横浜GSFC U-15

yokohamags.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2020年 07月 25日

7月24日(金)U-13TRM FC湘南JY

2020/7/24/金祝/くもり/18:00kickoff/25×4本/@かもめパーク/FC湘南JY

1本目
0-1

2本目
0-6

3本目
0-8

4本目
0-8


とても良い経験が出来ました。

一つカテゴリーが上の常連チームと練習試合をさせて頂きましたが、身体能力やコーディネーションの違いに圧倒的にやられてしまいました。

3バックで前プレスをあれだけ自信を持って仕掛ける事が出来る選手個人個人の能力の高さを感じましたね。

こちらは、点差だけ見ると何も出来なかったように感じますが、個人で見るとたくさんあるので、今日は個別で書いて行こうかと思います。

2番
フィジカルの強さはほとんど負けていませんでした。
横の動きに少し弱いので、コーディネーショントレーニングを続けて対応出来るようにしていきましょう。
ボールの持ち方、判断スピードには改善余地がありますが、選択とパススピードはとても良かったです。
どんどん顔が上がってきているし、恐れずにパスも受けれるので、これからもたくさんミスをして成長して欲しいです。

4番
ポジショニングがとても良くなっています。
強力な相手だったのですが、受け方とフィジカル面では心配なく、相手を背負って受けた後の判断スピードが速くなればもっと脅威になります。

6番
フィジカル的にやられてしまうシーンが多く、とても消極的な感情になってしまいましたが何も気にしなくて大丈夫です。最後に『もう一度出たい!』と伝えてくれましたので、1.2年後には借りを返してくれるでしょう。
ファーストタッチは課題です。

8番
余裕がある時に周りを見るシーンが増えてきました。
疲れている状況、余裕のない状況ではノリでプレーしてしまいミスしてしまう事がまだあって、常に堂々とプレー出来るようになれば、チャンスメイクと得点シーンが増えていきます。

10番
あまりボールが来なくてボーッとしてしまうような試合展開でしたが、ひたすらポジショニングを確認して出来る事を探す努力が見えました。
最近少し周りに合わせるプレーが多くて、ダイナミックな突破が少なくなっているので、次回はそこも見られたら得点チャンスも増えていくと思います。
タメが作れる選手なので、自分で強引にゴールに向かうシーンにも期待してます。

12番
自分の陣地で1vs1を仕掛けてしまうプレーが多く、一人目はなんとかなる事もありますが、2人目、2回目で失ってしまう場面が多く、もったいない失い方が多かったです。
相手陣地で前を向いた時のプレーは光っているので、そこにいくまでのプレー改善が必要です。

14番
レベルの高い相手でも、余裕を持ってプレー出来た選手の一人です。
攻守に渡り判断ミスが少なく、対人も強く、存分に力を発揮してくれていました。
『DF時、相手の枚数が多くマークが足りない時にどうしたら良いか』という質問がありましたが、危ない方から捕まえて行くことと、未然にその状況を防ぐ『声掛け』が必要です。
誰よりも負けず嫌いな性格なので、必ず後に成果を生むでしょう。
ラインの統率など、声が出せるようになる事が課題です。

16番
トレシューでやると言った時から不安しかありませんでしたが、それでもあそこまで戦えて判断も間違えず、靴も脱げて。。。
スパイクでプレーする彼が楽しみになりました。
強い相手と戦いたいという意思も強く持っているので、大きく化ける可能性もあり、日々楽しみです。

18番
平日はなかなか来られない彼ですが、試合や参加出来る日となれば必ず100%以上の力でぶつかってくれます。
スピード感は相変わらず相手と比べても劣っていませんでしたので、周りを上手く使って、周りに上手く使ってもらえるように、みんなに自分を知ってもらえるようになれば存在感が増していきます。

20番
試合の入りは彼のストロングである『判断』の部分が出ず、スリッピーなグラウンドでのボールタッチも慣れるまでに時間がかかりましたが、最後の一本なんて圧巻でしたね。
正直まだ彼には相手ほどの身体能力がないので守備面も含めて苦労している部分は多くあります。
ですが、1年後、2年後、その先も含めて、彼の身体が出来上がった時が楽しみで仕方ない選手です。
何も心配ないので、日々の努力を続けていきましょう。

