横浜GSFC U-15

yokohamags.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2019年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2019年 05月 27日

U-14 練習試合

2019.5.25(土) 天候 晴れ 会場 伊勢原中学校
対戦相手: 伊勢原中学校


25分×4、  G=得点 A=アシスト


① 横浜GSFC 0-0 伊勢原中学校


② 横浜GSFC 0-2 伊勢原中学校


③ 横浜GSFC 1-3 伊勢原中学校
G 新井

④ 横浜GSFC 0-2  伊勢原中学校


by gsfc15 | 2019-05-27 14:48 | Trackback | Comments(0)
2019年 05月 24日

U-14 練習試合

2019.5.19(日) 天候 晴れ 会場 橘中学校
対戦相手: 橘中学校、南が丘中学校


25分×4、20分×1  G=得点 A=アシスト


① 横浜GSFC 0-1 南が丘中学校


② 横浜GSFC 0-2 南が丘中学校


③ 横浜GSFC 1-0 橘中学校
G 小林

④ 横浜GSFC 0-5 橘中学校

⑤ 横浜GSFC 0-2 南が丘中学校



by gsfc15 | 2019-05-24 14:27 | Trackback | Comments(0)
2019年 05月 23日

2019年度 神奈川県U-14リーグ 第1節

2019.5.18(土) 天候 晴れ 会場 道満スポーツ広場
15:30 KO


横浜GSFC 3(1-3)4 LEOVISTA ATSUGI

G 樋口 A 石川
G 小林 A 新井
G 小林


【総評】
学年が1つ上がりU-14リーグがいよいよ始まりました!今年から少しシステムが変わりグループリーグを2周し、各グループリーグ1位が決勝トーナメント進出ののちトーナメントを戦いそこからはノックアウト方式になり昨年まではリーグ戦のみで終わりとなりましたが、優勝という目標や大会形式になった事により選手のモチベーションは勿論ですが、コーチとしてもやり甲斐があるな〜と考えております。

特にこのU-14は上のU-15の試合に呼ばれる事もあり、試合が被るケースもあります。学年によってスタイルは違いますし、上手く順応する力を身につけて欲しいと思いますし、逆に今まであまりリーグ戦に絡めなかった選手も居ますので日頃の練習からアピールしてもらいチャンスを掴んで欲しいですね!


さて、本題のU-14リーグ初戦についてですが、結果を見て分かる通りの乱打戦となり、うちにしては珍しいケースでありました。

アップを見ていた感じでは緊張はあんまり無くいつも通りかな?と思っていたのですが、やはりこの学年はいつも(笑)リーグ戦の初戦の出来が悪く試合の入りから何かふわふわした感じで入ってしまいました。案の定、4〜5分?辺りで先制され、あれよあれよのうちに3点ぶち込まれる苦しい展開となってしまいました。内容自体は悪くはなかったですが、守備陣の粘りやポディショニングが悪く、また苦手のセットプレーでもやられ、相手の分析に時間がかかってしまいと…全てにおいて後手になっていたような気がします。

前半の終盤からシステムを変更し、少し流れがこちらに傾いてからはゲームを支配する事が出来、後半もGSペースで試合を運べましたが、またしてもセットプレーから失点し、1点差まで詰め寄りましたが一歩及ばず黒星スタートとなってしまいました。

まだまだリーグ戦は始まったばかりなのでしっかり選手間でも分析や反省はしてもらいたいですし、コーチも反省です…

次節の日程はまだ決まってませんが、次は勝てるよう練習からチーム全体で競争し、チームレベルを上げていってくれたらと思います!

保護者の皆様
本日も遠方にも関わらず沢山のご声援ありがとうございました!

