横浜GSFC U-15

yokohamags.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:27期生( 6 )


2019年 06月 10日

2019年度 神奈川県U-13リーグ 開幕戦

2019.6.9(日) 天候 雨 会場 道満スポーツ広場
横浜GSFC 0(0-1)2 LEOVISTA ATSUGI


新U-13初公式戦が幕を開けました。

新たなスタート…もこの日は試合前から雨が強くなり、グランドコンディションも難しくなっていきました。
それもサッカーなので当たり前に受け入れて試合は行うのですが、初公式戦を難しい初めての環境で行うことに心配をしていました。

雨でもサッカーをさせてくれるグランドは今はほとんどないですからね。

なので、ある意味この日は貴重な経験をさせてもらったとも言えます。
またこれからのサッカー人生でこのような状況で試合をすることが無いとも限らないですから。

この環境に対しての準備が十分で無い以上、こちらから色々と求めすぎてはいけないと思いましたのでアップが始まる前から、「このグランド、この状況で自分はどんなプレーが出来るのかをアップからイメージして」と伝えました。

ウォーミングアップではあえて土の上で体幹やボールを蹴る選手もいて、考えてくれているなと思いました。
やはりそのように試合をイメージしている選手は安心して出場してもらえます。

試合開始直前には雨の日のセオリーであるシンプルにプレーする、ミスが増えるので相手の陣地でなるべくプレーすることを伝えつつ、「でもこういう状況だけど今まで取り組んで来たこともあるし、どうプレーするかはみんなに任せるから」と言って送り出しました。


キックオフ。

するとバックパスからディフェンスラインで繋ぎだし、逆サイドまで展開していく。

おいおい…苦笑

でもこれはいつも通りの彼らのサッカー。
それをこのグランド状況で。

普通であれば、ミスを恐れてロングボールが多くなったりアバウトにプレーしてしまいがち。

が、動じない。

寄せられても寄せられても落ち着きはむしろ増し、判断(しようと)しながらプレーしていく。
またそれだけではなく、この日も激しい相手でしたが負けずに闘う姿勢も持ち合わせ。
そしてそれは60分通してずっと、交代して入った選手も同じプレーを見せました。

正直、ここまで出来るかと驚きました。


ただ、当然負けてしまったので反省はあります。

2つの失点のひとつはカウンター。
最後まで追いかけたユウスケ、ユウマも頑張ったし、ガクも1vs1でほぼノーチャンス。
ハーフウェイラインから1人で決めきってみせた相手を褒めるべきだと思います。

もし防ぐとすればDFは攻めている時に守る準備を怠らないこと、GKはDFに守る準備をさせること。
あの状況にしてしまったのがいけなかった。
サッカーの得点・失点の理由はその直前にあったことではなく、もう少し前にあったことに原因があることが多いです。
この時ももっと言えばボールの奪われ方も原因のひとつでした。
原因は複数あるのがほとんどで、ミスが重なった時に失点は起こりやすいです。

2失点目はGKにとっては1失点目以上にノーチャンス。
相手のパワーのある選手がハーフウェイラインを少し越えたとこからロングシュートをして、GKの上を越されました。

試合中も気にしなくていいと言いましたが、届かないものは届かないので気にしなくていいです。ただ、これももし防ぐとすればその前にシュートを打たせないように寄せること、GKはシュートを打たせないように仲間に準備させることですね。

でもそれ以外のところはDFとGKのファインセーブで防げており、本当に身体を張って良くやってくれました。


攻撃は取り組んでいることを引き続き、というところです。

前日も少し改善をしましたが、いきなり試合で出るほどの練習量をこれについてはやっていないのでこれからまた意識的にプレーして身体に染み込ませて欲しいです。

チームとして取り組んでいる攻め方についてはハーフタイムで頭を整理して臨んだ後半は何度か良い場面が見られました。
攻撃も守備もですが、味方同士の『イメージが繋がって』いないと絶対に上手くいきません。
後半の良い場面は互いに同じ『絵(イメージ)』を描いていたからこそチャンスが生まれました。
ゴールまで出来ればもっと良かったですが、この学年のゴールの形になると思っている絵なので、このイメージを次の試合にまで持ち続けて欲しいですね。



長々と書きましたが。


自分たちのプレーが出来たことは満足。
負けたことにも納得。

最後終わったあとの選手たちを見るに、そんな感じだったのではないでしょうか。
私も同じように感じています。

ここからどう成長を遂げて、どんな絵が完成するか。


楽しみでなりません…!

