横浜GSFC U-15

yokohamags.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2022年 10月 31日

10月29日(土)U-15リーグ最終節イトゥアーノFC


10月29日(土)
U-15リーグ最終節
vsイトゥアーノFC
10:30kickoff
@綾瀬スポーツ公園

横浜GSFC3(2)-(0)0イトゥアーノFC
20分カイト(ループ)Aマサキ
22分翔ちゃん(コントロール)Aヒュウガ

20分カイト(ループ)Aマサキ

U-15リーグ最終節を迎えました。
今週は自転車のパンク以外はアクシデントなく迎えられました(1名遅刻しましたが。。)。


最終節をU-15メンバーでちゃんと挑めたことはとても嬉しく思います。
また、3点以上+無失点での勝利、最後に良い形で締めくくれましたね。


最終節という事もあり、最後はあえて何も伝えず送り出しました。
積み上げて来たものが、どこまで習慣になっていて、最後に何を表現して帰ってくるのか。
そんな事を思いながら、『作戦なしっすか!?』と聞いて来る選手もいたり、色々と楽しみでした。


欲を少しだけ言えば、遅刻した選手のおかげさまでプラン通りのスタートとはならず、序盤は少し落ち着かない試合になってしまいました。


相手は3-2-3-2のような形で、互いにマンマーク状態の形で、個人で勝っている箇所では優位性が保て、逆に負けている箇所では支配され。

こちらで言うと、DFライン4枚、翔ちゃん、カイト、スバルの箇所では優位に立っていましたが、中盤でボールが支配出来ない状況は否めず、前日の2年生との試合でも感じましたが、1ボランチとスペックの必要性がこの試合でも顕著に現れましたね。


DFラインが安定していたのでやられる感じは全くなかったけど攻め手が見えず、ズルズルいってDFラインのストレスが溜まり、集中力が切れて失点するのはU-15あるあるなので、15分でボランチを変更。

中盤の優位性が勝った事で一気に流れが変わり、戦術理解度の高いケイスケからの配球で、前線が良い除状態でプレーを始められるようになってからは再三チャンスが作れました。


流れの中から、マサキの抜け出しやカイトのクロスからヒュウガといった決定機はありましたが決まらず、流れを変えたのは絶好調カイトの狙いすましたコントロールシュートから。


続いて2分後には翔ちゃんが、ヒュウガのゴロクロスを止めて→コントロールシュートで今までなかった力みのない形からのゴールを決めてくれました。

その後にヒュウガのクロスからPKを獲得しましたが、『蹴らない』と一度首を振ってしまった時点でそんな気はしていましたが、自信のないヒュウガのキックはしっかりGKに読まれて追加点ならず。

こういう時こそプライドを持ってほしい所でしたが、その前にクロスからのシュートを外していたのでメンタルがやられていましたね。。。
公式戦でPKを蹴る機会なんてほとんどありませんので、次回は自らボールを奪ってでも蹴って決めてくれる事を願っています!!



ハーフタイムでは相手のフォーメーションの話と、だからこそクロスに対して中に入ってくる話をして送り出しましたが、メンタル崩壊中のヒュウガだけには伝わっていませんでした。。。


前回満身創痍でプレーしていたクウトは、今日はリラックスして判断のあるプレーからミスもしていたので安心出来、ヒュウラ・カズトも自分のらしさは表現出来ていましたが、ゴールに関わるまではいけず、次回に期待ですね。

そしてなんといっても、(ちゃんと練習に来ていた)シュウエイの安定感は最高でしたね。
一度ヘディングのバックパスを当たり損ねましたが、それでも集中力は最後まで切れず、暴走するシーンも無く、キックも安定していて試合勘も抜群でした。

試合後にはシュウエイから3つ質問が届き、
『ヘディング競る時はどうすれば良いか?』
『キックを蹴る時はどこを観たらいいか?』
『カバーリングがいない時は前に出ない方が良いのか?』
あれだけ余裕そうに見えた中でも彼なりに疑問を持ちながらプレーしていて、試合後にちゃんと確認してくるのは3年生になっても変わらず、まだまだ(ちゃんと練習に来れば)伸びそうですね。


先週の試合で『絶対にはずさねえ』と誓ったツバサですが、朝一だった事もあるのか気持ちが乗っていなかったようで、らしさの強引なドリブルは出ず、ゴールに向かう意志だけは感じられましたが、プレーに元気は感じられず、唯一可能性のあった左足シュートも枠には飛んでいましたがゴールにはならず。


終始センターラインのシュウエイ・ケイスケ・翔ちゃんが勝ち続けてくれたのでレンも自信を持ってプレー出来て、ミスもしながらですがチャレンジした結果のミスであって、無失点で帰って来てくれた事は大きな成果だと思います。


これにて、U-15リーグは終了、4勝3分1敗と、前半戦は点が獲れない引き分けが続きましたが、課題であった流れの中での得点シーンも改善されてきて、時間はかかりましたが、攻守共に取り組みたい過程は終えられたように感じています。


まだあと5ヵ月ありますので、ここからは個人の課題や個性の向上をメインに、最後まで尖らせていきたいと思います。


すぐにグロースカップも控えておりますが、ひとまず、お疲れ様でした!!


受験生ではありますが、引き続きグラウンドでお待ちしております。


ナイスゲームでした!!!

10月29日(土)U-15リーグ最終節イトゥアーノFC_a0109314_13114702.jpeg

みんなでけいすけぽーず。




by gsfc15 | 2022-10-31 13:12 | Trackback | Comments(0)


<< 2022年度 U-14リーグ第...      U-13練習試合 >>