また次節もどうぞ宜しくお願いします。



《リーグ通算成績》0勝1敗

a0109314_13571392.jpeg
スターティングメンバー
a0109314_13573605.png
U-13リーグから少しメンバーが変わりチャンスを勝ち取ったメンバーです!!これからの活躍に期待したいですね!
a0109314_13591191.jpeg
1人、カメラ目線で臨戦態勢整ってますね!!
a0109314_14002231.jpeg
a0109314_14003598.jpeg
a0109314_14005697.jpeg
a0109314_14010649.jpeg
a0109314_14011761.jpeg
a0109314_14013189.jpeg
a0109314_14014176.jpeg
a0109314_14015705.jpeg


by gsfc15 | 2019-05-23 13:28 | Trackback | Comments(0)
2019年 05月 08日

U-15 TRM サレジオ学院中学校

30分×2本

GSFC 0-1 サレジオ

GSFC 1-2 サレジオ
正輝

25分×2本

GSFC 3-0 サレジオ
泰輝A康平
悠翔
泰輝A正輝

GSFC 5-0サレジオ
泰輝A今井
泰輝A陸
泰輝A樋口
正輝A夏颯
泰輝A塚原

U-15最終節まで練習試合が組めないだろうと思われていた矢先にオファーをいただいたので、オフ明けでしたが練習試合を行いました。

主にクラブユースで出場機会を与えてあげられなかったメンバーを中心に観ていき、体力面と試合感を取り戻してもらえれば良いなと思っていました。

最初の2本まで色々と上手くいかない事が多くて、みんな死にそうになっていましたが、尻上がりに良くなっていき、豪快なミドルシュートを決めた選手もいれば、アフターを食らって手首を骨折してしまった選手もいて、、、

オフ明けの活動として良し悪しが出てしまったなと感じました。

オンとオフは上手く使い分けないと充電は長持ちしませんし、本当に大事な時に電池切れだと困るので、ここからまたゆっくりじっくり取り組んで行きましょう。

でもやっぱり、いつみてもこの子達の試合面白いですね。


a0109314_14484735.jpeg
a0109314_14490743.jpeg

お疲れ様でした。


by gsfc15 | 2019-05-08 11:54 | Trackback | Comments(0)
2019年 05月 06日

U-13練習試合(GW 2試合)

2019.5.3(金祝) 天候 晴 会場 常盤公園
対戦相手: 大豆戸FC(25分×4本)

①0-2
②2-0 得点:コウキ、OG
③0-5
④0-0

「名字じゃわかんねぇ!」という声が多々ありましたのでこれから名前で得点アシスト記録していきます…。

前回のブログでも書きましたが、GW中残りの2試合は同年代との対戦。
ここでどんなプレーが出来るか楽しみでした。

まずは大豆戸FCさんと。

相手には大きくてパワフルな選手もいながらも、こちらも最後のところはやらせず。
ただ、守備の時間が長かったのであれだけ攻められてはいつかはやられてしまいます、という1本目でした。
2本目と4本目はFWの裏の意識も高く、抜け出すシーンが多かったけどシュートまでいけない、思い切りが悪くシュートが打てない場面が多かったです。
結果的に得点はコウキの個人力とCKのOGのみでした。
3本目はオフサイドのジャッジもちょっと曖昧で一度失点してから立て続けに失点。
気にしなくてもいい失点ではありますが、集中を切らせてしまって防げる失点までしてしまったのは反省点です。

この日はFWの『ゴールと裏への意識』がテーマでした。
それに伴い、サイドからのアタックも必要だということ、またそれには中盤とDFラインが安定したポゼッションでチャンスを作り続けることが必要だと話して送り出しました。
全体的にテーマに沿ってやろうという意識はあったけど、ちゃんと形としては残せませんでした。

a0109314_19071330.jpg
a0109314_19073523.jpg
a0109314_19075172.jpg
a0109314_19080711.jpg
後ろ姿は撮らせてくれます

a0109314_19084830.jpg
五味コーチも来てくれてキーパーも気合い入ります
a0109314_19100450.jpg
a0109314_19102437.jpg
a0109314_19104105.jpg
a0109314_19110007.jpg
a0109314_19112172.jpg
a0109314_19115639.jpg
a0109314_19120821.jpg
a0109314_19122257.jpg
a0109314_19123346.jpg
a0109314_19124778.jpg
a0109314_19130187.jpg
a0109314_19132527.jpg
a0109314_19134645.jpg
a0109314_19135939.jpg
a0109314_19141714.jpg

