横浜GSFC U-15

yokohamags.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2018年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2018年 10月 22日

10月20日(土)U-14リーグ最終節vsジュニオールJY

2018/10/20/土/晴れ/13:45kickoff/U-14リーグ/ジュニオールJY/@河畔スポーツ公園


GSFC2(1)‐(1)1ジュニオール

20分失点
30分正輝PK

30分泰輝


【前半】
関野  松本  長曽(今井)
  北原  綿貫(峯山)
    豊田
岩崎      新田
  廣重  田口
    筒井   


【後半】
関野  松本  今井
  北原  峯山
    豊田
岩崎      新田
  廣重  田口
    筒井   



U-14リーグ最終節は、怪我人(2名)を含めた14人全員+U-13から1名を招集した15名で挑みました。

公式戦において、未だ勝利のなかったこの代にようやく歓喜の時が訪れました。




怪我の多いこの頃、2名が試合に出られない状況でしたが、14人全員がちゃんと揃いました。
到着後は特に緊張感はなく、とてもリラックスしている様子。

アップも終始楽しみながら終え、いつも緊張している子達なので、今日はこのままの雰囲気でも、、、と思いましたが、やはり最終節であり緊張感を楽しめるようになってもらいたいので最後に圧をかけて送り出しました。


相手は個人技の上手い選手が多く、立ち上がりはその勢いに押され守備に追われる一方で、奪った後もパスが通らずまた攻められの繰り返しで、よく頑張って全員で守ってはいましたが、奪った後に一安心して足が止まってしまうので全く攻め手がありませんでした。

プレッシャーに押しつぶされるいつも通りの立ち上がりではありますが、粘り強く守ったカウンターから松本→長曽でワンチャンスを作り出しましたがゴールは奪えず。

20分、サイドからの個人技で2人が同時に交わされその流れで失点して0-1。

DFラインはよく耐えていましたが、同サイドから攻められる回数が多すぎましたね。


個人技が上手な選手に対して圧倒的に『奪う』能力が足りず、ポジショニング・アプローチ・カバーリングは良くてもどんどん前に運ばれてしまう中盤と前線の選手を交代。

この2名の選手には伝えましたが、今日の相手には良さより悪さが目立ってしまっていたので交代しました。


2名が変わり、高い位置で奪えるようになって、やっと落ち着いて判断出来るようになったので、サイドバックにビビらず攻撃参加するように伝えました。

そして30分、先週から絶不調に悩み苦しみ続けた選手からのパスを受けた今井が強引に運びセンタリング、ペナルティーエリア内で待っていた関野は打たずにドリブルドリブルドリブルで倒されてPKを獲得。

打つのが恐かったようでしたが、自分の中でしっかりと形を持って得たPKでした。

誰が蹴るかと思いましたがしっかり自分でボールを持って来て自ら決めてくれて、初めて追いつきました。

その後もDFライン・GK含め全員でなんとか守りきりハーフタイムを迎えました。

『運が良かった』と子供たちが言うほどひやひやする5分間でした。


ハーフタイムには再確認のみ、『個人技を使ってくる』ということと『恐れず前に出ていく』ことの二つだけ。


攻められ続け相当疲れていましたが、追い打ちをかけるように相手はCBとGKなどを残し半分以上交代。


交代選手はどんな感じなのかまた測らなければいけなくなりましたが、相変わらずの個人技でした。


疲れてはいるが、後半スッと試合に入れたのはこちらの方で、個人技に負けない球際の強さでボールを奪い、抜かれても粘り強くついていき、奪ってからは前へ出ていく選手達。

どちらが決めてもおかしくない時間が永遠に続き、気づけば後半ラスト5分でした。



このところずっと調子が良かったけど、この日はあまり『らしさ』が出せていなかったFW。

何度も心が折れそうになりながら、チームの為に必死に走り続けたそのFWにボールが入る。

DFラインが揃った状態で受けたボールを得意の上体フェイントから右へ右へ持ち出し、ゴールから少し外れた角度から体をひねってシュート、打った瞬間に雄たけびを上げたFW、ボールはGK触れず綺麗にファーサイドへ吸い込まれていきました。


