横浜GSFC U-15

yokohamags.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 04月 29日

2014年度 U-14リーグ 開幕戦

2014/4/27(日)  晴れ  会場 南足柄市運動公園G スタッフ:秋山、田口、浅川
10:00キックオフ  70分ゲーム
横浜GSFC 0(0-1)1 AZ FCエスペランサ
得点 

GK         浅川

DF  依田  宮本  菅田航  花上

MF  岡田  内田   草井   甲斐   

FW     田口      谷津 
           

交代  前:田口→内海、花上→石井
     後:岡田→髙橋響、浅川→菅田泰、甲斐→飯田、谷津→石井、花上→田口

<総評>
2014年度U-14リーグ開幕初戦。
力のある相手にどのくらい自分たちの力が通用するか、楽しみなゲームでした。
開始序盤からGSペース。
ここのところ練習で徹底してる形からいきなりチャンスを迎える。
裏に抜けだした田口が冷静にDFの前に入り込みキーパーと1vs1となるも、フィニッシュが弱くセーブされる。
しかし、今度は谷津が抜け出しこちらも落ち着いてDFの前に入り込みキーパーと1vs1。
これにはたまらず相手DFが谷津を倒し、イエローカード。
ペナルティエリア直ぐ近くでFKを得るも、草井のキックはゴール左にわずかに外れてしまう。
その後もGSの攻勢は続き、ほとんどの時間で押し込み多数CKも得るが合わせきれない。
この攻勢に油断があったか、前半27分、あっさりと失点してしまいました。
押し込んでいる時に前がかりになりカウンターを受け、そのまま抜けだされゴール。
攻めている時のDFの準備不足が招いた悔やまれる失点でした。
HTには失点時のポジショニング修正、確認をして後半に臨みました。
後半は相手もGSのプレーに慣れたのか前半よりもオープンな試合になりました。
それでもGSは菅田航、宮本らが要所で体を張って決定機は作らせない。
後半一番の決定機、中盤でのつなぎから内田がスルーパスに反応、右サイドからのセンタリングに草井がドンピシャリ!も、キーパーのファインセーブにあい得点ならず。
最後は3バックにして執念を見せるも得点は奪えずそのままタイムアップ。
開幕戦を勝利で飾ることはできませんでした。
ピンチは失点時のみであの単純な失点を防げていれば。
多々あったチャンスを決め切れていれば。
たらればはつきものですが、でも常に予想外のことは起きうる。
それに対する準備がやはり大切、ということを改めて思い知らされました。

今日は珍しく、と言っては何だが立ち上がりから最後まで良い形で試合に臨めていた。
遠い場所で現地に早く着いてしまい少しフワッとしてしまうか?と思っていましたがアップから集中して取り組めていたと思います。
ベンチの選手も他から言われることなく自ら考えてアップをして試合に備えていました。
いつも言っているしっかりとした準備、気持ちの入った取組み方。
少しづつみんなが意識しており、今日は負けてはしまいましたが中身のある試合ができました。
でも、まだまだできる。
まだまだできる。
これからのU-14に期待を込めて。

いっしょにがんばっていこう。

応援、送迎にご協力して下さった保護者の皆様ありがとうございました。

by gsfc15 | 2014-04-29 09:15 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://yokohamags.exblog.jp/tb/19730505
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< U-13練習試合      2,3年練習試合 >>