横浜GSFC U-15

yokohamags.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2019年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2019年 06月 27日

U-13練習試合

2019.6.22(土) 天候 雨のち晴れ 会場 境木中学校
横浜GSFC 1(1-0)0 境木中学校
得点:村上

境木中さんとは毎試合、どの学年も色々な人間の想いや気持ちが入る練習試合となりますが、、リーグ戦などの公式戦とは違った緊張感もあり。

結果を見れば差もなく、内容としても相手に上級生が混ざっていることもあっても目に見える差は歴然というわけではなかった、と感じた人もいたと思いますがこちらとしては色々な意味で非常に変化を感じれた試合でした。

夜には保護者のみなさんと懇親会で色々とお伝え出来ました。
私は私でこれまで通り引き続きたくさん選手たちと話をしていきたいと思います。

a0109314_22564208.jpg














a0109314_22564704.jpg














a0109314_22565126.jpg














a0109314_22565729.jpg



by gsfc15 | 2019-06-27 22:57 | 27期生 | Trackback | Comments(0)
2019年 06月 27日

2019年度 U-13リーグ 第2節

2019.6.16(日) 天候 晴 会場 道満スポーツ広場
横浜GSFC 0(0-1)5 アトラソン

先週に引き続きリーグ戦が行われ、第2節が行われました。

開幕節では雨の中でも自分たちのプレーがそれなりに表現出来て、満足も出来てはいないが自信も失わずにこの2節を迎えました。

が、この日はほとんど自分たちのプレーはできませんでした。

初めて出会ったであろう相手のスタイルに少々戸惑い、時間が経過するにつれて対応するも、相手は自信満々でそのスタイルを貫き真っすぐにぶつかってきて我々は見事にねじ伏せられました。

私は知っていたのでみんなには相手チームのスタイルとともに、「多分ビックリするよ」とは伝えていました。
それに対して自分たちがどのくらい、そして何が出来るのか、計ることが出来ました。

前述したように、ほとんど自分たちのプレーはできなかったのですが、一番は相手のスタイルに判断を奪われたこと。
そして、試合が進む中でその判断スピードに誰もついていけなかったことが原因なのかなと思います。

グラウンドのどこかでひとつでも落ち着ける、起点となれる場所があれば..結果が変わるかは分かりませんがまた少し違う内容にはなったと思います。

ただ、今回は守備でいっぱいいっぱい、そこまで力を回せる状態ではなかったですね。
やられたな、という失点は2つまで。
それ以降の3点は完全に切れてしまった中でのものだったので、2つ目までの失点をしっかり反省して欲しいですね。

攻撃に関しては起点作りはずっと練習の中で続けてきて、話し続けてきているので継続するのみです。


リーグ戦後はLEOVISTAさんに練習試合をしてもらいました。
ありがとうございます。

横浜GSFC 1(1-0) LEOVISTA厚木
得点:ケンシン-Aリュウセイ


開幕戦で敗れた相手でしたが、内容的にもこの日の方がより良かったですね。

また7月にリーグ戦がありますので、引き続きひとりひとり目的を持って取り組んで欲しいですね。


応援、ありがとうございました。
a0109314_22455940.jpg



















a0109314_23051654.jpg



















a0109314_22471304.jpg



















a0109314_22472175.jpg



















a0109314_22473177.jpg



















a0109314_22474145.jpg



















a0109314_22485489.jpg



















a0109314_22490732.jpg



by gsfc15 | 2019-06-27 22:52 | 27期生 | Trackback | Comments(0)
2019年 06月 10日

2019年度 神奈川県U-13リーグ 開幕戦

2019.6.9(日) 天候 雨 会場 道満スポーツ広場
横浜GSFC 0(0-1)2 LEOVISTA ATSUGI


新U-13初公式戦が幕を開けました。

新たなスタート…もこの日は試合前から雨が強くなり、グランドコンディションも難しくなっていきました。
それもサッカーなので当たり前に受け入れて試合は行うのですが、初公式戦を難しい初めての環境で行うことに心配をしていました。

雨でもサッカーをさせてくれるグランドは今はほとんどないですからね。

なので、ある意味この日は貴重な経験をさせてもらったとも言えます。
またこれからのサッカー人生でこのような状況で試合をすることが無いとも限らないですから。

この環境に対しての準備が十分で無い以上、こちらから色々と求めすぎてはいけないと思いましたのでアップが始まる前から、「このグランド、この状況で自分はどんなプレーが出来るのかをアップからイメージして」と伝えました。

ウォーミングアップではあえて土の上で体幹やボールを蹴る選手もいて、考えてくれているなと思いました。
やはりそのように試合をイメージしている選手は安心して出場してもらえます。

試合開始直前には雨の日のセオリーであるシンプルにプレーする、ミスが増えるので相手の陣地でなるべくプレーすることを伝えつつ、「でもこういう状況だけど今まで取り組んで来たこともあるし、どうプレーするかはみんなに任せるから」と言って送り出しました。


