横浜GSFC U-15

yokohamags.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2020年 11月 30日

11月29日(日)U‐13リーグ第2節FACSINATE

2020/11/29/日/U-13リーグ/14:00kickoff/FACSINATE/@上府中公園

横浜GSFC 0(0)-(4)6 FACSINATE

5分失点(ドリブル)
9分失点(ゴールキックから)
24分失点
30分失点

8分失点
29分失点

1名欠席、1名怪我により、16人での第2節となりました。

前日起きた現象をおさらいし、相手を観て判断する事とゴールキック・パントキックの確認をして送り出しました。


体格差のある選手が3名ほどいて、その中でも一つ抜けてる選手に前半は相当やられました。

スピードで置いて行かれるというシーンはちょくちょくありましたが、完全に抜かれるというシーンを見た事はなかったので、スピードだけでなく技術も高かった事をすぐに感じました。

そのドリブルから1失点し、スピードに乗った崩しに何度もやられかけましたが、選手達はとても冷静でした。

ギリギリの所でなんとか奪ったボールでも、慌てずしっかり判断し、相手の3バックをFWが引き付け、3バックのワイドでフリーになり待っている選手や、中盤で立ち位置を気にしていたトップ下達にちゃんとボールが繋がり、耐えながらも観て判断している選手達は本当に素晴らしかった。

一人一人の準備がとても良くて、出足は今までで一番早かったと感じます。

前半はゴール前まで行く回数は少なかったですが、彼らの狙った形で進み、シュートまで行くにはあと少しのアイデアとフィジカルが足りませんでしたが、失点以上に手応えを感じていました。

失点に関して、
2失点目は試合前に話したゴールキックからの失点で、この失点で、伝えた意味をなんとなく→理解に変わってくれたと感じます。
4失点目はハーフラインの少し先で、ジュンペイの良い判断でギリギリ獲りきれなかった事が原因の一つではありますが、あそこでボールが奪えていたら失点ではなく得点の可能性が高いプレーでしたので褒めてあげたい(その後もよく戻っていました)。
あのゴールは狙ったかどうかわかりませんがトラップがスーパーでしたね。


そして後半。

守備に関しては、怖がらずに戦い続けていたので段々と慣れてきて、後半は、前半苦しめられていた選手達にも球際で負ける事が無くなり、疲れているはずなのにどんどん動きが良くなり、ピンチよりチャンスの方が多くなっていました。

8分の失点は、受け身にならず、自信を持って『いける』と思ったインターセプトが獲れなかっただけなので、何も気にすることはなく。

最後の失点は、ガチャガチャしてこぼれた先でスピードの速い選手に持って行かれましたが、コミュニケーションがとれれば防げる失点で、前半に比べて相当良くなったな事を感じました。

出た選手全員が自分の課題に対してチャレンジしてくれていて、ミスが前提のスポーツだから上手くいかない事が多いですが、今日は全員自分の力を出し切れていました。

終盤、ワンタッチ5本で中盤からサイドへの展開は鉄板の形になりつつあり圧巻。

今日は間違いなく彼らのベストゲームでした。


フィジカルが上がり、身体が強く速く、キックも蹴れるようになってくるのは2年生の夏頃からだと思います。

そこまでに土台をしっかり作って、3年生になって自信を持って暴れてくれる事を楽しみにしています。

ゴール前の形作りに取り組んでいますが、今年は突き詰めて取り組んでいきたいと思います。


今日は完敗でしたが、リベンジしましょう。


今週も公式戦が入っていますので、良い準備をお願いします。

本日も遠くまで大変お疲れ様でした!!
11月29日(日)U‐13リーグ第2節FACSINATE_a0109314_11125562.png


by gsfc15 | 2020-11-30 11:12 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://yokohamags.exblog.jp/tb/240713226
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 2020年 U-14リーグ 第4節      11月28日(土)U-13TR... >>