横浜GSFC U-15

yokohamags.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2022年 11月 07日

U-13,14 練習試合

2022年10月29日(土)天候 晴れ 会場 秋葉中学校 対戦相手 秋葉中

U-14
①0‐0 
②0‐0 
③4‐0 得点:ハルミチーAレオ、レオ‐Aダイキ、ユズトーAダイキ、ユズト


U-13
①3‐0 得点:ユウト‐Aセッキー、ダイト‐Aミナト、ユウト‐Aゼンタ
②0‐0 得点:
③?‐0 得点:最後のヨシハル‐Aアキラは覚えてます。。


またメモが旅立ってしまいました。。
覚えている人、教えて下さい。


U-14,13ともに秋葉中さんと2度目の対戦。

【U-14】
前回の長坂谷での練習試合も見ていたのですが、早朝で準備も遅くミーティング出来る時間が5分しかなかったのでとりあえず今日は何を目標に?
というところをどのくらい考えているのかを確認

・チャレンジ&カバー
・点を取る
・ビルドアップ
が出てきました。

笠原コーチからはチャレンジ&カバーと逆のトップ下への斜めのパスに注目ということを授けられたのでそのあたりも含めて観てみようと思いました。


チャレンジ&カバーの部分ですが、まずチャレンジが少なくてCBがインターセプトがほとんど出来てないのが気になりました。
カバーを気にしていてたのがあると思いますが、チャレンジする人に対してカバーする人がいるので
カバーがいないとチャレンジ出来ないのと同じで、チャレンジがなければカバーは成立しない。
特にこの日CBを組んだゴータム、ヒロトは聞くと『チャレンジタイプ』というので、であればまず良さを活かして欲しいと伝えました。
2本目からはチャレンジしてインターセプトも何回か出来ていました。
あと、カバーリングの部分で気になるのはSBのポジショニング、というか意識。
ヒロムとゲンキの意識がちょっと攻撃的すぎるかなと思います。
もちろん攻撃を狙っていて欲しいのですが、ディフェンスとしてまず失点しないことは大切で
守備と攻撃のバランスをどう取るかを考えていかないといけませんね。
ただ、ふたりとも攻撃力のある選手なので特徴は失わないようにして欲しいです。

他に守備面で言うと途中伝えた通り、前の選手がどう相手からボールを奪うかをどんなふうに考えているか。
自分一人で全てこなそうとしなくていいし、全部やろうとすると全部できなくなる。
後ろの味方や他の味方に獲らせる守備も考えていいのかなと思います。

攻撃面では斜めのパスはほとんど出ず、前に進む意識はあるけど空いたところから攻めたり、逃げたりするのがまだまだ苦手なように感じます。
優先順位である前を狙いながらそこがダメなら逃がすことが必要ですが、プレーを途中で辞めれ(変えれ)ずにパスが引っ掛かったりボールを奪われたりしているように見えました。
全体像から逆算してプレーをしていかなければいけないのですが、局面でのプレーが多いと感じるのでまずは観ること。
そして、ボールを持っている時も観れるようにボールの置き所にもっと意味を持たせること。
複数の選択肢を持ったボールの持ち方、ファーストタッチ、ドリブル。
そして相手の届かないところにボールが置ければボールから目を離すことも出来る、、、すると何が出来るか。

このあとに行われた瀬谷インター戦では良かったようなので、日ごろの意識と積み重ねかと思います。

局面でのプレーや試合を決める力の高い学年なので、少しの工夫ときっかけでまたここから急激に成長すると感じています。


【U-13】
2年生の試合に出た選手もいながら、チームをふたつに分けて試合しましたがどちらも余裕をもって、チャレンジしてしっかりミスもして良い感じでした。
優先順位の裏のボールは見違えるほど増えてきて、それに伴いゴールも多くなってきましたね。
では、裏のボールだけかというとそんなことは無く、トップ下を使うことを目標にしていますがそこにもボールがしっかりと入り、かつボールも失わずビルドアップ出来ています。
ダイレクトのパスのトレーニングはずっと続けていますが、この日は特にルナがとても良くてボールが来る前、ボールを奪う前から顔が上がっていてどんどんチャレンジしてエグいところを狙ってくれていました。
また、観ることが増えて守備面でもかなり余裕が出てきましたね。

この日の最大のハイライトは最後のヨシハルのゴール。
審判もありビデオを撮ってなかったのが悔やまれるくらいのゴールでした。

最終ラインで奪ったボールを左サイドに降りてきたミナトに預け、ミナトが左トップ下でフリーのヨッチにパス。
フリーのヨッチがゆっくり持ち上がると反対のトップ下のヨシハル、FWのアキラが動き出す。
アキラが右から真ん中の裏を狙う、、ここでヨッチがスルーパスしてというのがいつもの流れですが、アキラが空けたスペースにヨシハルが中から右斜めに走り出し
ヨッチも判断を変えてヨシハルにスルーパス、ペナルティエリアに入ったヨシハルはそこから中のアキラにラストパス、、じゃなくてワンツーまで狙ってた
アキラもそれに応えてワンツーを完成させると、ゴール右からヨシハルがインサイドのダイレクトシュートをGKのニア上に突き刺す。。
審判やりながら『うおおおお!』と吠えてしまいました。。
すごかったです。

ここ最近、全体的にプレーに凄みが増してきているので本当にリーグ戦が楽しみ。

テストあるから感覚が失われないといいけどね。。

テストも頑張りましょう、、!


by gsfc15 | 2022-11-07 13:36 | 30期生 | Trackback | Comments(0)


<< U-14 練習試合(U-13助...      11月3日(木祝)グロースカッ... >>