横浜GSFC U-15

yokohamags.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 03月 06日

3月2日(土)U-15リーグ 第3節 座間FC

2019/3/2/土/晴れ/U-15リーグ/10:15kickoff/@綾瀬スポーツ公園

GSFC2(1)-(0)3座間FC

22分泰輝A照之

9分失点CK
15分内山A泰輝
17分失点
35分失点FK

週明けから降り続いた雨もあがり、会場は人工芝、最高の状態で試合させていただきました。

前節の敗戦から得たモノを、たった1週間でどこまで表現出来るのか?

最高の環境で、とてもワクワクしながらkickoffを待ちました。


GKの負傷もあり、人数としては1人余りの状況ではありましたが、みんなリラックスしたムードでkickoffしました。


相手チームにはGKが二人ともトレセンらしく、1人はFWと二刀流となかなかのスペック。

そしてCBにはセントラルトレセンもいたそうで、失点のCKとFK?もその選手にやられた気がします。。。



そんな状況ではありましたが、人工芝をより自由にプレーして欲しかったので、細かい事は無しで『自由』に今の自分を表現してもらおうと、引き続き伝えている『ゴールに向かいながら考える』の『位置』の話だけして送り出しました。




kickoff直後に感じた各選手の身体と心のコンディションは極端で、全く試合に入れていない選手と、キレキレの選手が3:7くらいの割合でしたね。


ですが、その3割の殻を破った選手達が、ゴールを演出してくれました。

右サイドバックは公式戦のプレッシャーに押し潰されて、お得意のオーバーラップがなかなか出来ませんでしたが、しっかりと守備から入り、慣れてきた頃に見せたオーバーラップから、練習で苦戦していたクロスをあげ、その二次攻撃から22分に得点が生まれました。

左サイドの前では、緊張からなのかずっと迷子になっている選手がいましたが、後半15分のたった1プレーで自分を取り戻し、そこからはいつも以上のプレーを見せてくれました。

1点目が入り、失点して、、2点目が入り、、、

ここで気持ちが盛り上がりすぎてしまった事は間違いなくて、気持ちに余裕が生まれた事により良くなった選手もいれば、少し『判断』がなくなってきた選手もいて、でも、試合はずっと支配出来ていただけに追加点を全員が狙っていました。

2点目の得点直後の失点は、気持ちが入りすぎたなーっという失点でしたが、今までこんな経験は出来ていなかったので少し様子を見ていました。


得点後の失点で、どうなるかと思われた2失点後からこの日一番の盛り上がりを見せ、GKからDFライン含め全員が声を出してゴールに向かい走り続けていました。


『今日は勝つ』という気持ちがひしひしと伝わってきて、今までで一番観ていてワクワクするサッカーをしてくれましたが、最後の1点はGSではありませんでした。



観ていて、本当にワクワクする時間が多くて、前の選手も、後ろの選手も、中盤の選手も、みんな『個性』が光っていて、やっぱり素晴らしい選手達だなぁと改めて感じると同時に、この代が『勝つ』には全員いないとダメなんだなーと感じました。


そして、腕を手術して包帯ぐるぐるで観に来てくれた選手は、悔しそうに帰って行きました。



CKなどのセットプレーからの失点、競り合いで勝てない場面が、この日一番目立ったシーンだったので、少し『空中戦』のトレーニングもしていきたいと思います。

a0109314_12573558.jpg
a0109314_12580612.jpg
a0109314_13014328.jpg
a0109314_13022390.jpg
今日もお疲れ様でした。






by gsfc15 | 2019-03-06 13:04 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://yokohamags.exblog.jp/tb/239138145
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 3月10日(日)U-15リーグ...      2018年度 神奈川県U-13... >>