横浜GSFC U-15

yokohamags.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2018年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2018年 11月 28日

11月24日(土)U-14.15 TRM 関東学院大学付属中学校

2018/11/24/土/晴れ/15:00~18:00/@関東学院大学(人工芝)/半面15分×6本+全面20分×3本

vs関東学院大学付属中学校

ーー半面ーー

1本目
3-5
夏颯
たけまるA龍生
失点
失点
失点
失点
夏颯
失点

  たけまる
 夏颯  照之
正輝 康平 龍生
   翔風

2本目
2-0
優士A泰輝
隆介A泰輝

   泰輝
 隆介  優士
陸  ひろと  凜也
   翔風

3本目
3-0
りくと
たいじゅ
龍生

     りくと
  みくや  たいじゅ
たけまる 康平  龍生
    翔風

4本目
3-0
泰輝A照之
夏颯
泰輝

   泰輝
 夏颯  照之
正輝 ひろと 凜也
翔風

5本目
6-1
隆介
りくと
りくとFKみくや
りくと
FKみくや
たいじゅ
失点

     りくと
   優士  隆介
たいじゅ みくや    陸
      正輝

6本目
3-0
たけまるAみくや
たけまるA龍生
たけまるAみくや

  たけまる
みくや  照之
正輝 康平 龍生
   夏颯

ーー全面ーー

1本目
2-0
泰輝Aりくと
隆介

たけまる 泰輝  りくと
   夏颯  隆介
     優士
正輝        陸
  ひろと  康平
     翔風

2本目
2-0
照之Aみくや
みくや

正輝  たけまる 凜也
  みくや  照之
   たいじゅ
ひろと     龍生
    陸 康平
    翔風

3本目
4-0

FKひろと
泰輝
隆介Aみくや


たけまる 泰輝  りくと
(たいじゅ)
   夏颯  隆介
  (みくや)
     優士
正輝          陸
  ひろと  康平
     翔風


人工芝の良いグラウンドで練習試合をさせていただきました。

3時間のうち2時間は急遽半面7人制での試合となりました。
7人ずつだったので前日の試合に来れなかった子を中心に出場させる予定でしたが思ったより均等に組めました。。。

待ち時間もボールに触れている様子がうかがえたので、何とか体を冷やすことなく終えられました。

相手チームにも4名ほど3年生がいたようで丁度良かったです。


7人制のゲームに関しては、まずもっと楽しめたのではないかと思います。
半面の7人制という少し試合っぽくない雰囲気に負けて気合の入っていない選手がチラホラ。
せっかく人工芝なのにもっと楽しそうにサッカーすればいいのになーと感じ、グダグダサッカーしてほしくなかったので途中で一喝しました。

気合の入ってる選手がちゃんといただけに目立ってしまったという事もありますが、呼んでいただいた相手チームにも失礼のないよう常に全力で取り組んでもらいたいです。


全面11人制の試合では、大学のグラウンドという事もあり大きく広く感じたようでしたが、動きやプレーがハッキリと見えて、何が良くて何が悪かったのかしっかり観察できました。









各ポジションで求められている事は違い、それはフォーメーションによっても指揮をとる人によっても変わっていきますが、根本的な部分は同じだと言えます。

その根本的な事とは何か?

『点を獲る事』と『点を獲られない事』の二つだと言えます。

その為に
何をしなければいけないか?
何をしてはいけないか?

