横浜GSFC U-15

yokohamags.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2020年 12月 02日

2020年 U-14リーグ 第4節

■U-14リーグ第4節

2020年11月21日(土
)天候 晴れ 会場 メリッソグランド 戦相手 FC OFFSIDE

横浜GSFC 3(3-0)0 FC OFFSIDE
得点:ココロ、ココロ、ココロ-Aルイ

大敗、大敗、接戦と続いて4節目にして初勝利となりました。

この日はアップも見てあげられていたのですが、アップ中から互いに試合の話をしてコミュニケーションを取っていたりと、しっかり試合に入れそうだなと感じました。

前半はこちらの左サイド、特に左WGのルイが何度も起点になって押し込めていました。
彼はントラルMFから左サイドにポジションを移すことがだんだんと増えてきていますが、練習でもここしばらく取り組んでいるサイドのポジショニングが良く、とにかくたくさんボールを受けて起点となってくれていました。
そして、特筆すべきは彼のフィニッシュプレー(クロス、シュート)の回数が多いこと。
粗さはありますが常にゴールに関わるプレーを考えている、という点で相手にとっては非常にイヤなプレイヤーだと思います。

3TOPのぶん、WGに強みを持たせる必要がある中で、この頃はポジショニングの改善に日々時間を費やしていますが、全体的に良くなっていると感じています。
まず、ボールを良い状態で受けれる回数が増えて来ました。
セントラルMFの3人も展開力がついてきたので、WGのポジショニング改善はさらに互いを活かしていけるだろうと想像します。

この日の得点はまたしてもココロ、ココロ、ココロ...。
インサイドハーフで前半だけでハットトリックは簡単じゃないですね。

パスの出し手としても活躍できる彼ですが、精力的にゴール前に現れてシュートチャンスを窺うように成長しましたね。
もともとシュートが上手くゴール感覚に優れていると思っていたので、期待してずっとゴールのことは話をしてきていました。



カテゴリー問わず、良く子どもたちにする話があります。

サッカーで一番偉いのは誰か?



点を獲れる人です。

メッシとクリスティアーノ・ロナウドが世界で一番稼いでいるのもゴールを決められるから。

実はこれは身近なある元Jリーガーが話していたことなのですが、良く借りて使わせて頂いております...。

彼が話すのを実際に聞いていた時、勝負の世界、自分の足で生きてきたJリーガーの言葉だからこその重みも感じました。


もちろん、チームスポーツだから色々な役割の人がいて、色々な個性があって良いのです。

ただ、サッカーの目的は勝つこと。

ゴールを決める、ゴールを守る。

これが根本なのです。

相手を抜くことが目的では無いし、見えた人にパスを出すことはボールは奪われてないですが良いプレーでは無いのです。


近頃は中盤の得点力に助けられていますので、前線3TOPのゴールにつながるプレーの向上に期待しています...。


守備は変わらずやられることはあまりないのですが、相変わらずやられる時はあっさりやられています。
これは単純に基本的なことが出来ておらず(特にチャレンジ&カバー)いるべきところに人がいないことが多いなと感じています。

攻撃の練習を行う中で、守備のポジショニング練習にもなるようなメニューにしていますので、引き続きここで習得してもらえればと思います。

後は、両サイドバックが同時に上がってしまうことがあるので、これがカバーリングが出来ない理由でもありそうです。

DF陣は互いにコーチングも少ないですね。
そろそろ大人しいとか言ってる場合じゃありません...。

動画なども見て修正しましょう。

次は最終節ですが、練習試合も多いのでまた色々とチャレンジして成長して迎えたいですね。

おつかれさまでした...!


by gsfc15 | 2020-12-02 13:57 | 27期生 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://yokohamags.exblog.jp/tb/240716854
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< U-14練習試合      11月29日(日)U‐13リー... >>