a0109314_22391719.jpg






a0109314_22392882.jpg






a0109314_22402002.jpg






a0109314_22402774.jpg






a0109314_22411967.jpg






a0109314_22415422.jpg






a0109314_22432835.jpg






a0109314_22505799.jpg






a0109314_22443994.jpg






a0109314_22440922.jpg







by gsfc15 | 2019-06-10 20:11 | 27期生 | Trackback | Comments(0)
2019年 06月 02日

U-13練習試合

2019.6.1(土) 天候 晴 会場 常盤公園
対戦相手: パルピターレ(25分×7本)

①0-2
②0-0
③0-1
④0-0
⑤2-2 得点:ジュン-Aイツシ、イツシ-Aケイタ
⑥0-5
⑦0-1

パルピターレさんと4時間みっちりやらせて頂きました、ありがとうございました。

パルピターレさんは気合の入った選手が多く、最初は気圧されて押し込まれる展開。
相手が狙った形でこちらのミスを誘って得点を奪われました。

ファウル気味の球際の激しさも、「このくらいは当たり前」と伝えながら、戦術的になぜ押し込まれるのかも話をして2本目に送り出しました。
球際も戦い始め、戦術理解から狙いも少し定まって1本目よりは良くなりましたが決定的な形までは作れず4本目までが終わります。

狙いはもってくれて理解してくれたけど、具体的にどうしたらいいのかというところが欠けていたのでヒントを与えて5本目。
すると完璧な崩し、しかもほぼ同じ形で2ゴール。
戦術理解をともなった『理由のある』プレー、そして『再現性』。

素晴らしかったです。

ただ、これで相手に火をつけてしまっのか0-2 で終わらせないという強い気持ちでこられて2-2に追いつかれ、6本目には本来疲れてくるはずが相手は逆にギアが1段上がって叩かれました…。
このあたりの精神的な、肉体的な強さは見習いたいですね。

来週はリーグ戦が始まります。

練習から常に試合をイメージして取り組んで、練習外では食事睡眠、身体のケアを怠らず出来るだけ良い状態で試合を迎える準備をしましょう。

お疲れさまでした!



by gsfc15 | 2019-06-02 12:10 | 27期生 | Trackback | Comments(0)
2019年 06月 01日

U-13練習試合 +番外編 測定の様子

2019.5.25(土) 天候 晴 会場 伊勢原中学校
対戦相手: 伊勢原中学校(25分×4本)

①0-1
②1-1 得点:ココロ
③0-1
④1-0 得点:ルイ


伊勢原中学校さんと試合させていただきました。
相手は上級生も混ざっていたようで、こちらとしてはリーグ戦も控えている中で力の上回る相手と対戦出来て大変有難かったです。
ありがとうございました。

この日は試合前に少し時間をかけてミーティングを行い、それぞれのポジション(DF,MF,FW)の役割を整理して課題を持ってプレーしてもらいました。
座学で行ったことのおさらいも兼ねて、というところでしたがサッカーの戦術的な理解と実際のプレーが繋がっていないと感じていましたので思い出してもらったというところです。

机上の空論、という言葉があるように作戦盤上では上手くいっても実際のゲームで上手くいかないことは多々あります。
ですが、頭で理解をするということは非常に大事で、それが実際のプレーに繋がってくると『理由のある』プレーが出来るようになります。

なんで(なぜ、なんのためにetc...)そのプレーをしたのか、ということを突き詰めることがサッカーの向上のために必要なことのひとつであると考えています。

それは『なんとなく』やったことは再現性が低いからです。
再現性の低いプレイヤーは安定したプレーが出来ません。

ただこの『なんとなく』も『理由のある』プレーの中に混ざると途端に力を発揮します。

変化、ですね。

何をしてくるかわからない選手は毎回毎回とんでもないプレーをしてるのではなくて、基本を理解した『理由のある』プレーの中に相手のイメージに無い基本から外れたプレーが混ざるので、何をしてくるか読めないのです。

基本のプレー:基本じゃないプレー=7:3(8:2?)というイメージでしょうか。

ちょっと良い例えか分かりませんが、算数のテストでもずっと足し算の問題が10問くらい続いて足し算のリズムに慣れてきますが、そこでいきなり掛け算の問題が出たら「おっ」てなりますよね。
そんな感じです。