そこに違いがあるから『考える』ことが必要だと言えます。

そして私は特に、何をしてはいけないか?という部分を重点的に観ています。

点を獲るパターンは理解しがたい事も多いですが、点を獲られるパターンは明らかな原因があります。

さらに、1点獲っても1点失えば勝てませんが、1点を失えば2点獲らなければ勝てないという決まりがついてきます。

それほど、失点するという事は勝つ事が難しくなる要因です。

特に、自陣のゴールから近ければ近いほどこの感覚が間違いなく求められていると言えます。


この日の試合を観ても各所で見受けられましたが、どの選手も毎回同じことをしてしまいます。
そして、そのプレーはすぐにでも改善出来る選手がほとんどです。

厳しい事を言うようですが、その一人一人がやってしまう『失点に繋がるプレー』を改善出来なければ、上では通用しません。

自分の持っているたくさんの良い部分より、たった一つの悪い部分が目立ってしまっては本当にもったいないです。

自分でわからない場合は聞くしかないです。

自分で分かっているのに変えられないのは本当の原因が分かっていないからでしょう。

今のうちに悪いクセは直しておきましょう!



それにしても本当に良いグラウンドで試合が出来ました。

ありがとうございました。

最後に、3連休3連戦本当にお疲れ様でした。

a0109314_13244783.jpg
この感じを撮りたかったのに
a0109314_13230375.jpg
なぜこうなったのか。。。
a0109314_13235616.jpg



by gsfc15 | 2018-11-28 13:01 | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 26日

U-13 練習試合

2018.11.25(日) 天候 晴れ 会場 常盤公園
対戦相手: FstudioいのやまJY

25分×4本     G=得点 A=アシスト

① 横浜GSFC 0-1 FstudioいのやまJY

② 横浜GSFC 1-3 FstudioいのやまJY
G 新井

③ 横浜GSFC 0-0 FstudioいのやまJY

④ 横浜GSFC 2-0 FstudioいのやまJY
G 堀 A 武内
G 今井 A 堀



by gsfc15 | 2018-11-26 14:41 | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 25日

2018年度 神奈川県U-13リーグ2ndステージ第1節

2018.11.23(金・祝) 天候 晴れ 会場 中井中央公園
10:45 KO


横浜GSFC 1(0-3)3 P.S.T.C.LONDRINA JY
G 塚原(FK)


【総評】
1stステージが終わり見えた課題やチームの良さを伸ばす期間を経て今日から2ndステージが開幕しました。
今日の試合は昇格に繋げる為にもなんとか勝って終わりたかったのですが、結果はともかく内容は散々でした。

テスト明けで身体が重そうな選手がちらほら。
明らかに動けていませんでした。また、緊張からでしょうね、慌ててしまうシーンや相手のプレッシャーによって時間と余裕を持てるような位置取りが出来ず悪い形でボールを奪われるシーンもありました。しかしその中でも数多くのチャンスを作れてましたしビッグチャンスも数回ありましたが決め切れず今振り返ると前半に1点でも取れてればもう少し面白い展開になったかなと思います。

結局、前半に少ないチャンスで確実に3点取った相手チームとの差が表れた前半であり、後半は互角以上にボールを保持出来てチャンスも数多く作れましたがFKの1点のみ。。。

リーグ戦は内容は勿論ですが、結果も求めます。

開幕スタートには失敗しましたが、試合後のミーティングで子供達に発言させてチーム全員で問題は共有出来たし、次のリーグ戦に向けて選手全員が同じベクトルで進んでいきたいと思います!


保護者の皆様、今節は遠方での試合にも関わらず沢山の方にお越し頂き、熱いご声援ありがとうございました!

今節は悔しい結果となってしまいましたが、2ndステージはまたまだ始まったばかりなので、今まで通り変わらぬご声援宜しくお願いします!



《リーグ通算成績》  0勝1敗



a0109314_01272429.jpeg
スターティングメンバー
a0109314_01274829.png
a0109314_01280363.jpeg
a0109314_01282044.jpeg
a0109314_01283639.jpeg
a0109314_01290221.jpeg
a0109314_01292397.jpeg
a0109314_01301798.jpeg


by gsfc15 | 2018-11-25 01:04 | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 22日

