横浜GSFC U-15

yokohamags.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2022年 04月 11日

4月10日(日)クラブユース選手権1回戦vs海老名FC

2022/4/10/日/夏日/クラブユース一回戦/海老名FC/12:30kickoff/@かもめパーク

横浜GSFC0(0)-(1)2海老名FC

失点27分

失点22分


全国大会に繋がるクラブチームだけのトーナメント1回戦でした。

ルールとして交代枠7人、交代回数は後半3回まで。

19人いるU-15の選手達全員を出してあげる事が出来ない試合だったので、今必要な選手を送り出す采配パターンをずっと練った1週間でした。

前回のリーグ戦前に相手の試合を観る事が出来て、1週間4-4-2の相手を意識して練習に取り組む事も出来て、1トップ相手には、CB2枚のチャレンジ&カバーで対応出来ますが、2トップにおいて大事なのはサイドバックのカバー意識。

CB2人にもそうですが、それ以上にサイドバックのポジションについて意識付けをして、セットプレーの守備と攻撃にも取り組んできましたが、コーナーキックを獲得する事が出来ず、その成果はまた次回へ持ち越しとなりました。


良い緊張感になるか、ガチガチに固まってしまうか、どちらに転ぶかだけは当日にならないと分からない中で、いつも通りの明るいテンションでアップ出来ていたので、自信に満ち溢れている様子を選手達から感じられて安心していました。

試合前はカバーリングとセットプレーについて、スタメンの選考基準を伝えてキックオフ。



相手に足が速い選手が何人かいる事は知っていましたが、下がらず、前に前に出ていくDFラインの自信と、GKを含めた信頼関係が今までで一番感じられる素晴らしい立ち上がりでした。


攻撃はポジションの優位でフリーで受けられるハルマがどんどん声を出して呼び込み、サイドチェンジ、裏への配球とボールを中継し続け、守備でも果敢に潰し続け、4-3-3の真骨頂を見せてくれました。

リズムとしては、DFラインが奪ったボールをトップ下→ボランチ→サイド・裏と、一つ落として逆サイドへの流れから良い形が作れていました。

最初に良い形で何本も裏が取れてしまった事で、だんだんと裏へのランニングが多くなり、ハルマがボールを持ったらトップ下含め5人がDFラインに並んでしまう状況になってしまい、パスコースがなくなるシーンが何度か見られてきた矢先、ハルマがハーフライン付近でフリーで受けた後にサイドにも前にも出すコースが無く、後ろを向いた瞬間に後ろからつつかれ、そのままスピードのある選手に縦に行かれてしまい失点。

そこまでは相手のスピードを完全に殺していただけに悔しい失点になりました。

失点すると余計に1点が欲しくなり、裏へのアクションが多くなり、可能性は0ではないのですが、距離感が開いてしまい、前5人と後ろ5人の関係でのサッカーではサイドバックのオーバーラップが攻撃に絡むことが出来ず攻撃が単調になってしまった状態で前半終了。


トップ下2人とFWには全員前にいかないように、DFラインが全員裏を気にしているなら1人は下ってボールを引き出す事と、サイドには幅をしっかりとる事を伝え、悪くはなかったですがFWと、前半30分頃から(朝あった時から)顔色の悪かったサイドバックを頭が痛いと言ったのでハーフタイムで交代。


後半は、14分の右サイドバックの負傷まではどっちに転ぶか分からない0-1の状況でしたが、交代回数の関係もあり、ここから少し崩れてきました。

ヒュウラ、ユウスケ、この二人のカバーリング(守備)能力があっての試合展開だっただけに、攻撃的な選手が両サイドバックに並ぶのが少し早くなり、両サイドバックとも個性も出ていたし、攻撃面で変化を付けてくれましたが、22分に両サイドバック共CBのカバーが出来ず失点し0-2。

点を獲る為に『ゴールに向かえる選手』2枚(カイト・レオ)を変えて、変化を期待しましたが、最後までシュートが無く試合終了。



守備に関しては、今出来る彼らのベストだったと感じます。

スピード問題に関しては中学年代で終わるので気にする事はありません。



この試合の中で、守備についてシュウエイが何度も聞いて来たり、ケイスケが自信満々に個性を発揮してくれたり、ヒカリのビックセーブもさることながら、キックの安定感が抜群だった事、成長する一面も見られました。



やはり課題は攻撃面。


翔ちゃんがどうしても中で、相手に近いDFラインに入った所からスタートしてしまう事。
マサキがシュートを打てなかった事。
スバルが気持ち入り過ぎて視野が狭くなっていた事。
カイトとフウガがゴールに向かうプレーが出来なかった事。



