横浜GSFC U-15

yokohamags.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2024年 03月 29日

3/28(木)U-13TRMvs原中学校U-14.13

3/28(木)
11:00〜13:00
U-13TRM
vs原中学校U-14.13
@常盤公園
25分×4本

1本目
1-2
ソラCKマヒロ

2本目
4-0
ルイCKマヒロ
マヒロAソラ
ルイAマヒロ
ルイAソラ

3本目
1-3
ムネAコウスケ

4本目
4-0
ムネAシュウイチロウ
ムネCKマヒロ
リョウトAカズヒサ
コウスケAムネ

春休み2戦目!!

前日にの試合で、試合勘を取り戻した選手、調子の良かった選手から順番に出場してもらいました。

8月に試合をさせてもらった時の結果は、
1本目0-3
2本目4-0
3本目0-2
4本目4-0

今回は、相手の2年生がメインで出ているチームからも1得点ずつ奪えて、1本目に関しては引き分けには持っていけたほど、この半年で攻撃力に大きな変化を感じられました!

守備に関しても、1本目はスピードに乗られた失点ではなくちょっとしたタッチミスからの2失点で、結果には現れませんでしたが、スピード相手にも相当改善がされてきましたね!

3本目は、頭から元気のなかったシュウイチロウとリョウガにいつもの安定感が見られず、年上の勢いに気持ちが押されていましたね。
4本目の1ゴール目が入るまでは、二人とも自信無さそうにプレーしていましたが、そこからはなんとか持ち直して声を出して前に出て、少しだけいつものプレーを見せてくれましたが、少しもったいない時間をすごしました。

リョウガにも改めて伝えましたが、どんな相手であろうと、『今自分が出来る100%で挑む』事だけが成長に繋がります。
100%でぶつかってダメならそれはしょうがない事で、何も落ち込む必要もなければ、だからこそ努力すべき点が見つかる訳で。

自信なく、100%を出さずにやられてしまったら、何が本当の課題かは見えません。
ましてや試合中に落ち込むなんて事はもってのほかです。
最後の一瞬まで、狙い続けなければ、その日の成長はありません。
試合に出ている二人より、ライマンやってるヒロトの方が声出てました。
二人が100%でぶつかればそう簡単にはやられませんので!




試合前に伝えたのは、『マヒロをもう少し使ってあげたい』という事。
FWももちろん仕上がってきて、スペースに落とすパスも上手くなって中央突破が出来るようにはなってきたんだけでも!だけでも、うちの得点源が暇しているようじゃゴールは奪えないのでその話を。

結果は、CKから3アシスト、流れの中で1ゴール1アシスト。
みなさん、彼は暇させちゃダメですよ?
感覚派のマヒロが、【スペースへ落とすパス】を自ら習得してからは本当にすごい事になっていて。
1本目の上級生相手には最初少し遠慮は見られたものの、だんだんとノッてきて、運びながらスペースへポンっと落とすパスの質が完璧すぎて、相手は何が起きてるか分からない所へ通されまくってましたね。。。
また一つゴールに関われる武器が増えて、恐ろしいです。。。


そして、コンスタントに得点を重ねる3ゴールのルイを横目に、3ゴール1アシストを記録したムネ。

ルイは、ヘディングにロングシュートに1vs1に、色んなバリエーションから得点を重ねてストライカーらしくなってきた中で、まだ、流れの中であと3点くらいは取れたはず。
特に、簡単なシーンほど外し、難しい方が決める印象がありますので、簡単なシュートも淡々と決めれるようになったら本物ですね!