高円宮杯JFA U-15サッカーリーグ2018神奈川県大会 2ndステージ 第6節

2018.11.17(土) 天候 晴れ 会場 南足柄市大口河川敷
横浜GSFC 2(2-1)3 SCD
得点:大平-A本間、大平-A北原


色々なものが重なってある意味噛み合って、噛み合わなくて。

なので多くを求めるわけではありませんが、これがサッカーだということ。


いけると思った瞬間、ひとつのつまづきにより歯車が狂っていく。

勝ちたい願うほど、頭と身体のしなやかさは失われていく。

掴みたい、掴みたいと思うほど、その手から零れ落ちていく。

難しく、複雑で。
でもこれがサッカーの魅力とも思う。


勝たなければならない、という力みが良いプレーを生み出せなかったのは明白で、さらにテスト明けの身体的な不調も重なって複数問題を抱えてしまっていた。

こういう試合はサッカーを続けていたら少なからず出会うもの。
失点も、その後のプレーぶりもこれはもう経験。

ただ、追いつかれての選手たちの動揺とアクションは少し想定外だったことは私の見立て甘く、もっと良い声かけが出来ていればと反省しています。
ピッチ内では思っているほど余裕はなく、会話もして確認もしましたが強がりもあったのかもしれませんね。


もやもやと何か残る感じもありますが、実力を出し切っての負けではないのでその辺りは気にせず忘れてもいいくらい。
経験は経験として、次の試合に切り替えましょう。

おつかれさまでした。


a0109314_14460190.jpg



by gsfc15 | 2018-11-22 14:47 | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 19日

11月18日(日)TRM CBC U-13.14.15

2018/11/18/日/晴れ/TRM/CBC/@田奈高校/25分×5本

1本目
GSFC 2-0 CBC(U-14)
ひろと
泰輝A夏颯

ひろと 泰輝 凜也
(みくや)
  夏颯  照之
    優士
塚原      龍生
   透真  康平
    翔風

2本目
GSFC 2-0 CBC
今井
松尾A小林

   岩村 石川
小林 坂本 川柳 今井
    船久保 
 松尾 五十嵐 新井
    伊東

3本目
GSFC 4-0 CBC
今井Aゆうじん
凜也
今井Aゆうじん
夏颯A優士

今井  泰輝  凜也
  夏颯  照之
     優士
ゆうじん    龍生
   透真  康平
    翔風

4本目
GSFC 0-1 CBC

    岩村 石川(松尾)
小林 坂本 川柳 松尾(石川)
    船久保 
 塚原 五十嵐 新井
    伊東

5本目
GSFC 9-0 CBC
泰輝FK康平
今井
みくやA泰輝
泰輝A照之
みくやA透真
優士
泰輝A夏颯
泰輝
OG((凜也))

今井(みくや)泰輝  凜也
    優士  照之
      夏颯
ひろと(今井)    龍生
     透真  康平
      翔風



当初の予定に反してたくさん来てくれました。

前日にU-15リーグもあったので3年生は25分ずつでてもらいましたが、3年生がボールを持つたびに『速すぎる』『うますぎる』と相手ベンチから歓声があがり続けておりました。

U-14の方はテスト明けという事で動きも悪いだろうと思って観ていましたが、技術的な部分でボールタッチがおぼつかないシーンは多々見られましたが、考え方はしっかり整理されていて、最後まで集中力途切れることなく帰って来てくれました。

帯同してもらっているフィジカルコーチからもU-14は全体的にコーディネーションが上がって来たねとやっと言ってもらえたのでこれからがとても楽しみです。
怪我人が相変わらず出てしまっているので、年明けには全員揃ってまたスタートしたいですね。

U-13には『自分の長所を見せて欲しい』という事を伝えました。
上手な子、上手になった子が多く、ある意味誰が出てもあまり力の差は無いように感じるこの頃のU-13。
ですが、やはり消極的、というより真面目過ぎるせいか、『自分らしさ』が見えない選手が多い。

『自分ってどんな選手?』って一人一人言えるのかなーと。
チームスポーツであっても十人十色で、俺はこれが出来るけどあれは出来ない、とか、俺はこれしか出来ないけど誰にも負けない、とか、たぶんみんな持っていて、それは本当に一人一人違うモノを持っているように感じています。

