横浜GSFC U-15

yokohamags.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:27期生( 13 )


2019年 08月 17日

U-13練習試合

2019.8.16(金) 天候 くもり 会場 かもめパーク 対戦相手 横浜FC鶴見 25分×4本(U-13 2本、U-14  2本)

①0-0
②0-1

a0109314_21493164.jpg
a0109314_21541529.jpg
a0109314_21494777.jpg
a0109314_21501728.jpg
a0109314_21503147.jpg
a0109314_21504637.jpg
a0109314_21505992.jpg
a0109314_21511193.jpg
a0109314_21521213.jpg
a0109314_21513499.jpg
a0109314_21515785.jpg
a0109314_21523439.jpg
a0109314_21525073.jpg
a0109314_21534800.jpg
a0109314_21530392.jpg
a0109314_21532659.jpg
a0109314_21544256.jpg
a0109314_21550080.jpg
a0109314_21552371.jpg
a0109314_21553707.jpg

1部所属の横浜FC鶴見さんに対戦して頂きました。
帰省などで人数が半分になってしまいましたので、急遽2年生にも試合をしてもらいそれぞれ25分×2本ずつ行いました。

この相手に自分の力が、チームの力がどのくらい通用するか試してみよう。

その他は特に何も言わずに、何も外からの干渉が無い中で純粋に自然にどのくらいのプレーが出来るかを見たかったのでそれだけを伝えて送り出しました。

結果的には敗れましたが、プレーは攻守に渡って十分に通用していました。


失点は一瞬のスキ。

試合終了2分前にリスタートのところでCBがマークを外してしまいパスを通され上手く決められ失点。

しかしその後にはビッグチャンス。
カウンターから粘ってつないでいき、相手ペナルティエリア付近に到達。
シュートがブロックされたこぼれ球が目の前にくるも…結果は写真の最後の通りです…。

1本目0-0で終わったあとに、「何かが起こってから守ろうとしちゃダメだ。相手の力が上がれば絶対に通用しない。」と両センターバックに伝えました。

ふたりとも身体能力が高く、「守れてしまう」だけに。

失点はその通りになりましたね。
そこまではほぼ完璧に守っていましたが、このレベルの相手だとそこをついてくる。


最後の最後に決められてしまう。
最後の最後にしっかり決めてくる。
最後に最後に仕留められない。


「勝敗は細部に宿る」

差は小さいようで、その小さい差が本当に大きいのです。

ただ、しっかりとその差を感じ取れましたのでここからまた練習あるのみです。

ここに載せた以外もそうなんですが、写真を見ると顔が上がってるシーンがとても多くなったように感じました。
パスがつながるようになり、自分たちの攻める時間が多くなった理由のひとつだと思います。

これまでの練習の成果も間違いなく発揮出来ています。

来週はリーグ戦、また良いプレーが出来るよう準備しましょう。

お疲れさまでした!



by gsfc15 | 2019-08-17 21:47 | 27期生 | Trackback | Comments(0)
2019年 08月 16日

U-13練習試合

2019.8.11(日) 天候 晴れ 会場 新横浜公園球技場 対戦相手 サレジオ学院中 20分×4本

①3-2 得点:ケイタ、ケイタ-Aルイ、ルイ-Aイシン
②0-0
③7-0 得点:アリチャン×2、カイセイ-Aケイタ、カイセイ-Aアリチャン、ケイタ、ユウキ、コウキ-Aショウ
④5-0 得点:イツシ-Aリュウセイ、ケンシン、イツシ、アユト-Aイツシ、リュウセイ

ベンチで観ているメンバーから、
「なんか今日の試合見てても楽しい」
という声が漏れるくらい、確かに良い内容だったと思います。

前日にちょうど前線にボールが入った時の攻撃について練習したのもあり、中盤の追い越す動きやサイドバックの積極的な攻撃参加が数多く見られ、予測のある中でタイミングよく1人、2人、3人と関わる人数が増えて流れと厚みのある攻撃を展開していました。
①、②本目もチャンスの数を考えればもっと点が取れてもよかったです。