ムネはここのところ、【調子が良いのに点が取れない】という負のスパイラルにハマっていて。
完璧なタイミングで抜け出しても枠に飛ばなかったり、足に当たらなかったり、アシストは何度もマークしていましたがやはり欲しかったのはゴール。
今日はアップのシュート練から、何度も同じ形でゴールを決めていて、一番存在感を放っていたので、『今日はムネあるな』と思っていました。
試合の1発目から動き出し、状況判断、そして何より【出足】がとても良くて、いつだって自分に来ると思っているから常に相手より早く動き出してボールに反応し続けていました。

3本目のラストプレーで、コウスケの出したいタイミングで裏へ飛び出し、難しいシュートでしたがムネお得意のGK1vs1の形だったのでしっかり1ゴール決めて帰ってきました。

『ムネまだあるなー』と思っていましたが、4本目もシュウイチロウのカズヒサ側へ来たパントキックに逆サイドから蹴られた瞬間に反応していて、カズヒサが身体を張ってボールが流れた裏へ独走で抜け出しまたしても1vs1を決めて2点目。

マヒロのコーナーキックに垂直ジャンプで打点の高いヘディングから逆サイド神コースへ決めて3点目。

得点数がルイに並んだラストプレーは、前日と同じ形で追い越してきたコウスケの足元へ完璧なパスが通り、コウスケのダイレクトシュートうま過ぎでしたが1アシストをつけて終了。

翌日のスポセン練習でも誰よりもゴールに関わったのがムネ。
このまま春休みをゴールラッシュで終えて勢いに乗りたいですね!
変わらず、【予測】と【準備】を忘れずに。


そんな中でも、今日誰よりも輝いていたのはシュントでしたね。
ようやく、彼の駆け引きと判断が、本物になっていた1日でした。
今日名前を挙げたたくさんの良いプレーには何度もワクワクさせられましたが、唯一、シュントの1プレーには鳥肌が立ちました。

視野の範囲が少しだけ狭かったシュント。

充分以上に良い選手である事は間違いなく、技術も高く、駆け引きも上手、戦えるし、気がきくし。
でも、ずっと恐さがなかった。
ゴールに関わる選択肢がなかったから、飛び抜ける何かがずっと足りなかった。

けど、今日は視野が格段に広がり、全てのプレーが【ゴールに一番近い】選択肢から選べていて、両サイドどちらからでも【ゴロで】FWまで縦パスを狙えていて。

いつも通りの駆け引きから、最後にグッと腰を捻って相手が一番予想していないFWへスパンっと刺し続ける彼のプレーは誰よりも恐かったです。

ノッてきて、一度運んでミドルシュートも放ち、無双状態でしたね。。。

これがシュントのスタンダードになれば、その先の進化へ向けて大きな弾みとなるでしょう。

この春休みでなんとか習得までこぎつけたいですね!

トップ下争いも互いに1ゴール1アシスト、互いの良さが違うからまた面白い。

コウスケがソラを越えていくには、とにかく準備。
サッカー面だけでなく。
ここが変われば大きな変化が見られるはずです。
近づいていますよファンタジスタに。

ソラが頭一つ抜けるために必要なのは、『量よりも質』ではなく、『質よりも量』でもなく、【量と質】の両方を大切にする事。
自主練含めたくさん量を増やしているのは知っています。
それでも、そこで疲れて日々の練習が90%になってしまって質が下がって仕舞えば本末転倒です。
シュート練習の1本1本をどれだけ試合と同じ気持ちで蹴り込めるか?
日々の練習をどれだけ公式戦と同じ状態で挑めるか?
限られた時間の中で、1プレーたりとも手を抜いてはいけない。
それが出来ないのであれば、休む時はしっかり休む事も覚えなくてはいけない。
でもきっとソラは努力を続けるので、であれば、【量と質】両方を求めなくてはいけない。
練習でも試合でも、ちょっとした気の抜けたプレーがたまに出てしまうのは身体が疲れているからです。
量を増やすのも大切ですが、日々の練習の質が下がるのであれば休むしかない。
どちらを選ぶかは、ソラしだい。




この春休みで、他の選手達の成長も感じられる瞬間を楽しみにしております。


2連戦、大変お疲れ様でした!!

原中学校さん、いつもお誘いありがとうございます!
また是非お願いします!

3/28(木)U-13TRMvs原中学校U-14.13_a0109314_14023890.jpeg


by gsfc15 | 2024-03-29 14:01 | Trackback | Comments(0)


<< 4/2(火) U-13TRMv...      3/27(水)U-13TRM ... >>