横浜GSFC U-15

yokohamags.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 05月 01日

U-13,14練習試合

2019.4.27(土) 天候 晴 会場 常盤公園
対戦相手: Vidaいさま U-14(25分×4本)

①1-1 得点:田中-A松本謙(U-13)
②0-1
③0-0
④1-0 得点:岩村


遠征メンバー以外は練習試合、そして翌日は紅白戦を行いました。

U-13はあのエンジョイSC戦から約1ヶ月。
選手たちとも1ヶ月後のこの試合に向けてトレーニングしてきたので、どのくらいやってきたことが表現できるかがポイントでした。

U-14は普段からプレーを観ていますが、実戦での動きを観察しながらアドバイスできることを探しました。


まず、U-14から試合をしてもらいました。
ハーフタイムに選手たちにもいいましたが、ある程度こんな感じの試合になるのではと予想していました。

がんばっているし、声も出てモチベーションもありますが、何かハマっていない。
ひとりひとり確実に技術的にも身体的にも間違いなく成長している、でもそれが表現出来ていない。


表現できない理由のひとつは、戦術理解だと思います。


まず、自分のポジションで何をすべきで、何をしてはいけないのか。
そして、それが状況によって変わってくるがそれに対応出来ているのか。
そもそも状況を把握する習慣がついているのか。

その理解がまず足りていない。


そしてもうひとつ、これが一番大事なこと。

『自分が何がしたいのか=自分の武器は何か』

RPGゲームでも主人公たちはみんな武器を持っています。
剣なのか、槍なのか、斧、弓、ハンマー...。

それぞれに戦い方があって、得意なものがあると思います。

U-14の選手たちにもはたから見て得意な武器が間違いなくあるのですが、得意なことを出そうとするより苦手なことをしてしまう回数が多いと感じました。
ミスが増えるのは当たり前です。


ある右利きの選手が自陣でのポゼッションで不安定な左足のインサイドパスで2回ミスをしてボールを失いました。
そして、翌日の紅白戦でも同じことを行いました。

『左足のパスは今練習しているの?チャレンジしているの?』と聞くと、
『いや、していません』との答えでした。

DFの彼は自陣では安全に、ボールを失わずに前に進めることを考えなければいけません。
でも彼は苦手であろう左足の不安定なパスでボールを何度も失ってしまいました。

練習中だったら指摘しては悪いな、と思って確認をしたのですが、左足が使えるようになりたいと考えた上でしているパスなのか、何も考えてないのかでは差があります。
そしてそれは自分のポジションでの役割理解、状況の把握によって行動を選択できていないということも見て取れます。


サッカーは複雑です。

でも目的は単純です。

『ゴールを奪うか、ゴールを守る』か。

選手としてみんなに考えてほしいのは、『ゴールを奪う/ゴールを守る』ために自分のどんな『武器』を使って戦うのか、ということです。
そして、その『武器』が出来る第一歩は、『自分が何がしたいか』だと思っています。

攻めたいならゴールを奪うための何かを、自分で自分と相談して作る。
守りたいならゴールを守るための何かを、自分で自分と相談して作る。
賢者や魔法剣士といわれるキャラのように、攻めも守りもというならそれも良し。

何をしたいかという感性は自分の中にしかないし、外側の誰かに脅かされるものではない選手の特権だと思っています。
いわゆる自由さ、です。

プレーを観ていても自分が『何者』なのか自分自身で分かっていそうなのは松野とたいきだけで、やっぱり2日間この2人のプレーは良かったです。
だからこの2人とは特に話はしませんでした。


何度も言いますが他の選手たちにも間違いなく力があります。
でも『何がしたいの?』と聞いても答えられない選手がほとんどでした。

少し自信を失っている部分もあると思いますが、そこはサポートします。
もう一度初心に帰って自分がこれをしたい、こうなりたいというプレーを自由にやってみてはどうでしょうか。


そしてU-13はというと、この1ヶ月は基本技術・体力の向上とサッカーのほんの基礎的な戦術の理解のためのミーティングを行ってきました。
日ごろから技術・体力的な部分の向上も見られ、個人・チーム戦術の理解も進んでいましたので、相手がひとつ上の学年でしたがどんな試合が出来るのか少し楽しみでした。

こちらもある意味予想通りの試合内容でした。

久々で上の学年という緊張もあっていつも通りとまではいきませんでしたが、十分にそれぞれの良さを発揮してくれて、相手のコーチからも楽しみですねと言ってもらえました。
GW中にあと2試合控えていますので、今度は同学年相手にどのような試合が出来るのか楽しみです。

U-13は今やっていることをしっかりと継続することが大事です。
当然課題もありますし、なにより約
ひと月前に目標を与えられましたので、そこを忘れずに見据えていきましょう。

保護者の皆様、応援ありがとうございました。

U-13,14練習試合_a0109314_19514017.jpg
U-13,14練習試合_a0109314_19520228.jpg


by gsfc15 | 2019-05-01 19:52 | 27期生 | Trackback | Comments(0)


<< U-14 練習試合      クラブユース2回戦vsYTC FC >>