感じはありませんでしたが、相手は少ない人数で攻めて、しっかりゴール前を固めていたので、流れの中でなかなか良い状態でシュートを打たせてはもらえず、チャンスはありましたがグラウンド環境に負け、ラストの精度が上がらない。。。

それでも前プレからGKのクリアミスを翔ちゃんがループ気味で当てたシュートで1チャンス、CKのこぼれ球でまさきが2チャンス、左足でしたがツバサのミドルシュートと、流れだけでなくチャンスも多くあったのが前半。

まあでもやはり、うちの得点源のもう一つ、『左サイド三浦』から良いクロスが上がらなかったのが痛かったですね。
ボコボコしたグラウンドに苦しみ続けていました。

相手はスピードのある右サイドの選手を走らせてクロス、の形を狙い続けていましたが絶好調の酒井さんとCBが完封してくれていたので特に心配はなく。

ただ少しGKとのコミュニケーションで危なっかしいシーンや、少し緊張していたのか、ヒカリの飛出しに迷いを感じるシーンは見受けられました。


失点については終盤に相手スローインから、セットされた状態でシンプルにゴール前に放り込まれた流れから抜け出せず押し込まれて失点。


点を獲れるうちにとれないとこうなる典型的なやられ方で、とても良い流れの前半でしたが、良い雰囲気ではハーフタイムを迎えられませんでした。


ハーフタイムで変える予定だった選手がいましたが、まだ元気そうで流れも良かったのでそのまま。
あと何分もつかは分かりませんでしたが、1点獲って交代する予定で送り出しました。


後半、相手はフォーメーションを変えて、いつも通りの形に戻してきましたが、変わらず右サイドの裏へ徹底して放り込んできました。

7分の失点もその流れからのスローインからですが、あれは正直シュートが凄すぎました、、、全然失点する流れでもなければ打たれて入る角度でも無い中で、ニヤ上のバーに当たりながら入るコースを打ち込んできたあの選手を褒めるしかありません。

前半から、少し構える守備でボールが奪えていたシュウエイとして、ゴール前での距離感は前半から少し気になっていましたが、あれはちょっとシュートが上手すぎです。。。


このスーパーな2失点目で完全に選手達の中で余裕が無くなりました。


そしてそこから『点を獲れる選手』を投入していきましたが、完全に後ろでセットされた相手に対して、強引に突っ込み過ぎてしまい前半のようなサイドを変えたり、後ろに落としたり出来ていた、リズムが作れず、前に前に行く単調な攻撃が続き、セットされた相手を強引に突破出来る選手はいないので、逆に相手の右サイドへのクリアからカウンターを食らう流れが増えていきました。


想像以上に、フウガ、レオ、の攻撃力が目立たず、ウィークの守備力が目立ってしまった事や、今週ノッていたカトハルが前で全く時間を作れなかったのが想定外でしたね。。。


相手は2点あるので最後までシンプルにクリアを大きく徹底して右サイドへ送っていたので、ラスト10分で3バックへ変更し、ナオヤには『中よりもサイドの裏だけ気を付けて』と送りだし、ケイスケをボランチにあげてセカンドボールの回収とスピードのあるカイト、ジュンペイをサイドにおいて、時間をかけずに点を獲りに行きたい所でしたが、CKで初めてヒカリがファンブルからの失点をしてしまいました。

本人には伝えましたが、珍しい事が起きると、珍しい事は起きる。
私生活とサッカーはリンクしていると。

GK達にはこれまでもたくさん救ってもらいましたし、3年生がその時も試合後も、ヒカリに対して何も言わなかったのは、本当に感謝をしていて、自分達がGKをやっていた1年生の頃の辛さも知っているからで。
試合後にヒカリは涙ぐんでいましたが、良い経験が出来て、もっともっと成長してくれると信じていますよ。
何も気にする事はないです。


3失点後に3-2-2-3に変えて、ボランチが二人になり、中盤で良い状態でのカットが出来始めて、やっとレオが良い状態でボールを受けるシーンが増えて可能性を感じられるようになってきましたが、最後まで得点シーンは観られず、最後のカイトのシュートも力なくGKへ。。。


結果、0-3で1回戦敗戦となりました。


試合後すぐに『ここと練習試合しましょう』とキャプテンから言われ、悔しくて泣いている選手もいて、色んな感情が溢れてる空間でした。


今日、朝から高円宮杯を6試合ほど観て、彼等の戦いぶりをみて感じたのは、『高校でもサッカー続けて欲しい』とその気持ちだけでした。


ここで辞めるにはもったいない選手ばかりで、今はまだパワーとスピードが出来上がっていないだけで、そこがついてきた選手達が今日は躍動していて、特にヒュウラ、カンタ、この二人は身体が仕上がってきて、クラブユースの時とは見違えるようなキレやスピード、体力が出て来ています。


あと半年でここからさらに大人の動きになってくる選手が増えてきて、ゴールがたくさん奪えるようになってくる彼等がとても楽しみで仕方ありません。


彼等の努力は必ず先で実ります。


今勝てないからと、諦めないでほしい。


まだここから、まだ15歳で、30歳になったって伸び代があります。


サッカーが大好きであれば、どんな形でも続けて欲しいなと感じますね。


受験生でもありますから、休会に入る選手達も出て来るとは思いますが、ここからさらにサッカーが面白くなってきますので、上手く両立してもらたら嬉しいですね。


もっと強くなりましょう。


大変お疲れ様でした。

たくさんの応援も、本当にありがとうございました。

9月4日(日)高円宮杯1回戦Vidaいさま_a0109314_13414341.jpeg

9月4日(日)高円宮杯1回戦Vidaいさま_a0109314_13420632.jpeg

9月4日(日)高円宮杯1回戦Vidaいさま_a0109314_13421991.jpeg

9月4日(日)高円宮杯1回戦Vidaいさま_a0109314_13423304.jpeg

9月4日(日)高円宮杯1回戦Vidaいさま_a0109314_13424616.jpeg

9月4日(日)高円宮杯1回戦Vidaいさま_a0109314_13430571.jpeg

9月4日(日)高円宮杯1回戦Vidaいさま_a0109314_13431538.jpeg

9月4日(日)高円宮杯1回戦Vidaいさま_a0109314_13433119.jpeg

9月4日(日)高円宮杯1回戦Vidaいさま_a0109314_13434167.jpeg

9月4日(日)高円宮杯1回戦Vidaいさま_a0109314_13440058.jpeg

9月4日(日)高円宮杯1回戦Vidaいさま_a0109314_13441485.jpeg

9月4日(日)高円宮杯1回戦Vidaいさま_a0109314_13442428.jpeg

9月4日(日)高円宮杯1回戦Vidaいさま_a0109314_13444613.jpeg

9月4日(日)高円宮杯1回戦Vidaいさま_a0109314_13451986.jpeg


# by gsfc15 | 2022-09-05 13:40 | Trackback | Comments(0)