決してビックチャンスではなかった。

どれだけこの瞬間を待っていたかと思うと、涙が出そうになりましたが堪えて、最後の笛が鳴るまで見守りました。

得点後も最後まで気の抜けない展開が続き、DFラインは膝や腰に手をつくほど疲れ切っていましたが、なんとかなんとか耐えきって初勝利の笛が鳴りました。










ずっとこの代には、足りないのは『自信』だと言い続けてきました。

『写真を撮ったら負ける』『親が見に来たら負ける』『親が見に来たら調子が悪い』など、何かと言い訳を作って逃げようとする。

自信が無いからたくさん言い訳をしてしまうし、自信が無いからすぐ心が折れてしまうし、自信が無いから誰かにあたってしまう。

本当は勝つ所を見せてあげたいし見てほしいけど、負けるところを見せたくないから『来ないで』と拒絶してしまう。

自分もそうだったのでよく分かります。

ラスト1年を切り、あっという間に中学生年代最後の日を迎える事でしょう。

その最後の時は全員の口から、『試合を観に来てほしい』と言える自信を持たせてあげられるように、共に成長していきたいと思います。


本当にお疲れ様でした。



by gsfc15 | 2018-10-22 13:20 | Trackback | Comments(0)
2018年 10月 21日

U-13 練習試合

2018.10.20(土) 天候 曇り 会場 今川こうえ
対戦相手: FstudioいのやまJY

25分×4本     G=得点 A=アシスト

① 横浜GSFC 1-3 FstudioいのやまJY
G 堀 A 東川

② 横浜GSFC 0-1 FstudioいのやまJY

③ 横浜GSFC 1-1 FstudioいのやまJY
G 小林 

④ 横浜GSFC 0-2 FstudioいのやまJY


a0109314_11562607.jpeg
a0109314_11563640.jpeg
a0109314_11564524.jpeg
a0109314_11565461.jpeg
a0109314_11570289.jpeg
a0109314_11571173.jpeg
a0109314_11572761.jpeg


by gsfc15 | 2018-10-21 11:52 | Trackback | Comments(0)
2018年 10月 17日

10月13日(土)TRM U-14/15 OSA

2018/10/13/土/晴れ/11:30~30分×3本/@星槎大学湘南大磯キャンパス

1本目

GSFC 2-1 OSA
失点
陸人A悠翔
FK海空也


関野    松本   陸人
   豊田    北原
        林
海空也        新田
    廣重  田口
       筒井


2本目

GSFC 1-0 OSA
武丸A照之


早川    本間    長曽
   綿貫    峯山
       北原
岩崎          新田
    廣重  田口
        筒井


3本目

GSFC 2-1 OSA
透真CK夏颯
失点
正輝A海空也



関野    松本    林(海空也)
   海空也(豊田) 綿貫(峯山)
        北原
廣重(岩崎)       新田
    岩崎(廣重)田口
        筒井

人工芝の良い環境で試合をさせていただきました。

U-15の選手にはどこでプレーしたいのか聞いて1本目は出てもらいました。

この日は珍しくサイド攻撃が多く、得点シーンこそU-15のメンバーが関わるシーンばかりでしたが、また新たな形が加わったように感じました。

その中心となったのがSBの攻撃参加です。

タイミングの良いオーバーラップからシンプルなクロス。

その質がより精度を増し、相手ゴール前にボールが侵入する回数が増え、こぼれ球を拾ってまた突破(ゴリゴリ)に向かうという流れはとても迫力がありました。

その流れから得点シーンを生み出せなかった事は残念でしたが、可能性の高い武器になることを予感しています。


少し前までは、中盤でボールを回し、中央→中央→中央で攻め向かうシーンが多く、たまに起こるサイド攻撃もアクセントにはならず、攻め手は中央突破か、2列目からの追い越しがメインとなり、常に一番難しいゾーンで攻めきらなくてはいけませんでした。

しかし、今回のようにサイド攻撃の質が上がれば相手の守備は自然と広がり、中央が空き、『崩し』が効果的に行えます。
中央での崩し、二列目からの追い越し、サイド攻撃、少しずつ攻撃のパターンは個人も含め増え続けています。
そして後は誰がミドルシュートを効果的に行えるか、というところです。

