横浜GSFC U-15

yokohamags.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 09月 02日

2019年9月1日(日)U-15リーグ後期2節 FCグラシア相模原S

2019/9/1/日/晴/13:30kickoff/@大磯運動公園

横浜GSFC5(2)-(0)0グラシア相模原S

20分陸
34分樋口A泰輝

12分泰輝A正輝
24分今井A夏颯
26分正輝A夏颯

高円宮杯の翌週に行われた、久しぶりのU-15リーグでした。

気持ちの整理が付いていない子や、悔しさのやり場をまだ見つけられていない子など。

今何をすべきなのか問う一週間だったと思います。

前日、当日まで試合に参加するか悩み、気付けばグラウンドに足が向かってしまうのは、サッカーの魔力というよりは、本当に良い仲間に出会えたのだと私は思います。

この一週間の間、休部する子もあり、テスト勉強や受験勉強により、練習に一度も来られなかった選手も多く、グラウンドに着くとお喋りが始まり、アップが始まってもお喋りは終わらず。

側から見るとどう映るか分かりませんが、この代の、昔のような圧倒的な緊張感が無くなり、リラックスして楽しそうにアップ出来ている今日が本当に嬉しいですね。


この日は2年生から4名、1年生から1名を招集し、全員35分以上は出場してもらいました。

個性を持っている選手であり、(クセの強い)U-15と組んでも個性が発揮できるであろう選手を招集し、高いレベルでどこまで通用するのかを観ていますが、この日出場してもらった選手は、全員自信を持って自分の個性が出せていました。

その中で、個人として『他の選手の個性を理解する』という事がどれだけ重要か伝えていきました。


全体でのミーティングでは、『サイドバックのオーバーラップ』と『FWに対しての関わり方』の話をして試合がスタート。


試合は、CBの爆走ゴールから流れが変わりましたね。

綾瀬で高校生との試合で見せたような、ハーフライフ付近でインターセプトからゴール前まで4人ほど抜いて、というより置き去りにして、ゴールまで決めて帰ってきました。。。

バケモノです。

どれだけ良い形を作っても、得点が入らないのがこの代の課題でしたので、このようなゴールはチームを勢い付けます。

そして2点目、FWのキレのあるターンからシュート→珍しく詰めていた2年生がスライディングで相手と接触しながら、気持ちの入った泥臭いゴールを決めてくれて流れを完全に引き寄せましたね。

彼には、『ゴールに関わるプレー』をずっと求めていて、この日ようなゴールを演出するタイプでは無いと思います。

それでも、彼のサッカーに対する気持ちが本当に伝わってきて、まだ『自分のやりたいプレー』でゴールを演出する事は出来ていませんが、きっともうすぐでしょう。

次のU-15リーグもお願いします。


後半は体力的にも半分ずつだろうと思っていた選手達を5名入れ替えました。


相手も疲れている中で、後半は彼ららしい内容で3ゴールを奪ってきました。

大砲CBがいないので、ボランチに変わった選手が試合を作り、本当に上手になったなぁとずっと関心して見ていました。

高円では守備しかしていなかったので、我慢が爆発したようなプレーの連続に終始魅了されていました。


ゴールシーンは3人とも気持ちが良かったでしょう、相手の縦パスをインターセプトし『ダイレクト』でFWへ繋ぎ、前半と同じようなターンから誰も取れないコースへミドルシュートが決まり3点目、トップ下のアイデアと信じて走るエルフィンズコンビの『ダイレクト』シュートで4ゴール目、最後はまたしてもトップ下から、次のプレーがしやすい位置への優しいパスを送ったトップ下からのボールを『ダイレクト』シュートが、またしても神コースへ飛んでいき5点目。


伝えたいのは、彼らのサッカーには『ダイレクトプレー』というものが必要であり、足りなかったという事で。

何人の選手にその練習の意図が伝わっていたか分かりませんが、3点目のゴール、インターセプトをダイレクトで縦パスしたシーンに、練習に来られなくても、日々の練習を彼がちゃんと考えて取り組んでくれていたことを感じ、とても嬉しかったです。

初招集の1年生はやはり、この代のサッカーにはハマるなと。
ポジショニングの理解も有り、優先順位も分かっていて、リズムを壊すことも無い。
『判断』のベースがしっかりしているので身体能力の差も全く感じさせませんでした。
彼のプレーを見ていると、久保建英選手のプレーがなぜトップレベルで通用するのか確信出来たように感じましたね。
後は体力的な部分と、フィジカル的な部分をどう隠していくのか?
どのように自分らしく『ゴールに関わる』のか?
まずはそこからU-15リーグでは取り組んでもらえればと。

次回もお願いします!
楽しみにしています!



何はともあれ、来年に繋げるため1位でバトンを渡さなければなりません。
でも、全員の成長が第一です。

あと7戦の間に、また違ったゴールの形と、新しい個性の開花を図ります。


本日も応援ありがとうございました!!

a0109314_08394065.jpeg
a0109314_19475142.jpg
a0109314_19480690.jpg
a0109314_19483469.jpg
a0109314_19484814.jpg
a0109314_19485986.jpg
a0109314_19503415.jpg



by gsfc15 | 2019-09-02 10:16 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://yokohamags.exblog.jp/tb/239535511
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< U-13練習試合      2019年度 U-13リーグ 第5節 >>