2019.5.6(月祝) 天候 晴 会場 湘南海岸公園
対戦相手: SFCジュニオール(30分×4本)

①1-0 得点:ユウタ-Aユウト
②1-1 得点:カイセイ-Aルイ
③3-0 得点:リュウセイ-Aイシン、ユウタ、ユウタ-Aジョウ
④5-1 得点:ケンシン-Aケイタ、ケイタ-Aケンシン、ココロ-Aルイ、ケイタ-Aケンシン、ココロ

この日は少し時間をかけて最初にミーティング。
基本的には大豆戸FC戦で話した事と変わりませんが、もう少し戦術的に、論理的に説明をしました。
そしてそれぞれのポジションにひとつずつ役割を与えながら見守りました。

結果的にたくさん点が取れました、、嬉しい…!

最後のミーティングでも確認しましたが、これは『意識』の変化です。
大豆戸FC戦から急に技術的に進化した、ということでなく(する訳が無いし)、ゴールを奪うことを目的にどうしていくか、何が必要なのかを考えて、理解して、そしてアクションした結果。
そう、戦術的に理解し意識出来たということです。
戦術理解によってこれだけ変わるという成功体験も得られたと思うし、何よりみんなが課題に向き合ってそれを乗り越えた、乗り越えようとした素晴らしい試合をしてくれました。

応援に来て下さった保護者のひとりから、「何かもうみんな前より上手くなった気がします」と言われ、私自身は毎日みんなといて感じていたことを第三者の視点でも感じてもらえたことにも嬉しく思いました。

このチームがスタートしてから、戦術的な話はずっと続けています。
まず1番大事なサッカーの原理原則とともに、サッカーにおいて、『1番良いプレーは何か』ということを伝えています。
守備の1番良いプレーから先に取り組み始めて、こちらは今日もたくさんその場面が見られ浸透されてきたと感じています。
攻撃の1番良いプレーは課題でしたが、今日は全体がそこにチャレンジ出来て、試合中誰に言われるでもなく個々が自ら積極的に動けていました。

攻守において楽しいプレーがたくさん見られた1日でした。

前回も書きましたが、どんどん良くなっているので継続が大事です。
積み重なってきたものを崩さないように、必要なことを意識して取り組み続けましょう。

そして次の課題は、センタリングの守備です。

6月よりリーグ戦も始まりますので、1番多い失点のシチュエーションを克服していきましょう。

また、サッカーの内容に反してチームのルールなどを守ることについてはまだまだルーズなところがあるので改善しましょうね。

お疲れさまでした!
a0109314_19144831.jpg
a0109314_19150358.jpg
a0109314_19152622.jpg
a0109314_19154060.jpg
ケンシン多め
a0109314_19203703.jpg
a0109314_19161444.jpg