守備面では、プレーしている本人達が原因不明の失点は起きていません。
だからこそ、一人一人の守備の質(個)を上げていく事が今後の課題です。


U-15の攻撃の勢いというかパワーをもらって、今週のU-14リーグ最終節へ向けて整えていきましょう。

お疲れ様でした。

a0109314_14594746.jpg



by gsfc15 | 2018-10-17 15:01 | Trackback | Comments(0)
2018年 10月 13日

U-13 練習試合

2018.10.13(土) 天候 曇り 会場 星槎湘南スタジアム
対戦相手: OSA (奥寺スポーツアカデミー)

30分×3本     G=得点 A=アシスト

① 横浜GSFC 1-1 OSA
G 堀

② 横浜GSFC 4-1 OSA
G 堀
G 今井
G 今井 A 岩村
G 今井

③ 横浜GSFC 0-1 OSA


a0109314_20560786.jpeg
a0109314_20562160.jpeg




ん?
a0109314_20563954.jpeg
どんな状況でしょうか?
むしろ、この決定的な写真をピンポイントで撮った笠原コーチ、、、、

写真撮りながら笑ってしまいました(笑)




by gsfc15 | 2018-10-13 20:48 | Trackback | Comments(0)
2018年 10月 12日

高円宮杯JFA U-15サッカーリーグ2018神奈川県大会 2ndステージ 第4節

2018.10.8(月) 天候 晴れ 会場 東扇島公園
横浜GSFC 3(0-1)2 ヴィクトワールSC
得点:佐藤(PK)、佐藤、大平-A櫻井

a0109314_01023514.jpg
a0109314_01025294.jpg
a0109314_01031287.jpg
a0109314_01032813.jpg

『いやぁ~カンペキっしょぉ~』 

という自画自賛のスペシャルショットはご覧の通りの結果です。


さて、試合ですが前節よりさらに2年生の割合も増えて、となりました。

この日はGK含め5人中4人が2年生のDFラインでしたが相手の攻撃を予測して果敢にボールを自分から潰していく、かつ微妙なボールは無理せず跳ね返していく、という判断の部分も素晴らしく、安心して見ていられました。

が、攻撃面では前線の選手が効果的なプレーができずほとんど形にならず。

攻撃面では正直、手を加えなきゃいけない部分が多すぎてどっから改善しようか..。
すでに動いている試合の中で多くの修正を求めるのは逆に混乱を招くこともあり、どの場面でどう伝えるか、難しさを感じていました。
できれば失点は0点でハーフタイム帰ってきて..と願ってましたがそういう時ほど決まって失点しますね。

言いたいことはたくさんあったのですが、ハーフタイムはとりあえず根本的なところの確認と、外から見ている今の状況をフラットに伝えつつ、相手の立場にも立って客観的に自分たちのプレーを認識させるよう努めました。

選手たちの頭の整理が一番簡単で上手くいけば即効性もあることを伝えたのですが、ダメだったら次の手かな、と思って送り出すと後半開始早々悠仁の個人技から相手のハンドを誘いPK。
いつもは自信たっぷりの海空也ですが、合宿で止められたのがよぎったのかな?蹴る前ちょっと落ち着きなかったですが(笑)きっちり決めて同点。
数分後にまたも悠仁の突破、センタリングから相手のクリアミスを海空也がダイレクトで押し込んで逆転。

さらに、二度あることは三度悠仁。
ペナルティエリア内に侵入してごちゃついて後ろを向いてしまい、シュートは打てない..と思ってたらいきなりのヒールパス!
そしてなぜかそこにしっかり陸人が走り込んでる!
強烈シュートで股抜き!!
のダメ押し弾。