そして前日のテーマを意識するも、ただやみくもにガーっといってガーっと終わるようなプレーではなくて、ベースとしてやってきた無理だったら判断を変えるだったり、別のエリアから攻めるためのポゼッションというのも使い分けてプレー出来ていました。

夏合宿ではパススピードをテーマにしてきましたが、使いどころも少しずつ理解してきた様子。
綾瀬スポーツ公園でのプレーも良かったのですが、今日もグランドが最高だったのでやりやすそうでした。
夏合宿の良いグランドでパススピードを上げるトレーニングをした下地があるので、良いグランドだと感触が良いようです。
最終的には土でも出来るようにならないとね。

パススピードをもっと有効活用する手段についてはまたこれから取り組みます。

まだまだのびしろはたくさん。

失点2点は失点パターンなのでハッキリしています。
考え方によるところが大きいと思うので理解してもらえればあとはプレー中に自分を冷静に抑止できるか、というところかなと思います。
ここまではやっても大丈夫だけど、これはやばいかな、という日常でも必要な感覚を磨いて下さい..(笑)



「おれはこれ」っていう個性・特徴がだんだんと創られてきている選手が多くなったように思います。
合宿でひとりひとりとじっくり話が出来たのも大きかったのかなと思います。

そのベースの上に、色んなものがまたくっついていくのですが、今はこれからの選手としての自分を形創る最初の段階のように感じています。

何も考えずに粘土をこねてきたけど、なんとなく創りたいものが出来てきてその最初の形が決まったような。

そんな感じかもしれません。


おかげさまで、成長を見届ける側としては充実した毎日を過ごせています。

とはいうものの、これを書いた日の練習でちょっとした出来事もありましたが…それも成長の過程でしょうか。

いや、そうなんだろうな。
私にとっても。

がんばります。

a0109314_10042584.jpg
a0109314_10043253.jpg
a0109314_10050790.jpg
a0109314_10052159.jpg
a0109314_10052929.jpg




by gsfc15 | 2019-08-16 12:39 | 27期生 | Trackback | Comments(0)
2019年 07月 17日

2019年度 U-13リーグ 第4節

2019.7.15月祝) 天候 曇り 会場 常盤公園
横浜GSFC 2(2-0)0 BANFF横浜FC戸塚
得点:ルイ-Aケンシン、ハルト


リーグ戦 2連勝!!!!!

先日の第3節から1日空いての連戦です。
会場はホームの保土ヶ谷常盤公園。

a0109314_18114324.jpg
a0109314_18120721.jpg
a0109314_18125333.jpg
a0109314_18131624.jpg
a0109314_18132885.jpg
が....前日までの雨でこの有様。
この日は会場幹事チームは我々でしたのでKO前にいつもより早く集合して、少しでも良いグランドにしようとトンボでスポンジで水抜きして土を入れて。
練習試合も公式戦も相手の会場で試合をすることが多いですが、行って試合をするだけというのがどれだけラクか。
相手チームはいつも我々のために試合時間の遥か前から集まってグランドを整備して、コートを作ってくれています。
いつも言うように、どんな会場でも試合をさせてもらってることに有り難いと思わなくてはいけませんよね。

きれいなグランドに戻すことは出来ませんでしたが、全員休む(サボる)ことなく休まず手を動かしていました。
この時点でもうほぼ100点...(甘い?笑)かなと思っていましたが、グランド設営で失われた体力とアップの時間はいつもと違った準備となりましたがこの影響は試合でどう出るのかな(出ないのかな)、と俯瞰していました。