ちゃんと写れていない人はポジショニングミスです。
改善して下さい笑


by gsfc15 | 2019-05-06 18:16 | Trackback | Comments(0)
2019年 05月 02日

U-14 練習試合

2019.5.2(木) 天候 晴れ 会場 綾瀬スポーツ公園
対戦相手: YTC、FC ASAHI


30分×1本  、25分×4   G=得点 A=アシスト


① 横浜GSFC 0-4 YTC


② 横浜GSFC 1-1 FC ASAHI
G 今井


③ 横浜GSFC 4-0 FC ASAHI
G 石川
G 岩村 A 田中
G 石川
G 石川

④ 横浜GSFC 0-0 FC ASAHI

⑤ 横浜GSFC 0-1 FC ASAHI




by gsfc15 | 2019-05-02 23:13 | Trackback | Comments(0)
2019年 05月 02日

クラブユース3回戦FC HORTENCIA

2019/5/2/木/10:30kickoff/@綾瀬スポーツ公園

GSFC 0(0)-(2)3 FC HORTENCIA
9分失点
26分失点オフサイド

7分失点CK
19分失点CK
27分失点

前日、ずっと考えていた事はただ一つで、『どうやって緊張を緩和させるか』でした。

目標としてきたベスト16まであと一つ。

みんなの頭の中に、『負けたらどうしよう』という緊張は無かったと思います。

むしろ、『あと一勝でベスト16』というワクワクでありドキドキが緊張を生んでいましたね。

アップは、いつも通り。

ユニホームに着替えて。

集合して。

前の試合で負けたチームが試合終了と同時に倒れこむ姿を見て、『あ、この試合ってそういうモノなんだ』と感じて胸が騒ぎ出し、大応援を目の当たりにして、緊張はピークに達しました。

リラックスさせようとどんな言葉をかけても、笑顔は見せるが、目の奥が笑っていない。

そんなような状態で試合がスタート。

明らかに。

左サイド2名とボランチとFWが極度の緊張により、腰が高い。

特に2年生SBはこの日誰よりも緊張していましたね。

見たことがないくらい自分を見失っていました。

前半

直接FK 
GS 0
HORTENCIA 4

シュート数
GS 3
HORTENCIA 10

CK
GS 3
HORTENCIA 2

ファーストシュートで失点。
2点目はオフサイドだったようなので、気にする事はないですが、前半で0-2。

後半

直接FK
GS 2
HORTENCIA 0

シュート数
GS 3
HORTENCIA 8

CK
GS 5
HORTENCIA 2

CK2本とも失点し、最後のシュートも決められて0-5。


リアルタイムで観てる自分の目では、チャンスはあったかなと感じていましたが、ビデオで改めて確認してみると、何も出来ていなかった70分間でした。

改めて全体を観ると、緊張していた選手のプレーがよく分かりました。

今までの人生で、一番緊張してた選手がほとんどだと思います。
それを、今経験出来て本当に良かったと思います。

ただ、それだけでしたね。

そこの、メンタル的な部分で全てを持っていかれてしまって、この代のストロングである『観る→判断』が全然出来ていませんでした。

圧倒的な緊張がプレッシャーになり、相手が来ていないのに判断せずに蹴ってしまったり、相手が来ているのに観る事をせずにノリでやってしまう。

あまり起きたことが無いミスが多かったのはそのせいでしょう。



試合が終わってから、『課題』をずっと探していました。


どれだけ話を聞いても、試合を見返しても、『個』でしかなくて、この代にとってもっとも苦しい課題に突入する事になります。

今回起きた個人個人の課題は、日々の練習の中で、成功体験を得ることがとても難しいからです。


でも、目標を達成するにはあともう4ヶ月しかありません。

高円宮杯。


ここへ向けてやることはただ一つ、
今までチームプレーに徹して我慢していた、
『個人のわがまま(やりたいこと)をチームプレーにリンクさせる事』だと思います。


自分が一番好きなプレーを、今までみんなで合わせてきたチームプレーに加えてプラスに影響させるために、もっとわがままになる必要があります。

もっともっと個人が、チームのためにレベルアップする必要があります。

少し、チームが崩れたり、大きく影響が出てしまうかもしれません。

でも、最後にきっと同じ道を、同じ歩幅で歩いて行けると信じています。


そして必ず、目標であるベスト16まで、14人みんなで辿り着きましょう。

a0109314_23231692.jpeg
a0109314_23233030.jpeg
a0109314_23234309.jpeg
a0109314_23235136.jpeg
a0109314_23235905.jpeg
a0109314_23240749.jpeg
a0109314_23241938.jpeg
a0109314_23243153.jpeg
a0109314_23244297.jpeg

いつもたくさんの応援、本当にありがとうございます。

最後まで、宜しくお願い致します。


by gsfc15 | 2019-05-02 22:29 | Trackback | Comments(0)
2019年 05月 01日

U-14 練習試合


2019.5.11(水) 天候 曇り 会場 大和ゆとりの森
対戦相手: 大和Seele S.V.


