横浜GSFC U-15

yokohamags.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 10月 07日

U-14リーグ vs SFCジュニオール

2014/10/4(土)  曇り  会場 荏子田グラウンド
15:00キックオフ  70分ゲーム
横浜GSFC 6(2-0)0 SFCジュニオール
得点 8分甲斐-A田口、27分草井FK、40分菅田航、50分岡田、57分岡田、68分甲斐-A谷津
失点 

GK        浅川

DF  飯田  宮本   依田  花上

MF  甲斐  草井   田口  石井   

FW      谷津   菅田航

交代:HT浅川⇔菅田泰、55分飯田⇔久水、石井⇔岡田

<総評>
U-14リーグ最終戦となりました。
3年生と同じく2年生もここ1ヶ月新しいテーマで取り組んでいます。
その取り組みが公式戦でどこまで発揮できるか、チャレンジの一戦となりました。
立ち上がりは相手中盤の速く激しいプレッシャーに押されボールを上手く保持できません。
また、細かいカバーリングなどを怠りあわや失点という場面も少なくありませんでした。
そのなかでもGSは少しずつボールを保持してゆき、攻撃の時間を増やします。
すると8分、中央でタメを作った田口から右サイドの甲斐にラストパス。
これを甲斐が落ち着いて決めて先制します。
先制点が決まり余裕も生まれ、動きも良くなったGSは主導権を握り始めます。
27分にはゴール右寄り約20mで得たFKを草井が直接決めて追加点。
2-0で前半を終えます。
HTは守備のポジショニング、攻撃の狙いを確認しました。
後半は立ち上がり早々の5分に菅田航が追加点。
その後交代して入った岡田がスピードを生かした個人技で立て続けに2得点。
最後は谷津のラストパスに反応した甲斐が抜け出しシュート、ポストにコツンと当たったボールを再度押し込みダメ押し。
守っては宮本、依田の両CBを中心にラインの上げ下げを徹底し、SBも内側への絞りを忘れずカバーリングをおこないほぼ危険な場面を作らせませんでした。
またGKの浅川、菅田泰はコーチングによって常にゲームに参加し、チーム全体に集中力を与え、チームの力となっていました。

練習中もそうですが少しずつ試合でも自分たちのプレーが表現できるようになってきています。
日々の積み重ねを大事にして取り組んでいる成果だと思います。
しかし、まだまだその精度、スピードを突き詰めていく必要があります。
現状に満足せず、高いところを目標にひとつひとつ課題をクリアしていきましょう。

最後に、応援に来てくださった皆様ありがとうございました。
U-14リーグ vs SFCジュニオール_a0109314_16221705.jpg

U-14リーグ vs SFCジュニオール_a0109314_16224618.jpg

U-14リーグ vs SFCジュニオール_a0109314_16230168.jpg



by gsfc15 | 2014-10-07 16:14 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://yokohamags.exblog.jp/tb/20265682
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< U-14練習試合 vs MKFC      練習試合 vs 岩井原中学校 >>