開始早々ビルドアップでピンチを迎えますが、この学年のスタイルだと今の時点では1試合に1回は少なくともあるかなという感じで冷静にいつも見ています。
大きな良さでもあるので怖がって欲しくはありませんので、失敗があったあとどう対処するか、失敗が起きるかもしれないという準備が常に出来ているかにかかっています。
前節でも一度危ない場面がありましたが、ユウマが最後まで諦めずに追いかけてスライディングでつっついてくれて助かり、この日はユウスケがしっかり対処してくれて幸い失点にはなりませんでした。

前半はほぼ互角でしたがゴールに迫る回数はこちらが多かったかなと思います。
サイドから、真ん中からと攻め方にもバリエーションが増えてきました。
何より、前線の動き出しとボールを受ける回数が本当に多くなり、起点を作れる回数がとても増えてトレーニングの成果が出ていると確信出来ました。

1点目は前線でボールをおさめたケンシンが左サイドからGKとDFの間にいやらしいクロス、それをトップ下から抜け出していったルイが処理に躊躇する相手DFとGKよりも先に触って二人をかわして無人のゴールにきっちりシュートを決めました。
ルーズボールは先に触ったもん勝ち、が全体的に少し身に付いてきましたね。

2点目はCKが直接相手GKにいってしまうもファンブルしてこぼれ、いち早く反応したハルトが振り向きざまにダイレクトでシュート。
相手GKの足元を抜けたシュートはサイドネットに吸い込まれゴール!
前半2-0という最高の形でHTを迎えました。

HTでは相手の心理(0-2で後半を迎えるのが自分たちだったらどういう気持ちになるか?)、相手の狙い、それらを想定して気を付けなければいけないことを確認して後半へ送り出しました。

後半は予想通り相手の猛攻。
こちらも時折鋭いカウンターを何度か見せるも追加点を奪うには至らず。
しかし、HTで戦術的にメンタル的に想定した通り準備出来たのは大きく、ほぼ危なげなく防いでみせました。

正直、攻撃面での改善は上手くいっているのは練習から分かっていましたが、守備面での改善には全く触れていませんでしたので前節もそこは不安がありました。
しかし、この日はみんなめちゃくちゃ闘っていましたね。
a0109314_21522927.jpg
それも間違いなく、勝因のひとつ。

こちらの想定外の成長も見せてくれました。


リーグ戦後には残りの時間でトレーニングマッチもやらせていただきました。
こちらは0-0で終えましたが、流れるような攻撃も何度か見せてくれてチーム全員の成長を感じることが出来ました。

でも、複雑な顔をしている選手もいましたね。

最後のミーティングでも言いましたが、今の時点での力、これはこれで認めないといけません。

しかし、この先は分かりません。

認めつつ

これからだ...!

と、前向きに取り組んで下さいね。


これにて少しリーグ戦は中断となりますが、すぐに合宿が控えています。
合宿中はひとりひとりと面談もして、また色々な話が出来ると(聞けると)いいなと思っています。
楽しみです。


保護者の皆様、ホームでのたくさんの応援ありがとうございました!

a0109314_21532682.jpg
a0109314_21532280.jpg
a0109314_21525280.jpg
a0109314_21501988.jpg

a0109314_21515675.jpg
a0109314_21520098.jpg
a0109314_21505649.jpg
a0109314_21504211.jpg



by gsfc15 | 2019-07-17 12:02 | 27期生 | Trackback | Comments(0)
2019年 07月 14日

2019年度 U-13リーグ 第3節

2019.7.13(土) 天候 晴 会場 酒井スポーツ広場
横浜GSFC 2(2-1)1 川崎CHANP2nd
得点:ケイタ、ルイ

公式戦初勝利!!!!!