30分×3本     G=得点 A=アシスト


① 横浜GSFC 1-0 大和Seele S.V.
G 岩村


② 横浜GSFC 0-3 大和Seele S.V.


③ 横浜GSFC 1-3 大和Seele S.V.
G 堀 A 岩村


令和1発目はtotal2-6で敗戦スタートとなりましたが、戦う姿勢や気持ちは見せてくれたと思います!

しかし、ポディショニングやボールホルダーに対する立ち位置、戦術的な理解はまだまだ改善が必要ですし、時間が掛かりそうです。ボードや映像を交えながら理解して貰えるよう試行錯誤していきたいと思います。


by gsfc15 | 2019-05-01 22:45 | Trackback | Comments(0)
2019年 05月 01日

U-13,14練習試合

2019.4.27(土) 天候 晴 会場 常盤公園
対戦相手: Vidaいさま U-14(25分×4本)

①1-1 得点:田中-A松本謙(U-13)
②0-1
③0-0
④1-0 得点:岩村


遠征メンバー以外は練習試合、そして翌日は紅白戦を行いました。

U-13はあのエンジョイSC戦から約1ヶ月。
選手たちとも1ヶ月後のこの試合に向けてトレーニングしてきたので、どのくらいやってきたことが表現できるかがポイントでした。

U-14は普段からプレーを観ていますが、実戦での動きを観察しながらアドバイスできることを探しました。


まず、U-14から試合をしてもらいました。
ハーフタイムに選手たちにもいいましたが、ある程度こんな感じの試合になるのではと予想していました。

がんばっているし、声も出てモチベーションもありますが、何かハマっていない。
ひとりひとり確実に技術的にも身体的にも間違いなく成長している、でもそれが表現出来ていない。


表現できない理由のひとつは、戦術理解だと思います。


まず、自分のポジションで何をすべきで、何をしてはいけないのか。
そして、それが状況によって変わってくるがそれに対応出来ているのか。
そもそも状況を把握する習慣がついているのか。

その理解がまず足りていない。


そしてもうひとつ、これが一番大事なこと。

『自分が何がしたいのか=自分の武器は何か』

RPGゲームでも主人公たちはみんな武器を持っています。
剣なのか、槍なのか、斧、弓、ハンマー...。

それぞれに戦い方があって、得意なものがあると思います。

U-14の選手たちにもはたから見て得意な武器が間違いなくあるのですが、得意なことを出そうとするより苦手なことをしてしまう回数が多いと感じました。
ミスが増えるのは当たり前です。


ある右利きの選手が自陣でのポゼッションで不安定な左足のインサイドパスで2回ミスをしてボールを失いました。
そして、翌日の紅白戦でも同じことを行いました。

『左足のパスは今練習しているの?チャレンジしているの?』と聞くと、
『いや、していません』との答えでした。

DFの彼は自陣では安全に、ボールを失わずに前に進めることを考えなければいけません。
でも彼は苦手であろう左足の不安定なパスでボールを何度も失ってしまいました。

練習中だったら指摘しては悪いな、と思って確認をしたのですが、左足が使えるようになりたいと考えた上でしているパスなのか、何も考えてないのかでは差があります。
そしてそれは自分のポジションでの役割理解、状況の把握によって行動を選択できていないということも見て取れます。


