横浜GSFC U-15

yokohamags.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 05月 01日

GW遠征3日目

GSFC U-14 0(0)-(1)5 FC VIENTAS U-15

16分失点

1分失点
7分CK
10分失点
28分失点

前日にU-15が0-7で負けた相手とU-14が試合をしました。

U-15の選手も3人いましたが、その選手達も含めて、とても素晴らしいパフォーマンスをしてくれました。

雨の中で試合は、互いに長短所が明るみになり、相手はロングボールの裏、ロングボールからクロスがメインのサッカーなので、ロングボールが全て滑りGKのポジショニングが良ければ全て攻撃は封じられました。

GSFCは雨の中での人工芝に慣れていなかったのか、それても単に技術が足りないのか、ファーストタッチが大きくなる選手が多く、せっかく奪えてもフリーの選手がファーストタッチをミスしてしまい失ってしまうシーンが多かったです。

しかし、その前の、『フリーになっている』という部分を攻撃面ではこの遠征でたくさん伝えてきましたので、U-15相手に何度もチャンスになりそうなシーンを作ってくれました。


守備の面では、『攻撃的に守備をする』という部分にフォーカスしていきました。

相手はU-15で、全員で引いて守備して守って、奪って前に出て行く事は身体能力的に出来ません。

それも必要な戦い方の一つではありますが、今回は、『攻められている時に攻撃の事を考える』そして、どんな強い相手でも『攻撃するための守備』の仕方を考えさせました。

5失点はしましたが、とても良い試合でしたね。

GSFC U-14 0(0)-(9)13 FC おおた U-15
53秒失点
2分失点
3分失点
4分失点
9分失点
14分失点
15分失点
22分失点
24分失点
28分失点

19分失点
20分失点
21分失点
29分失点

2試合連続で試合になり、疲労困憊により少し気持ち的に余裕がありませんでした。

相手も鈴木武蔵選手を輩出した強豪チームで(良いチームが多かったです)、結果をみれば一目瞭然ですが、バカバカ決められました。。。

でま、大事なのは『なぜ決められてしまうのか?』を理解しなくてはなりません。

この相手はサッカーを勉強するにあたり、とてもありがたいチームでした。

試合が始まると最初に私が伝えるのは『相手のフォーメーションは何?』ということ。

今回の遠征は、ずっと4-3-3(4-1-2-3)で戦いましたが、それに対して相手のフォーメーションを頭の中で当てはめる作業を最初にしてもらいました。

それが出来るようになれば、攻撃面ではどこに立てば『フリーで前向きに持てるか』『誰がいつもフリーになるのか』が分かります。

守備面では、『どこの選手がなぜフリーなのか』が分かります。

その後の1vs1や身体能力の差は特に気にしていません。

前半、何も言わずに20分観ていました。
失点し過ぎてサッカー辞めたくなってる顔してましたので、『相手のフォーメーションは?』選手たちが『3-4-3』と答え、『じゃあどこが空いてる?』と聞いて考えさせました。

3-4-3ほど上の相手になると厄介な攻撃は無いですね。

ハーフタイムショーに地獄みたいな顔して帰ってきて、『もうやりたくない』とこぼす選手もいましたが、それには怒りました。

勉強であり、成長する為に来てるので、何失点しようと気にすることは無いと伝えてあった中で、考える事をやめようとしていたので、伝染してしまうこともあり、強めに。

話をして行く中で、いつもの『全員守備』に回ってしまっている事を伝えました。

簡単にいうと『頑張り過ぎ』

これはU-14の選手に多く観られます。

ハードワークという意味ではとても素晴らしいのは間違いありませんが、何も考えずにハードワークしていたって、得るものは少ないです。

U-14に足りないのは『サッカー的に考えて動く事』

前の選手がハードワークして、最終ラインまで下がって守備をして、奪ったら正しいポジションまで攻撃に出て行く。事が出来れば何の問題もありませんが、相手がFW1枚に対して4枚余っているのに、奪った後ボールが繋がるわけがありません。

永遠に守備です。

『守り切る』0-0PKの戦いや、守りたい時は全然良いと思います。

ただ攻撃をしたいなら、正しいポジションで『待つ』という選択が必ず必要です。

後半は、疲れがで始めた20分付近で失点してから4失点したものの、ボールを奪った後のプレーが、相手ボールからマイボールになる率が上がりました。

しかし、そのファーストタッチが大き過ぎて、チャンスになりそうな場面で失ってしまう事が相変わらず多かったです。

でも、理解していた選手はとても良い判断をしていて、寒すぎてみんな凍っていましたが、記憶が体に残っていれば、良い勉強になったのではないでしょうか。

これからがとても楽しみです。

あくまで、『考え方の一つ』であり、勝つための『正解』ではないので、引き出しに少しでもしまっておいてもらえたら嬉しいですね。


GSFC U-15 2(0)-(0)0 S.S CANTERA

2分泰輝A内山
24分泰輝

前日1-2で負けた相手とリベンジマッチでした。

この試合だけはクラブユースを見据えてメンバーを組みました。

風、雨、と凄かったですが、とても冷静でした。

前半はDFラインとGKの声かけにより、ロングボールを封鎖、浮玉はヘディングで跳ね返し、ゴロはインターセプト、ノーリスクで前半は終えました。

OFは再三得点チャンスを演出しますが、GKの怪物的なプレーで完封されました。。。

あのGKは今後が楽しみですね。

後半は、立ち上がりに後半から入った選手のアシストからゴールが生まれました。

GKが変わり、試合にはいれていない時間帯をうまくつきましたね。

中盤の選手達に疲労が見え始めるのは早く、15分くらいから相手にボールを回されだしましたが、DFとGKが安定していたので、苦しかったとは思いますが、観ていてやられる気配はありませんでした。

0で抑えて、2点を奪えて、とても良い締めくくりとなりました。

2日のクラブユースが楽しみですね。

3日間お疲れ様でした。
GW遠征3日目_a0109314_08072407.jpeg
朝が弱い琉
GW遠征3日目_a0109314_08080078.jpeg
疲労困憊面
GW遠征3日目_a0109314_08082071.jpeg
GW遠征3日目_a0109314_08083254.jpeg
GW遠征3日目_a0109314_08092002.jpeg
GW遠征3日目_a0109314_08094660.jpeg
凍えるU-15
GW遠征3日目_a0109314_08100347.jpeg
U-14にいじられまくるオセロマン
GW遠征3日目_a0109314_08102036.jpeg
エーデルホテルさん、とても良い環境をありがとうございました。
GW遠征3日目_a0109314_08110379.jpeg
帰り道、どこ寄ってもみんな大量にご飯を買っていました。。。

晩御飯絶対食べれてないだろうな。。。


これにて、遠征終了となります。

ご理解ご協力いただき、誠にありがとうございました。


by gsfc15 | 2019-05-01 07:02 | Trackback | Comments(0)


<< クラブユース2回戦vsYTC FC      GW遠征2日目 >>