予定していたリーグ戦が中止になり、すこし間が空いてこの日の試合が第3節となりました。

リーグ戦、練習試合を経て色々なものが見えてきていますが、まだまだこの学年の力が(純粋なサッカーの力だけではなくて)どのくらいのものを秘めているのか、新しい発見も未だにたくさんあります。

とはいえ、こちらもただ眺めている訳ではなく、これまでの試合経験の中で選手たちと『これだね』と共有できるテーマについてこの間はトレーニングしてきました。
と言っても期間としては2週間ほどで雨で中止された練習も多々あり...ただ選手たちの頭の中に少し意識はさせてあげられているのかと思います。

無意識で出来るようになるには、『意識してやることが必要だと意識する』ことです。

前回も書きましたが、大切なのはまずやってみること。
そして、続けること。
その結果『良い習慣』を身に付けること。

目に見えるものだけが成果ではありませんが
今日は素直に目に見える成果も出たことを喜びたいと思います。

早朝からお疲れさまでした!
おめでとう!!
a0109314_10014213.jpg
a0109314_10042669.jpg
a0109314_10045387.jpg
a0109314_10053790.jpg
a0109314_10054215.jpg
a0109314_10062741.jpg
a0109314_10073548.jpg
a0109314_10074854.jpg


by gsfc15 | 2019-07-14 21:09 | 27期生 | Trackback | Comments(0)
2019年 07月 03日

U-13練習試合

2019.6.29(土) 天候 雨のち晴 会場 今川公園 対戦相手 オフサイドFC 25分×4本

①横浜GSFC 1-0 オフサイド 得点:ケンシン-Aイツシ
②横浜GSFC 0-1 オフサイド 得点:
③横浜GSFC 1-0 オフサイド 得点:イツシ
④横浜GSFC 1-1 オフサイド 得点:リュウセイ

雨の中の試合が多い学年です...

1本目は攻守に渡ってゲームをほぼコントロール出来ていました。
が、唯一カウンターはさばききれていませんでした。

攻めてる時間が長いと守備意識も薄れ、カウンターへの対処が遅れます。
公式戦でもカウンターで失点していたこともあり、それについてはGK中心に声掛けをしていましたがDF陣含めまだまだ危機管理が薄い印象です。
これは経験だと思いますので、『この展開は...流れは...』と気付けるかどうか、意識できるかどうかだと思います。
互いの声掛けも重要になります。
人任せではなく、グループで守る意識が必要でしょうか。

2本目からはずっと守らされていましたね。
守備の部分での問題もこれまでの試合でだいぶ見えてきたのですがここはまだ伝えきれていないので目をつぶりました。
取り組んでいる攻撃の部分では出し手と受け手のタイミングの問題だけでなく、止めて・蹴るの部分もどれだけ練習で意識できるかだと思います。

試合のあの場面で、この態勢で止められ(蹴れ)なかったな。
などというのは個々に必ずあると思います。

敵のいない単純な練習も、敵のいるプレッシャー下の練習もどちらもありますが、試合のどの部分なのかをもっと意識して取り組んだ方が試合で生きる技術が身に付くのではと思います。
サッカーはミスのスポーツと言われますが、ミスはしていいと思います。
ただ、なんでミスをしたか、次はどうしたらいいかを考えて取り組まないと間違いなく良くなりません。

我々は日ごろのみんなのプレーを観て、何が問題でどうしたら良くなるかを常に考え悩んでいます。
試合の翌日の練習で話をしましたが、まずは練習の意図を『ちゃんと聞いて』・『やってみる』こと。

やってみて100%伝わるかは分かりませんが、なるほどなと思ってもらえることもあると思います。

でもやってみないとそれは得られません。

聞いていないとそもそもやってみることもできません。

聞いて、やってくれたら練習でめちゃくちゃ良くなって、周りのみんなからも良かったと言われた選手もいました。

やってみて、違うなーと思ったら遠慮なく言って下さい。
また考えて伝えられるようこちらも努力していきます。

おつかれさまでした...!

a0109314_13572626.jpg














ケンシンの見事なボレーシュート!
a0109314_13571923.jpg














ガクの正確なキック!
a0109314_13574067.jpg















ジュンの縦パス!
a0109314_13574501.jpg
















ユウタからジョウへのサイドチェンジ!


