横浜GSFC U-15

yokohamags.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 03月 18日

3月17日(木)U-15リーグ第5節コラソン淵野辺

2019/3/17/日/晴れ/U-15リーグ第5節/9:30kickoff/@大神スポーツ広場E1/コラソン淵野辺

GSFC2(2)-(0)1コラソン淵野辺

4分隆介A泰輝
17分泰輝A隆介

10分失点(CBパスミスから)

降格が見え始めた折り返し地点。
勝たなければならない1戦を、ギリギリではありましたがよく耐えて帰って来てくれました。


この日は『怪我で出られない選手の為に戦おう』とそれだけ伝えました。


少し前に取り組んでいた『ゴールに向かいながら考える』という部分が形になりつつあり、この日も4分・17分と同じ形から2ゴールが生まれました。

しかし、『クロス・ミドルシュートを有効に使う』という部分では、まだ形が作れずにいる現状です。


相手は後半途中まで、下からボールを繋ぎ、ポジションチェンジを有効に使いながら突破していくという今まで試合してきた相手の中では珍しいスタイルでした。


右サイドからややピンチになりかける展開もありましたが、最後までは突破されず、上手く守れていました。

2点を奪ってからも良い形は中央突破のみで、サイドから中へ怖さのあるプレーが全く出来ず、ボールは保持しているがDFラインからすると少しじれったさを感じる時間が続きました。

前半のビックチャンスであと1点でも追加点が獲れていれば、もっと楽な展開になれましたが、前半そのまま終了。


ハーフタイムで『サッカーの2点差は一番危ない』と伝えて追加点を狙いに行かせました。


後半、無風に近かったグラウンドに急に強く風が吹き始め、ここまでヘディングで返せていたボールや、通っていたロングボールに少しずつズレが生じ、ミスに自らストレスを感じだす選手も見られました。

後半10分まではこちらのペースで進み、ビックチャンスも作り出すが、、、相変わらず入らない。。。

2点差で勝ってはいたが、獲れるべき所で獲れないと、ストレスが溜まるのはDFライン。

そして、余裕を持った中でプレーしたCBの自陣地でのパスミスからショートカウンターをくらい失点。

『自分が何とかしてやろう』という気持ちはとても大事です、が、CB・GKにおいては、危ない事(最終ラインで→股を抜く・ドリブルなど)をしないのが一番です。


サッカーは面白いもので、2-0から2-1になった瞬間に、なぜか勝っている方がとても劣勢に感じてしまいます。

失点後からの25分はさぞ長く感じた事でしょう。


勝っているのに苛立つ選手が増え始め、体力的にも厳しくなる時間帯となり、8:2で支配していたボールも失点後からは5:5ほどになり、なんとかなんとか守り切ってくれたおかげで勝利となりましたが、その顔に喜びの表情はありませんでしたね。


無得点負け→先制点を獲ったが逆転負け→先制点を獲ったが追いつかれそうになりながら勝ち切る。


試合の結果だけを見れば、負け続けた中でのただの1勝かもしれませんが、内容と試合展開も含めて、少しずつ出来なかった事を出来るようになっている選手達。


こういった様々な経験を経て、『あの時こうだったから今回はこうしなければいけない』とか、『あの時と同じ展開だからこうしよう』など、試合をしている中で選手間での会話が生まれ、自分達で乗り切れるチームになってくれると頼もしいですね。


今日はどうしても勝ちたかったので最後まで細かく指示し過ぎてしまい、選手達には申し訳なかったですね。。。
この代が欲している『自分で判断する』という面を指示で潰してしまった事で、喜びも少なかったよね、、、と反省しております。。。


そして、『クロス』の練習が多く、少し練習の強度が低くなっていたせいで、前回と今回の最後15分間で足が止まってしまった選手が多かった原因でもあると痛感しました。




試合後に、市長旗杯1回戦の対戦相手のスカウティングに行ってきました。
U-15リーグ1部の大豆戸対横浜FC戸塚の試合を観てきました。
大豆戸さんの逆転負けとなりましたが、良い分析が出来ました。
(全員足めちゃくちゃ速かったです、がんばりましょう。)

最後に1年生。

しゅんや:パントキックの精度が高く、声も良く出ていました、ミドルシュートの準備も改善されていました!パントキックまた注意されていたので気を付けてね?今後はCBの後ろの出たボールの処理も勇気を持ってチャレンジしてみてください。

しょう:何度もオーバーラップして声を出して呼び込んでクロスまで行けていました。クリアも正確で安心して観ていられました。試合中にも伝えましたが、DFとして力強い守備が出来ると、もっと相手の脅威になれるはずです。次回はオーバーラップからアシストorゴールお願いします。

のぞみ:今回はようやくのぞみらしいプレーが見られました、前向きで受けてからボールへ向かって仕掛けた回数は途中出場ながらサイドの中で一番多かったです。一人目を交わすことまでは出来ていたので、その後のプレーに次節は期待しています。

はるき:ふとももを痛めていたのですが、相変わらずの推進力と運動量で攻守にわたり貢献してくれていました。守備面では、上の学年になると迫力あるアプローチもサラッと交わされてしまう場面が良く観られるので、そこは伝えました。クロスも良いボールが上がっているので、得点に絡みそうです。


また木曜日にU-15リーグが控えておりますので、良い準備をして臨みましょう。

お疲れ様でした。

a0109314_12035748.jpg


優、良い顔。




by gsfc15 | 2019-03-18 12:23 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://yokohamags.exblog.jp/tb/239155932
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< U-13 練習試合      3月10日(日)U-15リーグ... >>