ですが、試合中は『あなたは誰?』と思います。
プレーを見るだけで『あ、〇〇だ』って分かるような表現をしてくれる子が少なすぎる。

チームとして向かっている形をみんなが同じようにやろうする、それはすごく良い事だし素直で良いなとも思う反面、『自由』と言ったらまた違うのかもしれませんが『自分』ですかね、そこがないと『誰が出ても同じ事は出来る』けど、『誰が出ても状況が変わらない』ままになってしまいます。

相手にとってこれほど楽な事はありません。

一人一人がイコールで結ばれるのではなく、足し算であったり、掛け算で結ばれていくような『自分らしさ』を出してくれる事を願っております。



写真はたくさん撮ってくれたようですのでまた更新します!!

寒い中お疲れ様でした!!

a0109314_12081618.jpg
a0109314_12102924.jpg
a0109314_12085102.jpg

a0109314_12094522.jpg


a0109314_13304362.jpeg
a0109314_13305210.jpeg
a0109314_13310385.jpeg
a0109314_13311215.jpeg
a0109314_13312191.jpeg
a0109314_13312944.jpeg
a0109314_13313714.jpeg
a0109314_13314564.jpeg
a0109314_13315426.jpeg
a0109314_13320189.jpeg
a0109314_13321356.jpeg
a0109314_13322277.jpeg
a0109314_13323628.jpeg
a0109314_13324466.jpeg
a0109314_13325298.jpeg
a0109314_13330193.jpeg
a0109314_13331028.jpeg
a0109314_13332015.jpeg
a0109314_13333145.jpeg
a0109314_13334046.jpeg
a0109314_13334802.jpeg
a0109314_13335675.jpeg
a0109314_13340404.jpeg
a0109314_13341590.jpeg
a0109314_13342211.jpeg
a0109314_13342916.jpeg
a0109314_13343521.jpeg
a0109314_13344172.jpeg



by gsfc15 | 2018-11-19 12:10 | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 07日

U-13練習試合

2018.11.4(日) 天候 小雨 会場 等々力第一サッカー場
対戦相手:川崎CHANP

①0-4 得点:
②0-3 得点:
③2-0 得点:今井、堀
④0-2 得点:


U-13リーグでも同グループだった川崎CHANPさんと対戦させて頂きました。
リーグ戦でもかなりやられたと聞いていましたが、確かにすごいチームでした。
個々の技術、戦術、フィジカルもすべてひとつ上のレベルで、この段階でここまで出来るのかと脱帽です。

最近はU-15が抜けたことでU-13の練習を担当することが増えて選手個々の特徴などは把握していましたが、試合を指揮するのは初めてでしたので最初は観ることだけに徹しました。
練習で出来ていることがどのくらい出せるか、試合で起きている問題は何かがある程度理解できてからは、少しずつ選手たちがこの試合で持って帰れるものが出来るように努めました。


チームとして良かったのは3つ。


1つ目はボールが奪えること。

ただ、もったいなかったのは奪う力があるのに奪おうとしていなかったこと。

これについては指摘してからのプレーは格段に良くなっていたので、自信を持つことと試合開始1秒目からその準備をすることにチャレンジして欲しいと思います。


2つ目はスピード。

これについてはまだ上手く活かせていません。
攻撃の選手だけでなく守備の選手にもこの特徴を持った選手がいて十分通用する力があるけど、攻守においてスピードを活かせるポジショニング、体の向き、タイミング、アイデア、準備が欠けていると感じました。
て、書いてみたら全部でした(笑)

ただ、これについても試合が進むにつれて考えてアクションする回数も増えて、2点奪ったのも良い体の向きと良いポジショニングからスピードを活かしてのものでした。


最後のひとつは、素直さ。

指摘されたことやアドバイス素直に受け入れて『やってみる』ことが出来る選手が多いと感じています。

プロスポーツ選手の記事などを読んでいると素直さに対する記述がたまに見られます。
エンゼルス大谷も日本であれだけの成績を残したのにメジャーでのプレシーズンでは苦しみました。
しかし、コーチの助言を素直に受け入れこれまで実績のあった打撃フォームを捨て、新しいフォームを手に入れたことでメジャー1年目で見事な成績を残せたようです。

