横浜GSFC U-15

yokohamags.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2021年 04月 30日

4月29日(木祝)U-14リーグ初戦BANFF横浜ベイ

2021/4/29/木祝/小雨/11:00kickoff/@中三田スポーツ広場/U-14リーグ第1節/BANFF横浜

横浜GSFC0(0)-(6)10BANFF横浜

9分失点
28分失点
30分失点
31分失点
35分失点
36分失点

16分失点
23分失点
27分失点
33分失点

早くもU-14リーグが開幕し、どんなものかと楽しみな1戦目。

雨予報の中、少し全体的に気持ちの準備が悪かったように感じた集合時。

GK2名1年生から参加して頂き、2名が遅刻、2名が怪我でしたが、全員で挑むことが出来ました。

朝一で天候にも左右されたのでしょうか、それとも公式戦という緊張感からなのか、2名の選手がアップ時から元気が無く。

U-14リーグは2周出来る良さがありますので、前半は特にどんなものか様子を見ようと送り出しました。

試合開始、立ち上がりの流れはそこまで悪い印象はなく、ただ少し、気持ちの入り過ぎている選手と、気持ちのノッていない選手が見え、前者は守備の意識が高すぎてポジショニングがとても低くなってしまい、後者は70分間を戦うような余力のあるプレーでした。


結果的に、キックとスピードの差が顕著に出てしまう試合展開で、相手の右サイドに足の速い選手がいて、そこからどんどん崩されてしまいました。

トップ下2枚がFWと遠く、守備でどれだけ頑張っても繋ぎ役がいなければFWは孤立し奪われまた攻められ。

両ウイングの個人能力でも時間が作れず、DFラインがいくら奪っても前線で時間が作れずすぐに相手ボールになりDFで体力が削られ。

初の35分ゲームという事もあり、2失点目あたりから体力が持たずズルズルとやられて前半が終了しました。


相手のサイド攻撃はスピード感とキックの質が良く、中央突破でやられるシーンは後半最期だけで、サイドから2人3人交わされ、中の枚数が少ない所に上げられズコンと決められたり、クロスやコーナーキックの跳ね返りをズドンと決められるシーンがほとんどでしたね。

ハーフタイムに伝えた事は、今日の相手は『個人で時間を作れる場所が無い』ということと、だからこそ『攻撃の枚数を増やすしかない』ということ。


最初から元気の無かった両サイドバックを前半途中で交代しましたが、後半もう一度最初から出場してもらい、両者号泣してスッキリしたのか後半は両サイドの攻撃参加がみられ、左サイドバックから決定機も造り出しましたが点は奪えず。

後半の方がメンタル的にもプレー的にも気合いは入ってましたが、遅刻者2名はやはりどこか本調子が出せていないような表情のまま終わってしまいましたね。


フィジカルトレーナーの渋谷コーチもベンチに入ってくれましたが、『なんか遅く見える』という表現がとてもしっくり来る試合で、公式戦という緊張感からなのか、身体とキックのスピード感が感じられず、終始守備に回ってしまった試合でした。

終わってみるとU-13リーグの大豆戸FCB戦に近い感覚でした。

そんな中でも、14番・32番は抜群に良かったです。

やはり『公式戦に出る』という経験は大切なんだなって改めて感じた事と、1週目より2周目にどれだけ成長できたかが大切なので、GWの試合も含めてまた勝利に向かって一緒に成長していきます。

朝早くから大変お疲れ様でした!!

4月29日(木祝)U-14リーグ初戦BANFF横浜ベイ_a0109314_11462084.jpeg



by gsfc15 | 2021-04-30 11:44 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://yokohamags.exblog.jp/tb/240952061
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 高円宮杯JFA U-15サッカ...      U-13 練習試合(4月18日... >>