横浜GSFC U-15

yokohamags.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2018年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2018年 11月 07日

U-13練習試合

2018.11.4(日) 天候 小雨 会場 等々力第一サッカー場
対戦相手:川崎CHANP

①0-4 得点:
②0-3 得点:
③2-0 得点:今井、堀
④0-2 得点:


U-13リーグでも同グループだった川崎CHANPさんと対戦させて頂きました。
リーグ戦でもかなりやられたと聞いていましたが、確かにすごいチームでした。
個々の技術、戦術、フィジカルもすべてひとつ上のレベルで、この段階でここまで出来るのかと脱帽です。

最近はU-15が抜けたことでU-13の練習を担当することが増えて選手個々の特徴などは把握していましたが、試合を指揮するのは初めてでしたので最初は観ることだけに徹しました。
練習で出来ていることがどのくらい出せるか、試合で起きている問題は何かがある程度理解できてからは、少しずつ選手たちがこの試合で持って帰れるものが出来るように努めました。


チームとして良かったのは3つ。


1つ目はボールが奪えること。

ただ、もったいなかったのは奪う力があるのに奪おうとしていなかったこと。

これについては指摘してからのプレーは格段に良くなっていたので、自信を持つことと試合開始1秒目からその準備をすることにチャレンジして欲しいと思います。


2つ目はスピード。

これについてはまだ上手く活かせていません。
攻撃の選手だけでなく守備の選手にもこの特徴を持った選手がいて十分通用する力があるけど、攻守においてスピードを活かせるポジショニング、体の向き、タイミング、アイデア、準備が欠けていると感じました。
て、書いてみたら全部でした(笑)

ただ、これについても試合が進むにつれて考えてアクションする回数も増えて、2点奪ったのも良い体の向きと良いポジショニングからスピードを活かしてのものでした。


最後のひとつは、素直さ。

指摘されたことやアドバイス素直に受け入れて『やってみる』ことが出来る選手が多いと感じています。

プロスポーツ選手の記事などを読んでいると素直さに対する記述がたまに見られます。
エンゼルス大谷も日本であれだけの成績を残したのにメジャーでのプレシーズンでは苦しみました。
しかし、コーチの助言を素直に受け入れこれまで実績のあった打撃フォームを捨て、新しいフォームを手に入れたことでメジャー1年目で見事な成績を残せたようです。

当然、素直さだけでなく問題を正しく理解する能力や柔軟に変化できる修正力も必要ですが、人の話に素直に耳を傾けられるというのはひとつの才能であり、伸びていける選手の条件のひとつだと思います。


『聞ける』という能力があるから、聞いたものを無駄にせずあとはそれに対して自分なりに考えて、実践してみて、そしてそれを継続することが大事だと思います。

また、この日に来た選手全員とひとりひとり話して良いところと改善したほうがいいよ、というところを出来る限り伝えました。

4本試合に出続けたDFの1人が疲労もあるはずなのに、
『もう少しやりたかったな』
と試合が終わった直後につぶやいたのを耳にしました。

何かを得たのか、もう少しで何か得られそうだったのか。
分かりませんがきっかけは作ってあげられたのかなと思いました。


帰りの集合の時にも話しましたが、対戦相手も今この瞬間に急に上手く、強くなったわけじゃない。
彼らも様々な指摘を受けながらトライしてエラーして、考えてまたトライしてを繰り返して今を手に入れているんだと思います。

この1日でどう成長するか、だけでなくこの1日を経てどう成長していくかを見守りたいと思います。


川崎CHANPさん、ありがとうございました。
またぜひお願い致します。

a0109314_18085238.jpg


by gsfc15 | 2018-11-07 18:08 | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 07日

高円宮杯JFA U-15サッカーリーグ2018神奈川県大会 2ndステージ 第5節

2018.11.3(土祝) 天候 晴れ 会場 南足柄市運動公園
横浜GSFC 4(1-0)1 FC ASAHI
得点:松本-A佐藤、櫻井-A松本、大平-A櫻井、大平

連勝!!!
U-15リーグは折り返し地点。


相変わらず守備陣は2年生主体ですが、どの組み合わせでも問題なく、というかむしろどれもいいくらい安定感があります。

キーパーを含めDFの一番の役割は点を取られないこと。

華のあるプレーではなくて、堅実なプレーが求められる中で、状況に応じて選択を間違えずそれを70分やり続ける集中力を保つことも出来ていました。
プラス、攻撃面でも効果的なプレーを見せていたのでDFラインには特に言うことはありませんでした。

攻撃陣にも多くを求める状況では無かったですが、3年生の個を止めることが出来る選手が相手に何人かいて点が入るのに時間がかかりそうだと感じていました。
ほとんど相手陣地でプレーしているにも関わらずシュートまでいけない状況が続き、あまり時間がかかるとDF陣が焦れて失点してしまうというのは避けたかったのでいつもより早く動くことにし、FWを1枚投入。