by gsfc15 | 2019-07-03 13:08 | 27期生 | Trackback | Comments(0)
2019年 06月 27日

U-13練習試合

2019.6.22(土) 天候 雨のち晴れ 会場 境木中学校
横浜GSFC 1(1-0)0 境木中学校
得点:村上

境木中さんとは毎試合、どの学年も色々な人間の想いや気持ちが入る練習試合となりますが、、リーグ戦などの公式戦とは違った緊張感もあり。

結果を見れば差もなく、内容としても相手に上級生が混ざっていることもあっても目に見える差は歴然というわけではなかった、と感じた人もいたと思いますがこちらとしては色々な意味で非常に変化を感じれた試合でした。

夜には保護者のみなさんと懇親会で色々とお伝え出来ました。
私は私でこれまで通り引き続きたくさん選手たちと話をしていきたいと思います。

a0109314_22564208.jpg














a0109314_22564704.jpg














a0109314_22565126.jpg














a0109314_22565729.jpg



by gsfc15 | 2019-06-27 22:57 | 27期生 | Trackback | Comments(0)
2019年 06月 27日

2019年度 U-13リーグ 第2節

2019.6.16(日) 天候 晴 会場 道満スポーツ広場
横浜GSFC 0(0-1)5 アトラソン

先週に引き続きリーグ戦が行われ、第2節が行われました。

開幕節では雨の中でも自分たちのプレーがそれなりに表現出来て、満足も出来てはいないが自信も失わずにこの2節を迎えました。

が、この日はほとんど自分たちのプレーはできませんでした。

初めて出会ったであろう相手のスタイルに少々戸惑い、時間が経過するにつれて対応するも、相手は自信満々でそのスタイルを貫き真っすぐにぶつかってきて我々は見事にねじ伏せられました。

私は知っていたのでみんなには相手チームのスタイルとともに、「多分ビックリするよ」とは伝えていました。
それに対して自分たちがどのくらい、そして何が出来るのか、計ることが出来ました。

前述したように、ほとんど自分たちのプレーはできなかったのですが、一番は相手のスタイルに判断を奪われたこと。
そして、試合が進む中でその判断スピードに誰もついていけなかったことが原因なのかなと思います。

グラウンドのどこかでひとつでも落ち着ける、起点となれる場所があれば..結果が変わるかは分かりませんがまた少し違う内容にはなったと思います。

ただ、今回は守備でいっぱいいっぱい、そこまで力を回せる状態ではなかったですね。
やられたな、という失点は2つまで。
それ以降の3点は完全に切れてしまった中でのものだったので、2つ目までの失点をしっかり反省して欲しいですね。

攻撃に関しては起点作りはずっと練習の中で続けてきて、話し続けてきているので継続するのみです。


リーグ戦後はLEOVISTAさんに練習試合をしてもらいました。
ありがとうございます。

横浜GSFC 1(1-0) LEOVISTA厚木
得点:ケンシン-Aリュウセイ


開幕戦で敗れた相手でしたが、内容的にもこの日の方がより良かったですね。

また7月にリーグ戦がありますので、引き続きひとりひとり目的を持って取り組んで欲しいですね。


応援、ありがとうございました。
a0109314_22455940.jpg



















a0109314_23051654.jpg



















a0109314_22471304.jpg



















a0109314_22472175.jpg



















a0109314_22473177.jpg



















a0109314_22474145.jpg



















a0109314_22485489.jpg



















a0109314_22490732.jpg



by gsfc15 | 2019-06-27 22:52 | 27期生 | Trackback | Comments(0)
2019年 06月 10日

2019年度 神奈川県U-13リーグ 開幕戦

2019.6.9(日) 天候 雨 会場 道満スポーツ広場
横浜GSFC 0(0-1)2 LEOVISTA ATSUGI


新U-13初公式戦が幕を開けました。

新たなスタート…もこの日は試合前から雨が強くなり、グランドコンディションも難しくなっていきました。
それもサッカーなので当たり前に受け入れて試合は行うのですが、初公式戦を難しい初めての環境で行うことに心配をしていました。

