横浜GSFC U-15

yokohamags.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 11月 05日

OB情報

全国高校サッカー選手権大会、山梨県予選決勝戦を観戦しに
中銀スタジアムまで行ってきました。

決勝まで勝ち上がった帝京三高にはGSを卒業した江成隆希、澤田慶、
田中靖哉(以上3年)、浜田純、今林憲吾、玉置雄也(以上1年)
計6名が在籍しているので応援に行かないわけにはいかない。

対する相手は、前々回大会で全国大会初出場初優勝という偉業を成し遂げて
一躍全国区となった山梨学院。今大会注目度No.1との呼び声も高く、
J1清水入りが内定している白崎凌兵くんやU-18日本代表にも名を連ねる
GK山田修平くんなど、今年もタレントが健在だ。

前評判通りにまずは学院が攻勢を仕掛ける。
帝三は委縮しているのか後手の連続でなかなかボールが収まらない。
特に学院左サイド11番と帝三右サイドバック2番とのマッチアップが目立つ。
寄せが甘く、何度もスピードに乗った突破でサイドを制圧させられていた。
「こりゃいつかやられるな」と感じさせられるほどに2番の選手はよくなかった。
だが、11番の選手もクロスの精度が悪くすべて跳ね返されていたのはラッキーか。

そして、セカンドボールへの反応も学院の方が圧倒的に速かったし、徹底した
ボールホルダーに対してのプレッシャーで帝三の自由を奪っていた。

苦しいことばかりであったが、唯一勝っていたのは帝三1トップの25番。
身長の高さを生かしてのヘディングであったりポストプレーであったり、ここだけは
負けていなかったのでもっとシンプルにこの選手をターゲットにしてもよかったのかも。

そんな中、前半23分に均衡が破られる。
帝三右サイドからの突破で中央に折り返す。ファーサイドから走り込んだ選手がフリーで
ゴールへ流し込み、待望の先制点!スタンド総立ち!
これで試合が面白くなるぞと思ったのも束の間。26分には、不安視していた学院
左サイドでボールを持った11番が中央への切り込みからミドルシュート。これが
簡単に決まり、再びふりだしに。

そして38分。帝三左サイドからのFK。中央に放り込んだボールはファーサイドに
流れてフリーで走り込んだ選手がヘディングシュート。再びリード!スタンド総立ち!
と思いきや、ファウルを取られてノーゴール。おそらく、ひとつ前で競り合っていた
選手のところでファウルがあったのだろう? 学院の選手達が抗議している様子も
なかったし・・・これ完全に疑惑。
そんなわけで1-1で前半終了。

後半は25番にボールが集まりだし、それと同時に全体の動きも活性化する。
きちんと修正してきた帝三が終始押し込む展開で二度三度と決定機を作るもゴールには
結びつかない。逆に学院も白崎くんがGKと1対1となるが枠を外れる。
延長かぁ、運動量持つかなぁなどと考えながらアディショナルタイムでの最後の攻撃で
帝三はCKを獲得。決めれば劇的!という場面であったが幸運の女神が微笑んだのは
帝三ではなく学院だった。CKのクリアーボールを拾ってからラストのカウンター。
(通常ならクリアーした時点で終了の笛でもおかしくなかった)
右サイドを突破してからのクロスボール。ゴールを通り過ぎて最後はファーの選手が
ヘディングで流し込み決勝点。万事休す。きっと点を決めた選手は自陣のゴール前から
相手ゴール前まで全力で走ってきたのだろう。流れるような攻撃だったし、最後の最後で
チームとしてやってきたことが実ったように感じた。これが全国区の勝負強さなのだろう。

昨年の準決勝も観戦したが、この時はまったく歯が立たずに0-3の完敗であったが、
今年は互角以上の戦いをしてくれたし帝三が勝ってもおかしくない試合だった。
ものすごく残念。相当悔しい負け方だ。
来年に期待です。

by gsfc15 | 2011-11-05 20:39 | OB情報 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://yokohamags.exblog.jp/tb/13949027
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 2年生 練習試合      2年生 練習試合 >>