基本の『理由のある』プレーと『なんとなく』やっている感性のプレー、どちらも大事なので個々のスペシャルなものを生かしつつ両方を伝えていきたいと思っています。



さて、試合ですがそれぞれが得意なことに、苦手なことにポジティブにチャレンジしている姿が見られましたので十分です。

失点はいつもだったら防げているもの、ちょっとしたチャレンジ違いのものもあって気にしなくても良いかなというところです。
それ以外の失点になりそうな部分は意識して防げていました。

得点はミドルシュート2本。
崩しての得点は無かったですが、惜しいというシーンは多々ありましたのであとは決め切るだけ。
得点の形が複数あるのはチームとして非常に良いことなのでミドルシュートも積極的に打ち続けて欲しいですね。


この日は船久保コーチカメラで写真をたくさん撮りましたので載せていきます。


試合中の写真は全て選手が撮ってくれました!(順不同)

a0109314_15222778.jpg

ルイ

a0109314_15235029.jpg
イシン

a0109314_15245961.jpg

ケイタ

a0109314_15283904.jpg


ジュン

a0109314_15281026.jpg

アユト

a0109314_15260184.jpg
ユウセイ

a0109314_15270566.jpg
リュウセイ

a0109314_15403312.jpg
カイセイ

a0109314_15394907.jpg

ユウスケ

a0109314_15393383.jpg
ユウマ

a0109314_01124447.jpg
コウキ

a0109314_01123003.jpg

ジョウ

a0109314_01115943.jpg

ユウタ

a0109314_01105691.jpg

アリチャン(と呼ぶことにしました)

a0109314_01103806.jpg


ハルト

a0109314_01341619.jpg
ユウト

a0109314_01303867.jpg

イツシ

a0109314_01222551.jpg
ココロ




W-upの写真は私が隠れて?撮りました
a0109314_15380754.jpg

a0109314_15371879.jpg
a0109314_15370905.jpg
a0109314_15364076.jpg
a0109314_15345461.jpg
a0109314_15344634.jpg
a0109314_15341136.jpg
a0109314_15341995.jpg
a0109314_15333311.jpg
a0109314_15311167.jpg
a0109314_15311752.jpg
a0109314_15314177.jpg
a0109314_15320105.jpg
右の子はカメラに気付いて後ろを向いたと思われますが....


a0109314_15320803.jpg
逃さん笑

a0109314_15325382.jpg


こちらは漫才風

a0109314_15330225.jpg
仲いいですね


a0109314_15355806.jpg
バレテーラ


a0109314_15361342.jpg


なんか言ってる①

a0109314_15353652.jpg


なんか言ってる②

a0109314_01515503.jpg
なんか言ってる③

a0109314_15343785.jpg
楽しそうで何よりです




測定の時の写真もちょこっとだけ

a0109314_01581890.jpg

a0109314_01582765.jpg

ヘキサゴン

a0109314_01592333.jpg
a0109314_01590026.jpg


立ち五段跳び

a0109314_02012341.jpg
a0109314_02020714.jpg
a0109314_02013453.jpg


10m×10mシャトルラン

a0109314_02054017.jpg
a0109314_02055590.jpg
a0109314_02092239.jpg


Yo-Yoテスト

a0109314_02035869.jpg















by gsfc15 | 2019-06-01 02:40 | 27期生 | Trackback | Comments(0)
2019年 05月 01日

U-13,14練習試合

2019.4.27(土) 天候 晴 会場 常盤公園
対戦相手: Vidaいさま U-14(25分×4本)

①1-1 得点:田中-A松本謙(U-13)
②0-1
③0-0
④1-0 得点:岩村


遠征メンバー以外は練習試合、そして翌日は紅白戦を行いました。

U-13はあのエンジョイSC戦から約1ヶ月。
選手たちとも1ヶ月後のこの試合に向けてトレーニングしてきたので、どのくらいやってきたことが表現できるかがポイントでした。

U-14は普段からプレーを観ていますが、実戦での動きを観察しながらアドバイスできることを探しました。


まず、U-14から試合をしてもらいました。
ハーフタイムに選手たちにもいいましたが、ある程度こんな感じの試合になるのではと予想していました。

がんばっているし、声も出てモチベーションもありますが、何かハマっていない。
ひとりひとり確実に技術的にも身体的にも間違いなく成長している、でもそれが表現出来ていない。


表現できない理由のひとつは、戦術理解だと思います。


まず、自分のポジションで何をすべきで、何をしてはいけないのか。
そして、それが状況によって変わってくるがそれに対応出来ているのか。
そもそも状況を把握する習慣がついているのか。