22番
DFとしてのカバーリング能力の高さ、球際の強さ、危機管理能力、統率力、判断力、何をとっても高いレベルで、この相手にどこまで通用するかをとても楽しみにしていました。
予想以上に、身体能力以外は何も負けていませんでした。
DFはスピードよりも危機察知能力、縦の速さより横の速さが必要です。
コーディネーショントレーニングの成果が出る事を信じて積み重ねて行きましょう。

24番
本人にも伝えましたが、DFだった過去があるからか、守備となると下がり過ぎてしまう事が多かったです。
前をやりたいという事なので、少しずつポジショニングの勉強をして、攻撃する為に守備をする感覚を身につけていきたい。
身体の強さとゴール前のノリが良く、視野の広さは相変わらずあるので、まだまだ360°の世界に苦しむとは思いますが、焦らず着実に折れずに一歩ずつ行きましょう。

26番
前回の試合で個人スキルで圧倒した彼ですが、やはり一つ高いレベルになると、ボールが来る前だけのイメージでは通用していないシーンが多く見られました。
技術は高いし、考える力もあるので、観ることを増やして、ボールの移動中、パスを受けてから判断を変える力をつけて行く事が今後の課題です。

28番
今日はあまり出番なく終わってしまいました。
前向きでパスを受けた時の判断と推進力は良いものを持っていますが、後ろ向きでのプレーとキックの部分にまだ課題があります。
日々の練習でもウォーミングアップから誰よりも丁寧に取り組んでいる選手なので、伸び代を強く感じています。
身体能力が今後1番伸びてくるのではないかと感じているので、技術面と判断力をつけていきたい。

30番
気づいている人は少ないかもしれませんが、1番余裕を持ってプレーしていたのは彼です。
良い意味で変な緊張感が無く、どの相手でもいつも通り自分のストロングである『相手にとって嫌な事を考える』事が出来ていました。
その中でも最初に私が個人的に伝えた事も試合に出る前にもう一度確認してきて、ちゃんと意識してプレー出来ていましたし、集中している時の彼は恐ろしい恐さを持っています。
同じスイッチが日々の練習から入ると全然違うのですが、、、それは今後に期待しています。

32番
今週風邪を引いていたこともあり、動けるか心配してましたが、唯一身体能力でも引けをとっておらず、とても頼もしかったですね。
元CBなので、危機管理能力が高すぎてDFラインまで下がって守備してしまうシーンが多く見られました。
助かっている部分はとてもありますが、なんとかその一つ前で守備が出来ると、奪った後の攻撃の起点にもなれる選手なので、上手く我慢したいところ。。。
一つレベルが上がった中で、ボールタッチが少し大きくなるだけで奪られてしまう経験が出来て良かったです。
どんどんレベルの高い所でチャレンジさせてあげたい選手です。

34番
彼のストロングポイントは挙げればたくさんあります。逆にウィークポイントも挙げればたくさんあります。
そんな選手なので、観ていてとてもワクワクします。
初速が速く、切り返し、ターンしてからの一歩から最高速度に達するまでの時間がとても速く、このレベルでもそこは通用していて正直驚きました。。。
戦術理解度を高めて、ウィークポイントよりストロングポイントを伸ばして行きたい選手です。

36番
1vs1が強過ぎてビックリしました。
インターセプトは、スタートポジションと予測能力が高くないと出来ません。
その感覚が彼は非常に高い。
加えて対人も強いので、同サイドでは相手に仕事をさせませんでした。
逆サイドにボールがある時の立ち位置がまだ曖昧なので、そこは今後の課題。
前回と違って、ボールを奪ってからの判断が素晴らしく変わりました。
前回の課題はズレや視野からの判断で、今回の課題はパズスピードなので、筋力がついてくれば心配ないので続けていきましょう!



全体を通して、良い位置で待つ事は出来るようになっているので、『ボールを奪った次のプレー』が今後の課題です。

身体能力はそんなにすぐ埋まらないので、1年後、2年後にまた練習試合が出来たら良いなと思ってます!

4本目は疲れている選手が多いと思ったので、挙手で出場選手を決めましたが、強い相手でも、何点取られていても、『試合に出たい』『戦いたい』と言える選手が多くて安心しました。


本当にお疲れ様でした。
FC湘南さん、また是非宜しくお願い致します。

7月24日(金)U-13TRM FC湘南JY_a0109314_11141339.jpeg



by gsfc15 | 2020-07-25 08:05 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://yokohamags.exblog.jp/tb/240489471
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< U-15 練習試合 (7月23...      U-14練習試合 >>