横浜GSFC U-15

yokohamags.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2018年 07月 02日 ( 2 )


2018年 07月 02日

7月1日(日)U-14リーグ第3節 川崎CHAMP

2018/7/1/日/晴れ/16:30kickoff/@等々力第一サッカー場(人工芝)

横浜GSFC0(0)‐(3)8川崎CHAMP

6分失点CK
10分失点ミドルシュートこぼれ球詰められて
20分失点CK

4分失点カウンター
15分失点
25分失点
27分失点
28分失点


土日連戦の二日目、しかし、相手も連戦。
(昨日のGSの試合の後にオズさんと試合をして3-1で勝ってました)

夕方の人工芝、しかも近場で、なんてありがたい環境で試合が出来るのか。。。

前日、CHAMPさんの試合をじっくり審判をしながら研究できたので、何が出来るのか?何ををしてくるのか?は分かっていました。

ただ一つ計算外だったのは、人工芝だった事。。。

それにより、相手のプレーがより繊細になりミスをしないしキレが増すし、うちの選手はスパイクのポイントなさ過ぎてピッチで滑りまくるという。。。




試合前のミーティングでは、相手について長々と話をしました。
が、ちゃんと聞いていたのはDFラインだけだったようで、開始5分までトップ下2枚、FW3人は自分の立ち位置がわからず相手のボールのまわし方にパニック状態。


5分でだんだんと理解してきたかなーと思っていた矢先、相手CKから、フリーの選手にゴール目の前でヘディングされてしまい0-1。


前線の守備が落ち着いてきたので良い状態でボールを奪える回数が増えましたが、話を聞いていないから今度は攻撃もパニック。

せっかく奪ったボールも3トップの立ち位置が悪く、パスが一本も通らない→攻められる→DFラインが必死に奪う→パスが通らない→攻められる、の繰り返し。

前日の試合で持った『自信』からなのか、『自分のやりたい事』ばかりしてしまう。

そして10分の2失点目が、正直一番悔しかったですね。
とても調子の良いCBが、しっかりとラインを揃えながら完璧なタイミングでオフサイドを獲りにったのですが、一人審判制なのでオフサイドはとってもらえず、遅れて間に合うも少しかわされペナルティー角あたりからのシュートはGKが弾きましたがしっかりとFWに詰められて失点0-2。

何も悔やむことは無いのに、失点してしまった事には変わりなく、本人の気持ちは落ちてしまうし、レベルの高いプレーにチャレンジしたのに、その成長をも止めてしまいかねない失点で、とても悔しい失点になってしまいました。

CHANPさんはとても巧く速かったですが、なんとか前半は崩されて失点することはなかっただけに、20分のショートコーナーからファーに良いシュートを決められてしまったのはもったいなかった。

そのまま前半終了0-3。


ハーフタイムでもう一度守備の所と攻撃の所の一番重要な部分だけを話して後半スタート。

連戦という事もあったのか、相手は真ん中にいた中心選手を一人外し、フォーメーションを変えてきました。

相手のフォーメーションが変わり、主力が一人いなくなったので、後半立ち上がり10分間はかなりチャンスを作れました。

4分の失点は、こちらがキーパーと1vs1を決めきれず、そのカウンターからの失点というありがちな大チャンスを決めきれないが故の失点。

この時間帯に決定的なチャンスが3回くらいあり、そこで決めていれば流れは変わった『かも』しれない。

精神的にやられたところに前半出てた中心選手が帰ってきて、フォーメーションを戻されてからはまた防戦一方。

体力的にも疲労感が出始め、立て続けに3失点して試合が終了しました。




良くなかった選手は、『自分のやりたい事』と『今、自分が出来る事』が同じじゃなかったからだと思います。

良くなっている選手というのは、『自分がやりたい事』と『自分が出来る事』がイコールになってきて、ちゃんと自分を理解しようとしている選手です。

『客観的に観る』ということは自分自身では難しく、それを受け入れる事はそれ以上に難しい。

自分の考えを持っている選手が多くなってきているのはとても良い事だと感じています。

昔は質問に対して答えられる子が少なかったし、抽象的でしたが、今は、全員が具体的に『自分』を持っています。



ただ、相手ありきなのがサッカーで、パーでどれだけチョキに挑んでも勝てないです。

パーで勝ちたいならグーを出させないといけない。

相手がチョキしか出してこないのならば、本意じゃなくてもパーを捨てなきゃいけない。


この日良くなかった選手というのは、大事な場面で『自分』を出せなかった選手と、話を聞かず『自分』でしか勝負しなかった選手です。


1週空いてまたU-14リーグはあります。


もう一度、自分に何が出来て、何が出来ないのか、見つめ直す時間にしましょう。



でも、二日間本当にお疲れ様でした。

レベルアップして、必ず越えて行きましょう。

暑い中、応援の方いつもありがとうございます。

全員で、強くなる意思を持って戦いますので、応援宜しくお願いします。

a0109314_13014372.jpg
a0109314_12563547.jpg

a0109314_12571016.jpg
a0109314_12573934.jpg
a0109314_12580949.jpg
a0109314_12583871.jpg
a0109314_12590296.jpg
a0109314_12595759.jpg
a0109314_13002919.jpg
a0109314_12593101.jpg
a0109314_13012161.jpg
a0109314_13020330.jpg

a0109314_13005533.jpg
a0109314_13023216.jpg
a0109314_13032715.jpg
a0109314_13042697.jpg
a0109314_13104689.jpg
a0109314_13114396.jpg
a0109314_13101132.jpg


by gsfc15 | 2018-07-02 13:13 | Trackback | Comments(0)
2018年 07月 02日

6月30日(土)U-14リーグ第2節FC ASAHI

2018/6/30/土/晴れ/10:00kickoff/@南足柄市営総合グラウンド

横浜GSFC0(0)‐(0)0FC ASAHI

初戦を0-5で敗戦し、1年生の時の印象が強いのか、なかなか弱気な発言が多かった到着時。
風も強く、雰囲気に飲まれてしまうかと思われましたが、全学校でテストが終わり、久しぶりに全員集合したU-14の雰囲気はとても良かったです。

この日は、『テスト明けの子は試合勘も無ければ技術も体力も落ちているので、見えるまではシンプルに』『セカンドボールを狙う』という事だけ伝えて、試合開始。

テスト明けの子達は相当苦しんでいたようですが、周りの子達の集中力が高く、5分5分以上に戦えていました。

DFライン、GKがとても安定していたので、やられる気配は全くなく、後は点を獲るだけでしたが、風が強くGKに上手くカバーされてしまい無得点で前半が終了。

ハーフタイムには『ここで勝てなかったらもったいない』と言える選手もいたほどチーム全体が自信を持って後半に向かいました。

気温もかなり高くなり、相手は選手を全交代して『ズルい』と一言ボヤく選手達。

そんな中でもやはりペースは変わらず、自分達がボールを支配する時間が長く、相手GKが飛び出した後、無人のゴールにミドルシュート!が入らないというチャンスは再三作れました。

クロスからフリーでヘディングもありましたし、角度は難しいけどGKと1vs1もありました。

ただし、1点も入らず。。。

いつもなら集中力の切れてしまうDFラインですが、この日は調子が良すぎて最後まで危なげなく守り切りました。

そのまま試合が終わり0-0、公式戦初勝ち点を得ました。

点を獲るのは難しい。。。

という試合内容でした。


遠いところまでたくさんの応援ありがとうございました。

a0109314_10541693.jpg

a0109314_10532634.jpg








by gsfc15 | 2018-07-02 10:55 | Trackback | Comments(0)