横浜GSFC U-15

yokohamags.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 04月 11日

第53回横浜市長旗杯クラブ予選

2018.4.8(日) 天候 晴れ 会場 常盤公園

横浜GSFC 2(1-1) エストレーラFC
※規定により延長戦を行わずPK戦

PK戦
横浜GSFC 3-4 エストレーラFC


『PKを外すことが出来るのは、PKを蹴る勇気を持った者だけだ。』
これは1990年代に活躍したイタリアのロベルト・バッジォの言葉。
バッジォ自身1994年アメリカW杯の決勝でPKを外しており、この言葉はその数年後にPKを外した仲間にかけた言葉だそう。

この日、自らキッカーを志願したのはたった2名。。

手を挙げなかった人は他人にその結末と責任を委ねたっていうこと。
外してしまった人を非難出来ないし、むしろ手を挙げれなかった自分の弱さを悔いて欲しい。

これまで普通にやって上手くいっていたことが、普通にやったんじゃ上手くいかないことが多くなってきた。
そしてそれに未だ自分たちが合わせきれていない。

でも、少しずつ動きはあるし気付きもある。
あとはやるか、やらないか!

誰が?

PKのように、『誰かが』にならないよう、今ここで変わろう。
今度は『俺が』決める!って。

ピンチはチャンス。


さぁ、、、
a0109314_14090959.jpg
やるぞーーー!!!


by gsfc15 | 2018-04-11 13:37 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://yokohamags.exblog.jp/tb/238454597
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< U-13 練習試合      U-15『UEFA Young... >>