2点のアドバンテージを得て、相手の追加点は1点に抑えて逃げ切れることが出来ました。

前半試合をコントロールしていた相手からしたら心折れるような、マジかよなんだそれ..みたいな3つの得点だったと思います。

3年生の良さは『個』の強さ。
これはサッカーにおいても、性格面(笑)においても。
劣勢でもそれを跳ね返すベースの強さがあります。

ただそれをどう発揮するかが前半は圧倒的に足りていなかった。
後半は相手ペナルティエリア付近で個を発揮する回数を増やした、それだけで3点をもぎ取って見せました。
海空也や悠仁がゴールの近くでプレーするのは間違いなく『相手の嫌なこと』で、攻めてこない2人は『相手の楽なこと』です。
ゴールする力があるのだからまず1番はゴールできる場所にいないと、というのは個の怖さがある3年生に良く言う言葉。

いろんなものを身につけて(身につけさせられて)、色々なことが出来てそれを使いたくなる分、サッカーの目的(ゴールを奪う、ゴールを守る)から離れてしまう事も多々あって。

前節の振り返りにもあった、『勝つためにどうしたらいいか』。
サッカーが上手い選手(技術的なことではなくて)ほど、そういうことばっかり考えているような気がします。

でもこちらの意図を理解して、アクションを即座に起こして結果につなげてみせるところには成長を感じました。

2年生は初スタメンの選手も多く少し心配はありましたが、始まってみたら気持ちもしっかり入ってむしろ頼もしいくらい。
ただまだ2年生らしさは引き出せてあげられず、もっと良くなると感じています。

3年生とは対極にある良さを間違いなく備えているので、対極にある分難しいですが互いに足りない部分を補完しあえれば素晴らしいチームになると思います。
楽しみが増えましたね。

リーグ戦後には試合の出場時間が少なかった2年生を中心に練習試合もさせてもらいましたが、ひとりひとり特徴がはっきりしてきて自信を持ってプレー出来ていました。
練習や試合を見ていても進んでいる方向は間違っていないと思うので、これまで通り前向きに取り組んで欲しいと思います。


a0109314_14353736.jpg
保護者の皆様、応援ありがとうございました。


by gsfc15 | 2018-10-12 14:37 | Trackback | Comments(0)
2018年 10月 10日

10月6日(土)U-14リーグ vs LONDRINA

2018/10/6/土/曇り/9:00kickoff/@開成水辺スポーツ公園

GSFC0(0)-(2)3LONDRINA

1分失点
20分失点

23分失点

【前半】

正輝   泰輝   龍生(今井)
  隆介(照之) 夏颯(優士)
    優士(夏颯)
透真       悠翔
    陸   康平 
     翔風 


【後半】

正輝   泰輝   今井
  照之(隆介) 優士
     夏颯
透真       悠翔(龍生)
    陸   康平 
     翔風 



雨上がりの天然芝のグラウンドは、少しボールが伸び、地面もぬかるみ、思った以上に踏ん張りの利かない状態でした。



立ち上がり1分、珍しく開始早々失点からのスタート。

自陣地でのスローインを横で受けたボールはグラウンドの状況を把握できていなかったのか、コントロール出来ず、相手に奪われそのままふんわりと打たれたシュートはキーパーの頭上を綺麗に越されて失点。

開始前、開始早々から「立ち上がりは前へ」と伝えていましたが、思った以上に滑る芝に苦戦したのかキックが当たらず相手のDFを越えないキックから、押し込まれて失点、このなんでもないワンチャンスを決めてくる所が流石でしたが。。。

失点後はいつも落ちるのがこの代の良くないところでしたが、U-15リーグを肌で感じているおかげか『取り返すぞ』と前向きな声掛けが飛び交い、もったいない失点ではありましたが、雰囲気が変わらず集中力も切れなかった事を評価出来るシーンでした。

その後は少しグラウンドに慣れるまで止める→蹴るがおぼつかず、攻められる時間帯が続きましたが、DFラインを含め集中力が切れなかったお掛けで何とか耐え凌ぎ、FWにボールが繋がりだしてからはやっと落ち着いて試合を観れるようになりました。


中盤と前線の流動的な動きにつられて、両サイド(特にこちらの右サイド)が空いてしまい、23分にはサイド攻撃から失点、またしてもGkの頭上をふわりと越えるようなシュートで決められました。

相手チームのゴール前の落ち着きようは本当にすごかったです。


0-2となると、『今日もダメか』となるのが定石なのですが、『点を奪えるイメージ』があるのか、誰一人として引くことはせず、前に前にと出ていく選手が増え、カウンターからシュートまでの形を何度か作る事が出来ました。