良かったシーンもあったし、今までに無いようなシーンもたくさんあった。



でもこの課題に関してはずっと言い続けている事で、出来るのに出来なかった事。



みんな同じようにミスはあるんだけど、自分の長所を表現出来ない選手にゴールは奪えません。



通用しなかったのとは違う。



レオが「試合に入りきれなかった」と言っていて、ユウトが最近克服していたオフサイドに何度もかかってしまった事なども含めて、焦りがプレーに出てしまった選手がオフェンス面で多かったですね。





その中でもオフェンス面で誰よりも牽引してくれたのはハルマです。



1失点目に絡んでしまった相当な想いがあった中、自分に出来る事、自分にしか出来ない事をまっとうし、最後まで支えてくれました。



試合後に何名かの選手の名前を挙げて話をしましたが、出してあげられなかったU-15の3名。

ツバサの良い時は、ゴールを意識してプレーしている時だけど、最近はボールを持つと顔が下がってただドリブルしています。
それでも唯一、コーナーキックはゴールに向かうプレーだからとても良いボールが多く、得点に繋がる気配を感じていました。
最高学年になって、好きなドリブルがあまり相手に獲られなくなって来たからだと思うけど、それはサッカーにおいて意味のないプレーです。
ゴールに向かわないプレーには可能性を感じないし、ゴールを意識していないプレーは成長に繋がらない。
KAZU戦でゴールに関わっていた時ツバサは、ずっとゴールに向かっていました。
『点を獲る為に』なにをするのか?これだけ忘れないで、次の試合で爆発して下さい。


ヒュウガは、1週間前までとても良いプレーが出来ていたのに、焦りを感じて『自分が活躍しなきゃ』って想いがプレーに出始めてから、プレーに判断がなく、強引な勝負が多くなって、まだ個人では勝てなくて、自分を見失っていました。
珍しく集合に遅刻したのも、もっとみんなを頼れればそうならなかったはず。
ヒュウガは自分でドリブルからゴールを奪いたいと思っているけど、本人には伝えましたが、ヒュウガの一番良い所は周りを活かすパスセンスです。
ヒュウガが顔を下げてドリブルして突っ込むので成功したところを見た事が無い。けど、顔をあげて、パスも出せる状況で出すフリをしてドリブルで仕掛けている時は何度も失わずにプレー出来ている。
その中で1タッチパスやスペースへ落とすパス、これが今のヒュウガの良い所です。
そうやって周りに良いパスを出すから最後にゴール前で自分にボールが転がってくる。
周りを頼る事が自分の活躍に繋がります。忘れずに。



クウトには両サイドバック出来る選手になって欲しくてコロコロ変えて練習してもらい、前日に『右と左どっちがやりやすい?』と聞いたところ「左です」と答えたので左サイドバックとして頭に入れた中、『勝っていたらクウトで守備的に』『負けていたらジュンペイを入れて攻撃的に』と思っていたので、今回は出してあげる事が出来ませんでした。
「両方いけます」と言って欲しかった気持ちもありますが、サイドバックとして対人能力はスタメンの二人にも引けをとらないです。
守備においての優先順位と、自分のスペースを守る事、については、やはりまだクウトもジュンペイも意識が薄い所。
そして攻撃面で言えば、オーバーラップの回数が少なく、力を出し切っていない様子は最近感じています。
守備だけをやれば全然守れる選手ですが、最近は視野も広がって逆サイドまで見えているし、オーバーラップのタイミングとスピード感がめちゃくちゃ良いだけにちょっともったいないかなと。
疲れすぎて動けない感じではないので、練習から息が切れるくらいどんどん上がって攻撃参加して、攻撃面においてもポテンシャルを活かして魅せつけて下さい。




最後になりますが、やっと観戦が可能となり、たくさんの応援をありがとうございました。

もう4月で、あっという間に高校生になってしまう彼等ですが、ここからの1年間の成長速度は計り知れなくて、急激に大人のサッカーに変わっていく時期になります。

是非その変化も含めて、選手達の情熱に触れて頂きたいと思っております。

反抗期だとか、見に来てほしくないだとか、受験もあって色々ぶつかる事の多い1年間になるかと思いますが、応援してくれた記憶、支えてもらった記憶はいつまで経っても残っていますし、口ではいろいろ言いますが、全て力に変わっています。

結果だけに囚われず、この日の気持ちを忘れないで、成りたいものがあるなら叶うまで努力を続けましょう。


暑い中、本当にお疲れ様でした。

4月10日(日)クラブユース選手権1回戦vs海老名FC_a0109314_13475675.jpeg


by gsfc15 | 2022-04-11 13:47 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://yokohamags.exblog.jp/tb/241418915
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< U-13練習試合      新U-13練習試合 >>