その理解がまず足りていない。


そしてもうひとつ、これが一番大事なこと。

『自分が何がしたいのか=自分の武器は何か』

RPGゲームでも主人公たちはみんな武器を持っています。
剣なのか、槍なのか、斧、弓、ハンマー...。

それぞれに戦い方があって、得意なものがあると思います。

U-14の選手たちにもはたから見て得意な武器が間違いなくあるのですが、得意なことを出そうとするより苦手なことをしてしまう回数が多いと感じました。
ミスが増えるのは当たり前です。


ある右利きの選手が自陣でのポゼッションで不安定な左足のインサイドパスで2回ミスをしてボールを失いました。
そして、翌日の紅白戦でも同じことを行いました。

『左足のパスは今練習しているの?チャレンジしているの?』と聞くと、
『いや、していません』との答えでした。

DFの彼は自陣では安全に、ボールを失わずに前に進めることを考えなければいけません。
でも彼は苦手であろう左足の不安定なパスでボールを何度も失ってしまいました。

練習中だったら指摘しては悪いな、と思って確認をしたのですが、左足が使えるようになりたいと考えた上でしているパスなのか、何も考えてないのかでは差があります。
そしてそれは自分のポジションでの役割理解、状況の把握によって行動を選択できていないということも見て取れます。


サッカーは複雑です。

でも目的は単純です。

『ゴールを奪うか、ゴールを守る』か。

選手としてみんなに考えてほしいのは、『ゴールを奪う/ゴールを守る』ために自分のどんな『武器』を使って戦うのか、ということです。
そして、その『武器』が出来る第一歩は、『自分が何がしたいか』だと思っています。

攻めたいならゴールを奪うための何かを、自分で自分と相談して作る。
守りたいならゴールを守るための何かを、自分で自分と相談して作る。
賢者や魔法剣士といわれるキャラのように、攻めも守りもというならそれも良し。

何をしたいかという感性は自分の中にしかないし、外側の誰かに脅かされるものではない選手の特権だと思っています。
いわゆる自由さ、です。

プレーを観ていても自分が『何者』なのか自分自身で分かっていそうなのは松野とたいきだけで、やっぱり2日間この2人のプレーは良かったです。
だからこの2人とは特に話はしませんでした。


何度も言いますが他の選手たちにも間違いなく力があります。
でも『何がしたいの?』と聞いても答えられない選手がほとんどでした。

少し自信を失っている部分もあると思いますが、そこはサポートします。
もう一度初心に帰って自分がこれをしたい、こうなりたいというプレーを自由にやってみてはどうでしょうか。


そしてU-13はというと、この1ヶ月は基本技術・体力の向上とサッカーのほんの基礎的な戦術の理解のためのミーティングを行ってきました。
日ごろから技術・体力的な部分の向上も見られ、個人・チーム戦術の理解も進んでいましたので、相手がひとつ上の学年でしたがどんな試合が出来るのか少し楽しみでした。

こちらもある意味予想通りの試合内容でした。

久々で上の学年という緊張もあっていつも通りとまではいきませんでしたが、十分にそれぞれの良さを発揮してくれて、相手のコーチからも楽しみですねと言ってもらえました。
GW中にあと2試合控えていますので、今度は同学年相手にどのような試合が出来るのか楽しみです。

U-13は今やっていることをしっかりと継続することが大事です。
当然課題もありますし、なにより約
ひと月前に目標を与えられましたので、そこを忘れずに見据えていきましょう。

保護者の皆様、応援ありがとうございました。

a0109314_19514017.jpg
a0109314_19520228.jpg


by gsfc15 | 2019-05-01 19:52 | 27期生 | Trackback | Comments(0)
2019年 04月 12日

新U-13練習試合

2019.3.31(日) 天候 晴 会場 等々力第一サッカー場
対戦相手: エンジョイSC

遅くなりましたが先月末に行われた新U-13初の11人制ゲームの結果です。

①0-5
②0-5
③0-6
④0-4
⑤0-6
⑥0-4

たくさん取られましたね。

負けてしまったので間違いなく我々の方が劣っているところが多かったのですが、瞬間瞬間で通用する部分もあり。
私としてもまだ皆のプレーやパーソナリティを観察する段階で、選手たちにも仲間のプレーを見て知ることを要求しています。
それに加え、他のチームの同年代にどんな選手がいるのか、自分の何が通用して武器になりそうなのかを肌で感じて欲しいと話しました。