サッカーは複雑です。

でも目的は単純です。

『ゴールを奪うか、ゴールを守る』か。

選手としてみんなに考えてほしいのは、『ゴールを奪う/ゴールを守る』ために自分のどんな『武器』を使って戦うのか、ということです。
そして、その『武器』が出来る第一歩は、『自分が何がしたいか』だと思っています。

攻めたいならゴールを奪うための何かを、自分で自分と相談して作る。
守りたいならゴールを守るための何かを、自分で自分と相談して作る。
賢者や魔法剣士といわれるキャラのように、攻めも守りもというならそれも良し。

何をしたいかという感性は自分の中にしかないし、外側の誰かに脅かされるものではない選手の特権だと思っています。
いわゆる自由さ、です。

プレーを観ていても自分が『何者』なのか自分自身で分かっていそうなのは松野とたいきだけで、やっぱり2日間この2人のプレーは良かったです。
だからこの2人とは特に話はしませんでした。


何度も言いますが他の選手たちにも間違いなく力があります。
でも『何がしたいの?』と聞いても答えられない選手がほとんどでした。

少し自信を失っている部分もあると思いますが、そこはサポートします。
もう一度初心に帰って自分がこれをしたい、こうなりたいというプレーを自由にやってみてはどうでしょうか。


そしてU-13はというと、この1ヶ月は基本技術・体力の向上とサッカーのほんの基礎的な戦術の理解のためのミーティングを行ってきました。
日ごろから技術・体力的な部分の向上も見られ、個人・チーム戦術の理解も進んでいましたので、相手がひとつ上の学年でしたがどんな試合が出来るのか少し楽しみでした。

こちらもある意味予想通りの試合内容でした。

久々で上の学年という緊張もあっていつも通りとまではいきませんでしたが、十分にそれぞれの良さを発揮してくれて、相手のコーチからも楽しみですねと言ってもらえました。
GW中にあと2試合控えていますので、今度は同学年相手にどのような試合が出来るのか楽しみです。

U-13は今やっていることをしっかりと継続することが大事です。
当然課題もありますし、なにより約
ひと月前に目標を与えられましたので、そこを忘れずに見据えていきましょう。

保護者の皆様、応援ありがとうございました。

a0109314_19514017.jpg
a0109314_19520228.jpg


by gsfc15 | 2019-05-01 19:52 | 27期生 | Trackback | Comments(0)
2019年 05月 01日

クラブユース2回戦vsYTC FC

2019/4/27/土/10:30kickoff/@酒井スポーツ広場

横浜GSFC 3(2)-(0)0 YTC FC
7分 照之A隆介
16分 夏颯

13分PK松本⇦今井

遅くなりましたが、クラブユース2回戦の結果報告となります。

試合が出来るかどうか不安な天気でしたが、なんとか開催されました。

グラウンド状況により、何か嫌ムードが漂っていましたが、開始7分丁寧なボールタッチから素晴らしいコースに得点を決めてくれて、後ろはとても楽になりました。

16分のゴールはもう彼の我慢が爆発したような得点でしたが、あの3列目からの緩急は彼オリジナルのプレーとして今後も見せてくれることにとても期待しています。

良いムードでハーフタイムを迎え、後半はGKも最後まで集中力を切らさずピンチを0で抑えて、OFはU-14がPAで身体を張ってPK獲得。

誰がけるかと思いましたが、10番がしっかり?決めてくれました。

イエローカードが2枚。
ここだけがネック。

とても面白い、らしい試合が出来たのではないでしょうか。

さて、ベスト16まであと一つ。

U-13リーグの借りを返しましょう。
a0109314_08302884.jpeg
a0109314_08304976.jpeg
a0109314_08310880.jpeg
a0109314_08313567.jpeg
a0109314_08315480.jpeg
ツイッターよりお借りいたします。
a0109314_08320547.jpeg
a0109314_08323011.jpeg
a0109314_08323886.jpeg


by gsfc15 | 2019-05-01 08:17 | Trackback | Comments(0)