すると、海空也の縦パスから陸人が身体を張りながらスルー、しっかりそれを感じて抜け出していた泰輝が左足一閃。
ファーストタッチで欲しかった先制ゴールを決めてくれました。

陸人と泰輝は練習からコンビネーションがよく、互いに連動して補完し合ってます。
個で攻めきれない相手に対して上手くコンビネーションでゴールを奪ってくれたら、と思ってましたが上手く行き過ぎですね…でもこれで少し楽になりました。


そして後半は幾度とない仕掛けに相手もさすがに疲弊したのか、個が活きてきて相手も止めきれず、3年生らしいゴールで試合を決定付けられました。

攻撃陣は前節よりもゴールに向かう姿勢が最初からあって良かったと思います。

3年生はボールを失っても何度も仕掛けて仕掛けて、確実性は少ないけど代わりにたくさんチャンスを作ってゴールを目指していくスタイル。
対して2年生はボールを大事にして、少ないながらも確実なチャンスを作ろうとするスタイル。


サッカーの違いなのでこれはどちらが良い、ということではありません。
やっていてどっちが楽しく感じるか、とも言えます。

ですが、レベルが上がるにつれて両方できることが選手として必要となってきます。

今の時点で出来ることが将来につながるか、というとその影響はそんなに大きくないのかなと思いますが、これから高校・大学、その先では必ず求められることになります。

先を見据えるのであれば、自分の良さも伸ばしながら、せっかくこの真逆のスタイル同士が一緒にプレーしている機会を生かして、お互いに良さを認めて、感じて、理解してちょっとでも吸収していって欲しいと思います。

自分と違うやつもいてそいつらとも上手くやらなきゃいけない。
サッカーは人生だ、と誰かが言ってました。

『融合』にはまだ時間がかかりそうです。
融合するかもわかりませんが...笑

でも試合自体は毎試合とても面白いです。

最後どのような形になっているか、楽しみですね。

a0109314_18054728.jpg
a0109314_18064033.jpg
a0109314_18065678.jpg
a0109314_18072232.jpg
a0109314_18074238.jpg


by gsfc15 | 2018-11-07 17:03 | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 07日

11月4日(日)U-14.15エンジョイSC

2018/11/4/日/雨/13:00~15:00/25分×4本/@長坂谷公園

GSFC 0-3 エンジョイSC

櫻井  松本  長曽
  綿貫  豊田(佐藤海)
    佐藤海(豊田)
本間      新田
  岩崎  大平
    筒井  


GSFC 0-3 エンジョイSC

本間(松本)松本(本間)大平
    綿貫   北原
     豊田
櫻井      長曽
   岩崎  佐藤海
      筒井  

GSFC 1-1 エンジョイSC
武丸

松本  本間  佐藤海
  綿貫  北原
    豊田
長曽      新田
  櫻井  大平
    筒井  

GSFC 0-0 エンジョイSC


櫻井  松本  佐藤海
  綿貫  北原
    豊田
本間      新田
  岩崎  大平
    筒井  

この日は久しぶりにエンジョイSCさんと練習試合をさせていただきました。

前日のU-15リーグには18人ほど来ていましたがこの日はギリギリ12人。。。

雨も降り続き、モチベーションとしては難しいかな?という中で、相手がU-14という事もありこちらのU-15には足りないポジションを補ってもらう形で出場してもらいました。

監督もこの頃よく伝えているように感じますが、簡単に言うと『融合』ですね。

U-14の良さとU-15の良さが混ざり合って『一つ』になる事が必要であり、互いに良さを消し合ってはいけないと。

まさに今回はそんな試合になりましたね。


ハッキリ言って、出来ることと出来ない事が真逆すぎて、かみ合い、補い合えれば素晴らしい力を発揮するけど、勝手な事を互いがしたら全く上手く走れません。

その事を理解しているか?理解できるか?まだU-15リーグも続きますので、ここが一番重要になってくるかと思います。


『一人で出来ちゃうけど周りを生かせない選手』と『一人じゃ出来ないけど周りを生かせる選手』が、混ざり合えばすごく良さそうに感じるのに、この日起きたのは『自分のやりたい事をやる選手に判断しないで人任せ』という現象でした。

どちらかと言うと後者の『人任せ』が良くなかったかなーと。

前者は自分の出来ることをしていましたが、後者はそれをただただ傍観、そしていってらっしゃい。

さすがに相手は11人、どれだけ強烈な個を持っていても、それを止められてしまうだけの人数とパワーを持っていたら上手く走れない。

そうなった時に背中を押してあげられなかった事、援護してあげられなかった事、ここが今日の敗因でしたね。


『知ろうとする事』『助ける事』この気持ちがあるだけで相当変われると思います。

雨のなか、そして2連戦本当にお疲れ様でした。

a0109314_10311593.jpg
a0109314_10315151.jpg




by gsfc15 | 2018-11-07 11:14 | Trackback | Comments(0)