雨でもサッカーをさせてくれるグランドは今はほとんどないですからね。

なので、ある意味この日は貴重な経験をさせてもらったとも言えます。
またこれからのサッカー人生でこのような状況で試合をすることが無いとも限らないですから。

この環境に対しての準備が十分で無い以上、こちらから色々と求めすぎてはいけないと思いましたのでアップが始まる前から、「このグランド、この状況で自分はどんなプレーが出来るのかをアップからイメージして」と伝えました。

ウォーミングアップではあえて土の上で体幹やボールを蹴る選手もいて、考えてくれているなと思いました。
やはりそのように試合をイメージしている選手は安心して出場してもらえます。

試合開始直前には雨の日のセオリーであるシンプルにプレーする、ミスが増えるので相手の陣地でなるべくプレーすることを伝えつつ、「でもこういう状況だけど今まで取り組んで来たこともあるし、どうプレーするかはみんなに任せるから」と言って送り出しました。


キックオフ。

するとバックパスからディフェンスラインで繋ぎだし、逆サイドまで展開していく。

おいおい…苦笑

でもこれはいつも通りの彼らのサッカー。
それをこのグランド状況で。

普通であれば、ミスを恐れてロングボールが多くなったりアバウトにプレーしてしまいがち。

が、動じない。

寄せられても寄せられても落ち着きはむしろ増し、判断(しようと)しながらプレーしていく。
またそれだけではなく、この日も激しい相手でしたが負けずに闘う姿勢も持ち合わせ。
そしてそれは60分通してずっと、交代して入った選手も同じプレーを見せました。

正直、ここまで出来るかと驚きました。


ただ、当然負けてしまったので反省はあります。

2つの失点のひとつはカウンター。
最後まで追いかけたユウスケ、ユウマも頑張ったし、ガクも1vs1でほぼノーチャンス。
ハーフウェイラインから1人で決めきってみせた相手を褒めるべきだと思います。

もし防ぐとすればDFは攻めている時に守る準備を怠らないこと、GKはDFに守る準備をさせること。
あの状況にしてしまったのがいけなかった。
サッカーの得点・失点の理由はその直前にあったことではなく、もう少し前にあったことに原因があることが多いです。
この時ももっと言えばボールの奪われ方も原因のひとつでした。
原因は複数あるのがほとんどで、ミスが重なった時に失点は起こりやすいです。

2失点目はGKにとっては1失点目以上にノーチャンス。
相手のパワーのある選手がハーフウェイラインを少し越えたとこからロングシュートをして、GKの上を越されました。

試合中も気にしなくていいと言いましたが、届かないものは届かないので気にしなくていいです。ただ、これももし防ぐとすればその前にシュートを打たせないように寄せること、GKはシュートを打たせないように仲間に準備させることですね。

でもそれ以外のところはDFとGKのファインセーブで防げており、本当に身体を張って良くやってくれました。


攻撃は取り組んでいることを引き続き、というところです。

前日も少し改善をしましたが、いきなり試合で出るほどの練習量をこれについてはやっていないのでこれからまた意識的にプレーして身体に染み込ませて欲しいです。

チームとして取り組んでいる攻め方についてはハーフタイムで頭を整理して臨んだ後半は何度か良い場面が見られました。
攻撃も守備もですが、味方同士の『イメージが繋がって』いないと絶対に上手くいきません。
後半の良い場面は互いに同じ『絵(イメージ)』を描いていたからこそチャンスが生まれました。
ゴールまで出来ればもっと良かったですが、この学年のゴールの形になると思っている絵なので、このイメージを次の試合にまで持ち続けて欲しいですね。



