横浜GSFC U-15

yokohamags.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2021年 07月 15日

U-15練習試合

2021年7月18日(日)天候 晴れ 会場 関東学院大学グランド 対戦相手 関東学院六浦中・高(1年生)

①2‐0 得点:アユト、アユト‐Aガク
②1‐1 得点:アユト
③3‐0 得点:ケンシン‐Aココロ、ミタ‐Aケイタ、アユト‐Aケイタ


関東学院六浦中学校さんにお誘い頂きました。
きれいなグランドで試合をさせて頂きありがとうございます!

関東学院さんは中学生と高校1年生(9名)の混合チームとのことでした。

今後の目標である高円宮杯と3部リーグ戦に向けての準備期間となりますが、以前より話しているように少し個々に変化と成長に期待し、そこにチャレンジして欲しいところ。

少々気の緩んでいたインサイドハーフと少々気合の入りすぎていたインサイドハーフを1本目の途中で交代。
そしてアユトの大爆発。。

ゴールに向かってスペースを突いていくのは現状アユトしかいない。
と試合前に話をしていたところでしたがきっちりとゴール前に顔を出してらしさを見せてくれました。

もうひとり交代で入ったハルトも最近他の選手にはないらしさが出ていてとても良く、しなやかでウザい(誉め言葉です)。

交代になってしまった最初のふたりも以降はらしさが出ていましたが、本来彼らもウザい選手。

ひとりは研ぎ澄まされているとボールは獲られないしゴールも演出できるし。
もうひとりは力が入り過ぎていない自然体の時は手に負えない。

ピッチで自分らしさを、力を発揮するためにどのような状態であるべきか、どう気持ちを作っていくか。
経験から気づき始めたり、分かり始めたりしてきているとも思いますが

なーんも見えなくなる
っていう状態が良いわけがないので

そうならないように、思い詰めすぎない気持ちを入れすぎないてのもひとつ。
逆にきちっと集中して気持ち入ってないとダメなひともいるし。

ひとそれぞれ違うので、自分で自分を知ることですね。


相手センターフォワードが大きくて速い選手で少々手を焼いていましたが身体を投げ出して両センターバックはストップしていました。
サイドバックの攻撃参加も多くてよかったです。
得点にはならなかったけどジョウのグランダークロスも完璧でした。

ウイングプレイヤーは依然と比べてボールを受けることが出来るようになってきたのは成長です。
が、そこからどう得点につなげていくか、というところでアイデア・引き出しを増やしていって欲しいです。
ミドルシュート、クロス、ワンツー、ドリブル
色々ありますが、ダイナミックな思い切りの良いプレーがちょっと少ないかなと思うので、攻撃陣らしくゴールに向かってプレーしましょう。

GKはいつもひとりでおつかれさまです..でも本当にいてくれてありがたい。
この日もアシストをしてくれたけど、キックの安定感と最近飛距離も伸びてきて本当にチームの武器になっている。
パントキックでアシスト が1年生からの目標のひとつでもあったので達成できたね。

チーム全体的には少しマイボールの時間帯を増やしていきたいところ。
きれいに崩したがる傾向があった中で、クラブユースと前期リーグ戦はやりきることをひとつのテーマにやってきましたが
本来のスタイルも大事にしてこの間はチャレンジしましょう。

もうそれだけの力と自信はつけてこれたのではないかと思います。


それにしても暑くなってきたので
先日も話したように

食べ物と
睡眠と
クーラーの温度にはお気を付けください。

おつかれさまでした!
U-15練習試合_a0109314_19155170.jpg
U-15練習試合_a0109314_19170446.jpg
U-15練習試合_a0109314_19171520.jpg
U-15練習試合_a0109314_19172705.jpg
U-15練習試合_a0109314_19175225.jpg
U-15練習試合_a0109314_19180212.jpg
PHOTO BY YUSUKE


by gsfc15 | 2021-07-15 12:05 | 27期生 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://yokohamags.exblog.jp/tb/241090563
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 7月17日(土)U-14リーグ...      7月10日(土)U-14リーグ... >>