当然、素直さだけでなく問題を正しく理解する能力や柔軟に変化できる修正力も必要ですが、人の話に素直に耳を傾けられるというのはひとつの才能であり、伸びていける選手の条件のひとつだと思います。


『聞ける』という能力があるから、聞いたものを無駄にせずあとはそれに対して自分なりに考えて、実践してみて、そしてそれを継続することが大事だと思います。

また、この日に来た選手全員とひとりひとり話して良いところと改善したほうがいいよ、というところを出来る限り伝えました。

4本試合に出続けたDFの1人が疲労もあるはずなのに、
『もう少しやりたかったな』
と試合が終わった直後につぶやいたのを耳にしました。

何かを得たのか、もう少しで何か得られそうだったのか。
分かりませんがきっかけは作ってあげられたのかなと思いました。


帰りの集合の時にも話しましたが、対戦相手も今この瞬間に急に上手く、強くなったわけじゃない。
彼らも様々な指摘を受けながらトライしてエラーして、考えてまたトライしてを繰り返して今を手に入れているんだと思います。

この1日でどう成長するか、だけでなくこの1日を経てどう成長していくかを見守りたいと思います。


川崎CHANPさん、ありがとうございました。
またぜひお願い致します。

a0109314_18085238.jpg


by gsfc15 | 2018-11-07 18:08 | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 07日

高円宮杯JFA U-15サッカーリーグ2018神奈川県大会 2ndステージ 第5節

2018.11.3(土祝) 天候 晴れ 会場 南足柄市運動公園
横浜GSFC 4(1-0)1 FC ASAHI
得点:松本-A佐藤、櫻井-A松本、大平-A櫻井、大平

連勝!!!
U-15リーグは折り返し地点。


相変わらず守備陣は2年生主体ですが、どの組み合わせでも問題なく、というかむしろどれもいいくらい安定感があります。

キーパーを含めDFの一番の役割は点を取られないこと。

華のあるプレーではなくて、堅実なプレーが求められる中で、状況に応じて選択を間違えずそれを70分やり続ける集中力を保つことも出来ていました。
プラス、攻撃面でも効果的なプレーを見せていたのでDFラインには特に言うことはありませんでした。

攻撃陣にも多くを求める状況では無かったですが、3年生の個を止めることが出来る選手が相手に何人かいて点が入るのに時間がかかりそうだと感じていました。
ほとんど相手陣地でプレーしているにも関わらずシュートまでいけない状況が続き、あまり時間がかかるとDF陣が焦れて失点してしまうというのは避けたかったのでいつもより早く動くことにし、FWを1枚投入。

すると、海空也の縦パスから陸人が身体を張りながらスルー、しっかりそれを感じて抜け出していた泰輝が左足一閃。
ファーストタッチで欲しかった先制ゴールを決めてくれました。

陸人と泰輝は練習からコンビネーションがよく、互いに連動して補完し合ってます。
個で攻めきれない相手に対して上手くコンビネーションでゴールを奪ってくれたら、と思ってましたが上手く行き過ぎですね…でもこれで少し楽になりました。


そして後半は幾度とない仕掛けに相手もさすがに疲弊したのか、個が活きてきて相手も止めきれず、3年生らしいゴールで試合を決定付けられました。

攻撃陣は前節よりもゴールに向かう姿勢が最初からあって良かったと思います。

3年生はボールを失っても何度も仕掛けて仕掛けて、確実性は少ないけど代わりにたくさんチャンスを作ってゴールを目指していくスタイル。
対して2年生はボールを大事にして、少ないながらも確実なチャンスを作ろうとするスタイル。