長々と書きましたが。


自分たちのプレーが出来たことは満足。
負けたことにも納得。

最後終わったあとの選手たちを見るに、そんな感じだったのではないでしょうか。
私も同じように感じています。

ここからどう成長を遂げて、どんな絵が完成するか。


楽しみでなりません…!

a0109314_22391719.jpg






a0109314_22392882.jpg






a0109314_22402002.jpg






a0109314_22402774.jpg






a0109314_22411967.jpg






a0109314_22415422.jpg






a0109314_22432835.jpg






a0109314_22505799.jpg






a0109314_22443994.jpg






a0109314_22440922.jpg







by gsfc15 | 2019-06-10 20:11 | 27期生 | Trackback | Comments(0)
2019年 06月 02日

U-13練習試合

2019.6.1(土) 天候 晴 会場 常盤公園
対戦相手: パルピターレ(25分×7本)

①0-2
②0-0
③0-1
④0-0
⑤2-2 得点:ジュン-Aイツシ、イツシ-Aケイタ
⑥0-5
⑦0-1

パルピターレさんと4時間みっちりやらせて頂きました、ありがとうございました。

パルピターレさんは気合の入った選手が多く、最初は気圧されて押し込まれる展開。
相手が狙った形でこちらのミスを誘って得点を奪われました。

ファウル気味の球際の激しさも、「このくらいは当たり前」と伝えながら、戦術的になぜ押し込まれるのかも話をして2本目に送り出しました。
球際も戦い始め、戦術理解から狙いも少し定まって1本目よりは良くなりましたが決定的な形までは作れず4本目までが終わります。

狙いはもってくれて理解してくれたけど、具体的にどうしたらいいのかというところが欠けていたのでヒントを与えて5本目。
すると完璧な崩し、しかもほぼ同じ形で2ゴール。
戦術理解をともなった『理由のある』プレー、そして『再現性』。

素晴らしかったです。

ただ、これで相手に火をつけてしまっのか0-2 で終わらせないという強い気持ちでこられて2-2に追いつかれ、6本目には本来疲れてくるはずが相手は逆にギアが1段上がって叩かれました…。
このあたりの精神的な、肉体的な強さは見習いたいですね。

来週はリーグ戦が始まります。

練習から常に試合をイメージして取り組んで、練習外では食事睡眠、身体のケアを怠らず出来るだけ良い状態で試合を迎える準備をしましょう。

お疲れさまでした!



by gsfc15 | 2019-06-02 12:10 | 27期生 | Trackback | Comments(0)
2019年 06月 01日

U-13練習試合 +番外編 測定の様子

2019.5.25(土) 天候 晴 会場 伊勢原中学校
対戦相手: 伊勢原中学校(25分×4本)

①0-1
②1-1 得点:ココロ
③0-1
④1-0 得点:ルイ


伊勢原中学校さんと試合させていただきました。
相手は上級生も混ざっていたようで、こちらとしてはリーグ戦も控えている中で力の上回る相手と対戦出来て大変有難かったです。
ありがとうございました。

この日は試合前に少し時間をかけてミーティングを行い、それぞれのポジション(DF,MF,FW)の役割を整理して課題を持ってプレーしてもらいました。
座学で行ったことのおさらいも兼ねて、というところでしたがサッカーの戦術的な理解と実際のプレーが繋がっていないと感じていましたので思い出してもらったというところです。

机上の空論、という言葉があるように作戦盤上では上手くいっても実際のゲームで上手くいかないことは多々あります。
ですが、頭で理解をするということは非常に大事で、それが実際のプレーに繋がってくると『理由のある』プレーが出来るようになります。

なんで(なぜ、なんのためにetc...)そのプレーをしたのか、ということを突き詰めることがサッカーの向上のために必要なことのひとつであると考えています。

それは『なんとなく』やったことは再現性が低いからです。
再現性の低いプレイヤーは安定したプレーが出来ません。

ただこの『なんとなく』も『理由のある』プレーの中に混ざると途端に力を発揮します。

変化、ですね。

何をしてくるかわからない選手は毎回毎回とんでもないプレーをしてるのではなくて、基本を理解した『理由のある』プレーの中に相手のイメージに無い基本から外れたプレーが混ざるので、何をしてくるか読めないのです。

