横浜GSFC U-15

yokohamags.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 03月 09日

高円宮杯JFA U-15サッカーリーグ2018神奈川県大会 1stステージ 第2節

2018.3.4(日) 天候 晴れ・強風 会場 かもめパーク

横浜GSFC 2(2-1)1 リーベルプント
得点:青木、本間-A佐藤


リーグ戦開幕2連勝!!!


開幕戦からテストを挟んで丁度1ヵ月後のこの日、第2節を迎えました。

少しトラブルのあった開幕戦を何とかものにして、第2節からはしっかり準備して臨みたい...と思っていましたが前日にキャプテンが負傷離脱...
するも、今回もしっかりとそれを補って勝ち切れるのはこのチームの強みですね!

この日は早朝ということもあり、音を出せないからボールを使ったアップが出来ないとのこと。
それをミーティングで伝えて、何をするのかな...と思っていたら、

a0109314_16050589.jpg

ガチのリレーが始まりました。
しかも3セット。
a0109314_16014202.jpg
a0109314_16020386.jpg
a0109314_16023017.jpg

朝イチからやるなぁとある意味感心していましたが、何よりも1回で終わりのはずが『もう1回!もう1回!』とキツイことも楽しさが上回ってしまうこのメンタルにも感心です。

楽しくやると辛いことも乗り越えられる説。

そんな辛いってほどじゃないか。笑
でもそんな雰囲気や気概は大事ですよね。

ただ、楽しみ過ぎてきっちりミーティングの時間は忘れていましたがね…。


そういえば、約2年前のGSに入会したての頃、3年生のクラブユース応援に大神グランドに行った時のこと。
応援だけで終わっては、と思ったので空いているところでボールをつかってリフティングしたりしていましたが、それが終わると急に『走りたい!!』と言い出したのを思い出しました。

a0109314_16171764.jpg
a0109314_16181615.jpg
結構な坂をダッシュしてるはずなのに、ここでも何故かニコニコして走ってますね…

この時も、終わりというまで永遠とダッシュし続けるんじゃないかってくらい楽しんでました。

あれから変わんねーな、と思いながらもちょっと嬉しくもなるような、そんな1日のスタートでした。

話が逸れましたが...

試合ってのはどう進めるのか?
まず、自分たちのスタイルが軸。
その上で相手がどうか、というところになります。

1年生も現在取り組んでいるようですが、この学年も相手のスタイルや布陣の把握をして対応することをこれまでやってきています。
今ではそれも身につけて、対応できるようになってきましたのでこの日は敢えて、相手に合わせないメリットも伝えました。
その上でどう対応するか、はもちろんピッチの選手たちの判断に委ねています。

試合が始まると、風上を得られたアドバンテージもあってかGSペース。
リレーで心拍数を上げた効果もあったのか、立ち上がりからサイド攻撃や惜しいミドルシュートからCKを獲得するなど動きの良さが目立った良い立ち上がりでした。
しかし、相手の強力なFWを軸にだんだんと押し込まれて主導権を握られてしまうと、CKから失点。
課題のCKはもっと練習が必要で仕方ない部分ではあるけど、簡単に主導権を渡してしまったのは反省しなければなりません。
立ち上がりはどのチームにとっても難しいけど、レベルが高くなればなるほど立ち上がりには攻守ともに気を使っているし、逆にチャンスということも分かっている。
ここは今月たくさん公式戦がある中で、改善したいと思います。

失点はしてしまいましたが、これまで何度も逆転勝利を飾ってきているように逆境に負けないメンタリティーを備えているこのチーム。
チームの良さである力強さを武器に少しずつ盛り返すと、クロスのこぼれ球をこの日左サイド起用の青木が蹴り込んで同点。
そして、佐藤のFKをまたもやヘディングのワンタッチでゴールした本間の追加点で見事逆転。
本間のゴールは同じシチュエーションのシュートを直前に外していましたが、2回目で見事修正してみせるという青島代表もその修正力を褒めた2試合連続ゴール!
また、寸分違わず同じところに同じ軌道のボールを共有した佐藤のFKも素晴らしかったです!

その後は一進一退の攻防でしたが、少しずつ相手FWの対応にも慣れてきて、強く当たることが出来たDF陣とGKによって追加点は与えずHTに。

後半は布陣を変更し、メリットを捨てデメリットをカバーしたことで守備的な流れになりましたが、思惑通り前半以上に守備は安定していましたね。
そして時折見せるカウンターも十分相手の脅威になっていましたが、欲をいえばあと1点取って仕留めたかったところ。
ここは次の課題ですね。

敢えて相手のスタイルや布陣に合わせないメリット、と先ほど言いましたが、実は我々の布陣と噛み合わせが悪いんじゃないかという予想は試合前からしていました。
だから試合前に話をしたのですが、前半の選手たちはメリットの方を取りました(当然デメリットも理解している上で)。
結果的に逆転して、後半は布陣を変えてほぼ危なげなくゲームを進められたのを見ると、ゲームの流れも読めていたし上手くいったのではないでしょうか。

この日も交代して出場した選手は良くやってくれましたが、ベンチメンバーも相手の情報や流れを把握した上で交代してピッチに立たなければなりません。

ここについては、個々で足りないところがあるなと正直感じています。

俺だったらこうするな、っていう目線で観て、
いつ必要とされても、『俺、いけます!!』って自信満々の顔で準備していて欲しいですね。

交代するってことは少なからず変化を求められているということ。
試合を観て自分が『こうだ!!』思ったことを思い切ってピッチで表現しないとね。


a0109314_13401844.jpg
a0109314_13410536.jpg
a0109314_13414090.jpg

いつもですが、この日もたくさんの応援ありがとうございました!
声援だけでなく、選手を鼓舞する声まで頂き力となりました!!

a0109314_13421751.jpg
a0109314_13423721.jpg
a0109314_13432323.jpg

次も頑張ろ!!!


by gsfc15 | 2018-03-09 14:09 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://yokohamags.exblog.jp/tb/238379822
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 3月18日(日)練習試合 境木中学校      3月4日 U-13 TRM FC緑 >>