サッカーの違いなのでこれはどちらが良い、ということではありません。
やっていてどっちが楽しく感じるか、とも言えます。

ですが、レベルが上がるにつれて両方できることが選手として必要となってきます。

今の時点で出来ることが将来につながるか、というとその影響はそんなに大きくないのかなと思いますが、これから高校・大学、その先では必ず求められることになります。

先を見据えるのであれば、自分の良さも伸ばしながら、せっかくこの真逆のスタイル同士が一緒にプレーしている機会を生かして、お互いに良さを認めて、感じて、理解してちょっとでも吸収していって欲しいと思います。

自分と違うやつもいてそいつらとも上手くやらなきゃいけない。
サッカーは人生だ、と誰かが言ってました。

『融合』にはまだ時間がかかりそうです。
融合するかもわかりませんが...笑

でも試合自体は毎試合とても面白いです。

最後どのような形になっているか、楽しみですね。

a0109314_18054728.jpg
a0109314_18064033.jpg
a0109314_18065678.jpg
a0109314_18072232.jpg
a0109314_18074238.jpg


by gsfc15 | 2018-11-07 17:03 | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 07日

11月4日(日)U-14.15エンジョイSC

2018/11/4/日/雨/13:00~15:00/25分×4本/@長坂谷公園

GSFC 0-3 エンジョイSC

櫻井  松本  長曽
  綿貫  豊田(佐藤海)
    佐藤海(豊田)
本間      新田
  岩崎  大平
    筒井  


GSFC 0-3 エンジョイSC

本間(松本)松本(本間)大平
    綿貫   北原
     豊田
櫻井      長曽
   岩崎  佐藤海
      筒井  

GSFC 1-1 エンジョイSC
武丸

松本  本間  佐藤海
  綿貫  北原
    豊田
長曽      新田
  櫻井  大平
    筒井  

GSFC 0-0 エンジョイSC


櫻井  松本  佐藤海
  綿貫  北原
    豊田
本間      新田
  岩崎  大平
    筒井  

この日は久しぶりにエンジョイSCさんと練習試合をさせていただきました。

前日のU-15リーグには18人ほど来ていましたがこの日はギリギリ12人。。。

雨も降り続き、モチベーションとしては難しいかな?という中で、相手がU-14という事もありこちらのU-15には足りないポジションを補ってもらう形で出場してもらいました。

監督もこの頃よく伝えているように感じますが、簡単に言うと『融合』ですね。

U-14の良さとU-15の良さが混ざり合って『一つ』になる事が必要であり、互いに良さを消し合ってはいけないと。

まさに今回はそんな試合になりましたね。


ハッキリ言って、出来ることと出来ない事が真逆すぎて、かみ合い、補い合えれば素晴らしい力を発揮するけど、勝手な事を互いがしたら全く上手く走れません。

その事を理解しているか?理解できるか?まだU-15リーグも続きますので、ここが一番重要になってくるかと思います。


『一人で出来ちゃうけど周りを生かせない選手』と『一人じゃ出来ないけど周りを生かせる選手』が、混ざり合えばすごく良さそうに感じるのに、この日起きたのは『自分のやりたい事をやる選手に判断しないで人任せ』という現象でした。

どちらかと言うと後者の『人任せ』が良くなかったかなーと。

前者は自分の出来ることをしていましたが、後者はそれをただただ傍観、そしていってらっしゃい。

さすがに相手は11人、どれだけ強烈な個を持っていても、それを止められてしまうだけの人数とパワーを持っていたら上手く走れない。

そうなった時に背中を押してあげられなかった事、援護してあげられなかった事、ここが今日の敗因でしたね。


『知ろうとする事』『助ける事』この気持ちがあるだけで相当変われると思います。

雨のなか、そして2連戦本当にお疲れ様でした。

a0109314_10311593.jpg
a0109314_10315151.jpg




by gsfc15 | 2018-11-07 11:14 | Trackback | Comments(0)