横浜GSFC U-15

yokohamags.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 05月 02日

クラブユース3回戦FC HORTENCIA

2019/5/2/木/10:30kickoff/@綾瀬スポーツ公園

GSFC 0(0)-(2)3 FC HORTENCIA
9分失点
26分失点オフサイド

7分失点CK
19分失点CK
27分失点

前日、ずっと考えていた事はただ一つで、『どうやって緊張を緩和させるか』でした。

目標としてきたベスト16まであと一つ。

みんなの頭の中に、『負けたらどうしよう』という緊張は無かったと思います。

むしろ、『あと一勝でベスト16』というワクワクでありドキドキが緊張を生んでいましたね。

アップは、いつも通り。

ユニホームに着替えて。

集合して。

前の試合で負けたチームが試合終了と同時に倒れこむ姿を見て、『あ、この試合ってそういうモノなんだ』と感じて胸が騒ぎ出し、大応援を目の当たりにして、緊張はピークに達しました。

リラックスさせようとどんな言葉をかけても、笑顔は見せるが、目の奥が笑っていない。

そんなような状態で試合がスタート。

明らかに。

左サイド2名とボランチとFWが極度の緊張により、腰が高い。

特に2年生SBはこの日誰よりも緊張していましたね。

見たことがないくらい自分を見失っていました。

前半

直接FK 
GS 0
HORTENCIA 4

シュート数
GS 3
HORTENCIA 10

CK
GS 3
HORTENCIA 2

ファーストシュートで失点。
2点目はオフサイドだったようなので、気にする事はないですが、前半で0-2。

後半

直接FK
GS 2
HORTENCIA 0

シュート数
GS 3
HORTENCIA 8

CK
GS 5
HORTENCIA 2

CK2本とも失点し、最後のシュートも決められて0-5。


リアルタイムで観てる自分の目では、チャンスはあったかなと感じていましたが、ビデオで改めて確認してみると、何も出来ていなかった70分間でした。

改めて全体を観ると、緊張していた選手のプレーがよく分かりました。

今までの人生で、一番緊張してた選手がほとんどだと思います。
それを、今経験出来て本当に良かったと思います。

ただ、それだけでしたね。

そこの、メンタル的な部分で全てを持っていかれてしまって、この代のストロングである『観る→判断』が全然出来ていませんでした。

圧倒的な緊張がプレッシャーになり、相手が来ていないのに判断せずに蹴ってしまったり、相手が来ているのに観る事をせずにノリでやってしまう。

あまり起きたことが無いミスが多かったのはそのせいでしょう。



試合が終わってから、『課題』をずっと探していました。


どれだけ話を聞いても、試合を見返しても、『個』でしかなくて、この代にとってもっとも苦しい課題に突入する事になります。

今回起きた個人個人の課題は、日々の練習の中で、成功体験を得ることがとても難しいからです。


でも、目標を達成するにはあともう4ヶ月しかありません。

高円宮杯。


ここへ向けてやることはただ一つ、
今までチームプレーに徹して我慢していた、
『個人のわがまま(やりたいこと)をチームプレーにリンクさせる事』だと思います。


自分が一番好きなプレーを、今までみんなで合わせてきたチームプレーに加えてプラスに影響させるために、もっとわがままになる必要があります。

もっともっと個人が、チームのためにレベルアップする必要があります。

少し、チームが崩れたり、大きく影響が出てしまうかもしれません。

でも、最後にきっと同じ道を、同じ歩幅で歩いて行けると信じています。


そして必ず、目標であるベスト16まで、14人みんなで辿り着きましょう。

a0109314_23231692.jpeg
a0109314_23233030.jpeg
a0109314_23234309.jpeg
a0109314_23235136.jpeg
a0109314_23235905.jpeg
a0109314_23240749.jpeg
a0109314_23241938.jpeg
a0109314_23243153.jpeg
a0109314_23244297.jpeg

いつもたくさんの応援、本当にありがとうございます。

最後まで、宜しくお願い致します。


by gsfc15 | 2019-05-02 22:29 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://yokohamags.exblog.jp/tb/239246593
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< U-14 練習試合      U-14 練習試合 >>