基本のプレー:基本じゃないプレー=7:3(8:2?)というイメージでしょうか。

ちょっと良い例えか分かりませんが、算数のテストでもずっと足し算の問題が10問くらい続いて足し算のリズムに慣れてきますが、そこでいきなり掛け算の問題が出たら「おっ」てなりますよね。
そんな感じです。

基本の『理由のある』プレーと『なんとなく』やっている感性のプレー、どちらも大事なので個々のスペシャルなものを生かしつつ両方を伝えていきたいと思っています。



さて、試合ですがそれぞれが得意なことに、苦手なことにポジティブにチャレンジしている姿が見られましたので十分です。

失点はいつもだったら防げているもの、ちょっとしたチャレンジ違いのものもあって気にしなくても良いかなというところです。
それ以外の失点になりそうな部分は意識して防げていました。

得点はミドルシュート2本。
崩しての得点は無かったですが、惜しいというシーンは多々ありましたのであとは決め切るだけ。
得点の形が複数あるのはチームとして非常に良いことなのでミドルシュートも積極的に打ち続けて欲しいですね。


この日は船久保コーチカメラで写真をたくさん撮りましたので載せていきます。


試合中の写真は全て選手が撮ってくれました!(順不同)

a0109314_15222778.jpg

ルイ

a0109314_15235029.jpg
イシン

a0109314_15245961.jpg

ケイタ

a0109314_15283904.jpg


ジュン

a0109314_15281026.jpg

アユト

a0109314_15260184.jpg
ユウセイ

a0109314_15270566.jpg
リュウセイ

a0109314_15403312.jpg
カイセイ

a0109314_15394907.jpg

ユウスケ

a0109314_15393383.jpg
ユウマ

a0109314_01124447.jpg
コウキ

a0109314_01123003.jpg

ジョウ

a0109314_01115943.jpg

ユウタ

a0109314_01105691.jpg

アリチャン(と呼ぶことにしました)

a0109314_01103806.jpg


ハルト

a0109314_01341619.jpg
ユウト

a0109314_01303867.jpg

イツシ

a0109314_01222551.jpg
ココロ




W-upの写真は私が隠れて?撮りました
a0109314_15380754.jpg

a0109314_15371879.jpg
a0109314_15370905.jpg
a0109314_15364076.jpg
a0109314_15345461.jpg
a0109314_15344634.jpg
a0109314_15341136.jpg
a0109314_15341995.jpg
a0109314_15333311.jpg
a0109314_15311167.jpg
a0109314_15311752.jpg
a0109314_15314177.jpg
a0109314_15320105.jpg
右の子はカメラに気付いて後ろを向いたと思われますが....


a0109314_15320803.jpg
逃さん笑

a0109314_15325382.jpg


こちらは漫才風

a0109314_15330225.jpg
仲いいですね


a0109314_15355806.jpg
バレテーラ


a0109314_15361342.jpg


なんか言ってる①

a0109314_15353652.jpg


なんか言ってる②

a0109314_01515503.jpg
なんか言ってる③

a0109314_15343785.jpg
楽しそうで何よりです




測定の時の写真もちょこっとだけ

a0109314_01581890.jpg

a0109314_01582765.jpg

ヘキサゴン

a0109314_01592333.jpg
a0109314_01590026.jpg


立ち五段跳び

a0109314_02012341.jpg
a0109314_02020714.jpg
a0109314_02013453.jpg


10m×10mシャトルラン

a0109314_02054017.jpg
a0109314_02055590.jpg
a0109314_02092239.jpg


Yo-Yoテスト

a0109314_02035869.jpg















by gsfc15 | 2019-06-01 02:40 | 27期生 | Trackback | Comments(0)