ハーフタイムには相手の攻撃の仕方を確認して、守備の立ち位置を確認して送り出しました。



後半に入ってからは、苦戦していた流動的な攻撃をDFラインがしっかりとコミュニケーションをとって早い段階で潰すと、攻撃へのスイッチが入る位置も高くなり、ゴール前まで行く回数が増えてきました。



しかし、点が入らない。。。


攻められる時間帯や回数は相手の方が勝っていましたが、決定的な場面は間違いなくこちらの方が多かったです。


しかし、体力的にも集中力が切れる時間帯に、サイド攻撃から2人交わされ、最後はカバーでずれたフリーの選手に合わせられて失点。


チーム全体で良く守ってはいましたが、ビックチャンスで点が入らないとこういう失点になるよねといういつもの形で3失点目はやられましたね。



その後も、最後まで攻め続けては入らずの繰り返しで、試合が終了しました。




この試合の2日後に行われたU-15を観ても感じましたが、『ゴール前に行く迫力』『点を獲る能力』というものがU-14の選手には必要だなと。


U-14のゴールシーンと言えば『上手い』『綺麗』で、U-15のゴールシーンといえば『それ決めるか』『すげー』というように、アイデアの意外性が集中力を持った相手DF・GKの意表を突くのでゴールシーンが生まれています。


もちろんU-15もそれだけではないのですが、ゴール前ではこういった意外性を持っている選手がやはり必要で、そして、この代のゴールのベースである『崩し』終えたラストの部分の制度を上げる事が、『勝つ』ことに繋がっていくと感じています。



今月20日にU-14リーグ最終節が入りました。
ラスト1年間に向けて、勝って来年を迎えましょう。

a0109314_12100259.jpg


by gsfc15 | 2018-10-10 12:11 | Trackback | Comments(0)
2018年 10月 09日

U-13 練習試合

2018.10.7(日) 天候 晴れ 会場 新横浜公園第1運動広場
対戦相手: 秦野FC

25分×4本     G=得点 A=アシスト

① 横浜GSFC 0-0 秦野FC

② 横浜GSFC 1-1 秦野FC
G 塚原 A 松野

③ 横浜GSFC 0-0 秦野FC

④ 横浜GSFC 0-2 秦野FC


a0109314_14484077.jpeg
a0109314_14485192.jpeg
a0109314_14490472.jpeg
a0109314_14491404.jpeg
a0109314_14492577.jpeg
a0109314_14493763.jpeg
久々ですが、のんちゃん写真!
a0109314_14501478.jpeg



by gsfc15 | 2018-10-09 14:45 | Trackback | Comments(0)
2018年 10月 08日

高円宮杯JFA U-15サッカーリーグ2018神奈川県大会 2ndステージ 第3節

2018.9.24(月) 天候 晴れ 会場 南足柄市総合G
横浜GSFC 2(2-1)2 AZエスペランサ
得点:大平-A佐藤、大平-A櫻井

久々のリーグ戦もまだ3節。
この日を含めてあと7試合をU-14とともに戦います。

U-14も帯同して初めての試合だったので期待より不安の方が大きかったですが、きっちりいい意味で裏切ってくれました。

3年生のまさに『個の力』が際立った海空也と陸人のハンパないプレーであっさりと2-0とし、その後も輝のビッグセーブ連発と守備陣のがんばりで凌いでいました。
前半最後に1点失うも、まだ1点のアドバンテージ。
ただここからは追われる苦しさ…こちらの時間が全く訪れず、最終的には押し込まれて引き分けてしまいました。
というか相手CBのヘディングが強すぎて誰も競り勝てない...これが一番堪えました。