1本目、30秒で失点して、その1分後にも1点失いました。
皆の想像の範囲からはみ出たレベルの選手に唖然…してたらいつの間にか点が入っていた、という感じ。
もちろん、選手たちは初めての11人制でほどよい緊張感と集中で油断などしていない状況。
というかそんな余裕もない。
そのように試合に対して準備出来た状態にもかかわらず、スピードに自信があった選手たちがあっさり抜き去られ追いつけなくて、『マジか…』となりました。

ただ、『こういうのあるんだ』と分かってからはほとんどその選手にはやらせず、その後の失点のほとんどは外からのクロスを合わせられたというもの。
ここについてはこれから練習していけば改善できるので大丈夫。

試合前には守備面と攻撃面でひとつずつ、計2つのことをやってみようと話しました。

守備面ではしっかりとやろうとしてくれて、『こうゆうことね』と理解できたはず。
多分これがなかったらもっと失点していたと思う。

攻撃面の方では習慣づけが必要で、個人個人がどれだけこれを毎プレー毎プレーすることができるかにかかってきます。
これが出来れば必ず良いプレーが出来るし、これが出来ないとプレーは狭まり間違いなく良くなりません。
サッカーの肝、とも言える部分なので意識してプレーし続けてほしいです。


これだけやられても諦めてしまわず、ボールを何度も奪いに行き..でも躱されて、でもまた走って奪いに行って。
試合が終わって、またやりたい?と聞くと、やりたい!という選手も多くいました。
スタートしたこの段階で早くも目標となるようなチームに出会えて有り難かったです。
エンジョイSCさんありがとうございました、またぜひ再戦お願いします。


本当にこれから、という段階なので多くを求めることはないし、ひとつひとつクリアしていけば良いと思う。
でも伝えていきたいことはとてもたくさんあります。
たくさん教えてくれる!と楽しみにして毎回練習に来てもらえたらうれしいですね。
そうなるように頑張りたいと思います。

保護者の皆様、応援ありがとうございました。
a0109314_15350692.jpg
a0109314_15361117.jpg
a0109314_15370073.jpg



by gsfc15 | 2019-04-12 15:37 | 27期生 | Trackback | Comments(0)
2019年 03月 26日

新U-13練習試合

2019.3.25(月) 天候 晴 会場 大和ゆとりの森
対戦相手: かながわクラブ、YTC、エストレーラ、FC66

【5チーム総当たり 4試合(25分ハーフ)】
①GSFC 6(4-0)1 かながわクラブ
得点:村上-A手島、桐山-A染郷、村上(直CK)、池田-A村上、大柿-A見田、村上

②GSFC 1(0-0)1 YTC
得点:花見-A渡邊

③GSFC 1(1-3)5 FC66
得点:見田

④GSFC 1(1-1)4 エストレーラ
得点:見田

前日に3年間を終えた子供たちを送り出しました。
その時の様子はまた後日ご報告…

その翌日のこの日は新たに3年間をスタートさせる子供たちの初陣。
本当にサイクルが早い...ですが子供たちにとっては一度しかない3年間。
私もまたパワーを持って、子供たちと向き合って行きたいと思います。

本日は25分×8本=4試合(9人制)を15人で行いました。
朝も早く、初めての場所で自分たちの足で会場に行くのも初めて。
既にちょっとお疲れ気味?に加え、小学生時にはやったことがないくらいたくさんの試合に面喰いながらもなんとか最後までけが人もなくやりきりました。
ここから逞しく育ってほしいと思います。

何より、また新しい物語の始まりです。


a0109314_00032033.jpg
a0109314_00010928.jpg
a0109314_00034496.jpg
a0109314_00040126.jpg
a0109314_00043697.jpg
a0109314_00045934.jpg
a0109314_00051932.jpg
a0109314_00054085.jpg
a0109314_00055606.jpg
a0109314_00064167.jpg
a0109314_00073149.jpg
a0109314_00081712.jpg
a0109314_00083272.jpg
a0109314_00085546.jpg
a0109314_00090925.jpg
a0109314_00092578.jpg
a0109314_00094109.jpg
a0109314_00095315.jpg
a0109314_00100677.jpg
a0109314_00101689.jpg
a0109314_00102680.jpg


by gsfc15 | 2019-03-26 00:19 | 27期生 | Trackback | Comments(0)