それに対してロングボールを蹴らずに地上戦で戦うとか、2-0で勝ち切る戦い方をするという引き出しは不足。

技術やサッカーらしい戦術も大事だけれども、もっと根本的な『勝つためにはどうしたらいいか』という当たり前の事を常日頃から考えて実行する習慣は必要だなと感じます。

それでも相手は全員3年生、そしてU-14リーグの時は完敗した相手に互角以上の戦いが出来たことが本当にうれしかったです。
個の力は十二分に通用してた。

2年生も体格、スピードの優る上級生に必死でくらいついて一生懸命がんばってくれました。
残りの6試合、来年につながる経験値を得られると期待しています。


保護者の皆様、遠いところ応援ありがとうございました。

a0109314_01075643.jpg
何故かこの並びに…笑


by gsfc15 | 2018-10-08 01:10 | Trackback | Comments(0)
2018年 10月 08日

2018年度  高円宮杯JFA 第30回 全日本ユース(U-15)サッカー選手権 神奈川県大会 3回戦

2018.9.1(日) 天候 晴れ 会場 かもめパーク

横浜GSFC 0(0-1)2 FC厚木DREAMS


更新遅くなりました。

なかなかうまく振り返ることが正直できず。
この試合が終わって練習に来る選手が日に日に少なくなっていった気持ちも分からんでもなく。

ただ、それではいけないと分かっていながらこのようになってしまい…とっても反省しています。

でもそのくらいこの試合に勝ちたかった、というよりこの子たちともっと一緒にいたかった、毎日顔を合わせて向き合っていたことがどれだけ自分にとって大事だったのかということに気付かされました。

試合が終わりこうすれば良かった、ああすれば良かったはやっぱり…ある。
この日は確かに私たちのベストゲームでは無かった。


でもこれは3年間のたった1シーン。
ここまでのがんばりや努力、たくさん素晴らしい試合も、こちらの想像にない驚くようなプレーも一番近くで観てきた。

ここ一番で力を引き出してあげれなかったことは本当に心残り。

だけど私は3年間

『こいつらスゲーな』

って思ってずっとみんなのサッカーを観てきました。


最終章ものこり僅か。

それぞれの道に、それぞれが悩みながらも進み始めているようですが、どちらにしろ彼らの進む先は新たな物語。

みんななら次のステージで必ず活躍できるから、そのために自分が決めた今やるべきことを精一杯がんばって下さい。

ひとまず、お疲れさまでした。

a0109314_07261147.jpg
a0109314_07263184.jpg
a0109314_07293056.jpg
a0109314_07271426.jpg
a0109314_07273375.jpg
a0109314_07275093.jpg
a0109314_07280951.jpg
a0109314_07283043.jpg
a0109314_07290935.jpg
a0109314_07301454.jpg
a0109314_07304647.jpg
a0109314_07310881.jpg
a0109314_07331548.jpg
a0109314_07320958.jpg
a0109314_07323727.jpg
a0109314_07342492.jpg
a0109314_07344488.jpg
a0109314_07345609.jpg
a0109314_07352937.jpg
a0109314_07354750.jpg
a0109314_07360161.jpg
a0109314_07363183.jpg
a0109314_07364636.jpg


by gsfc15 | 2018-10-08 00:56 | Trackback | Comments(0)
2018年 10月 04日

9月22日(土)U-14・15TRM伊勢原中学校


2018/9/22/土/10:00~14:00/TRM/伊勢原中学校/@伊勢原中

30分×3本

1本目
GSFC3-1伊勢原中

失点
悠仁(U-15)A海空也(U-15)
優A康平
正輝A悠仁

2本目
GSFC2-1伊勢原中

失点
正輝
優士

3本目
GSFC2-1伊勢原中
正輝A康平
失点
海空也



a0109314_11253847.jpg
a0109314_11251796.jpg
a0109314_11245382.jpg
a0109314_11243079.jpg
a0109314_11240935.jpg
a0109314_11234566.jpg
a0109314_11232372.jpg
a0109314_11221512.jpg
a0109314_11215753.jpg

a0109314_11294578.jpg
a0109314_11292004.jpg
a0109314_11290316.jpg
a0109314_11283558.jpg
a0109314_11281906.jpg
a0109314_11275571.jpg
a0109314_11273467.jpg
a0109314_11264396.jpg
a0109314_11262674.jpg
a0109314_11260026.jpg

a0109314_11295966.jpg



by gsfc15 | 2018-10-04 11:01 | Trackback | Comments(0)