キックオフ。

するとバックパスからディフェンスラインで繋ぎだし、逆サイドまで展開していく。

おいおい…苦笑

でもこれはいつも通りの彼らのサッカー。
それをこのグランド状況で。

普通であれば、ミスを恐れてロングボールが多くなったりアバウトにプレーしてしまいがち。

が、動じない。

寄せられても寄せられても落ち着きはむしろ増し、判断(しようと)しながらプレーしていく。
またそれだけではなく、この日も激しい相手でしたが負けずに闘う姿勢も持ち合わせ。
そしてそれは60分通してずっと、交代して入った選手も同じプレーを見せました。

正直、ここまで出来るかと驚きました。


ただ、当然負けてしまったので反省はあります。

2つの失点のひとつはカウンター。
最後まで追いかけたユウスケ、ユウマも頑張ったし、ガクも1vs1でほぼノーチャンス。
ハーフウェイラインから1人で決めきってみせた相手を褒めるべきだと思います。

もし防ぐとすればDFは攻めている時に守る準備を怠らないこと、GKはDFに守る準備をさせること。
あの状況にしてしまったのがいけなかった。
サッカーの得点・失点の理由はその直前にあったことではなく、もう少し前にあったことに原因があることが多いです。
この時ももっと言えばボールの奪われ方も原因のひとつでした。
原因は複数あるのがほとんどで、ミスが重なった時に失点は起こりやすいです。

2失点目はGKにとっては1失点目以上にノーチャンス。
相手のパワーのある選手がハーフウェイラインを少し越えたとこからロングシュートをして、GKの上を越されました。

試合中も気にしなくていいと言いましたが、届かないものは届かないので気にしなくていいです。ただ、これももし防ぐとすればその前にシュートを打たせないように寄せること、GKはシュートを打たせないように仲間に準備させることですね。

でもそれ以外のところはDFとGKのファインセーブで防げており、本当に身体を張って良くやってくれました。


攻撃は取り組んでいることを引き続き、というところです。

前日も少し改善をしましたが、いきなり試合で出るほどの練習量をこれについてはやっていないのでこれからまた意識的にプレーして身体に染み込ませて欲しいです。

チームとして取り組んでいる攻め方についてはハーフタイムで頭を整理して臨んだ後半は何度か良い場面が見られました。
攻撃も守備もですが、味方同士の『イメージが繋がって』いないと絶対に上手くいきません。
後半の良い場面は互いに同じ『絵(イメージ)』を描いていたからこそチャンスが生まれました。
ゴールまで出来ればもっと良かったですが、この学年のゴールの形になると思っている絵なので、このイメージを次の試合にまで持ち続けて欲しいですね。



長々と書きましたが。


自分たちのプレーが出来たことは満足。
負けたことにも納得。

最後終わったあとの選手たちを見るに、そんな感じだったのではないでしょうか。
私も同じように感じています。

ここからどう成長を遂げて、どんな絵が完成するか。


楽しみでなりません…!

a0109314_22391719.jpg






a0109314_22392882.jpg






a0109314_22402002.jpg






a0109314_22402774.jpg






a0109314_22411967.jpg






a0109314_22415422.jpg






a0109314_22432835.jpg






a0109314_22505799.jpg






a0109314_22443994.jpg






a0109314_22440922.jpg







by gsfc15 | 2019-06-10 20:11 | 27期生 | Trackback | Comments(0)
2019年 06月 03日

U-14・U-15合同練習試合

2019.6.2(日) 天候 晴れ 会場 大和市立つきみ野中学校
対戦相手: つきみ野中学校


25分×2、20分×3  G=得点 A=アシスト


① 横浜GSFC 2-0 つきみ野中学校
G 樋口
G 堀


② 横浜GSFC 3-0 つきみ野中学校
G 松本(U-15)
G 岩崎(U-15) A 新田(U-15)
G 松尾


③ 横浜GSFC 1-1 つきみ野中学校
G 田中 A 松尾

④ 横浜GSFC 1-3  つきみ野中学校
G 樋口

⑤ 横浜GSFC 4-0 つきみ野中学校
G 樋口
G 松本(U-15)
G 松本(U-15)
G 樋口 A  西山


by gsfc15 | 2019-06-03 14:39 | Trackback | Comments(0)
2019年 06月 03日

2019年度 神奈川県 U-14リーグ 第2節

2019.6.1(土) 天候 晴れ 会場 星槎湘南スタジアム
9:30 KO


横浜GSFC 0(0-1)2 OSA FC U-15



【総評】
テスト勉強休みの選手が数人いる中で急遽組まれたリーグ第2節。
準備期間はほとんどなく、普段行っている紅白戦を見ても低調な出来や、メンタル的な部分も少し欠けていてリーグ戦も苦労するだろうな〜と少々感じてましたが、正しくその感じが出た試合になってしまいました。

どうも上手くいかない、チグハグ感?や強みでもあるチームのまとまりもあまり見られず、ここにトップコンディションに持って来れなかった、こちらも反省です。。。

特にメンタルの部分がここ最近気になります。
もちろん上手くいかない時も選手をやっていればあるだろうし、自信を失ったりもあります。
でも、じゃ果たしてそこから脱却、もしくは這い上がってやろう!!(ハングリー精神に近い?)みたいな気持ちの入ったプレーが全く見られない。

少なからずこの試合のDF陣はよく耐えていたと思いますし、球際も身体張ってました!
2失点はしましたが、集中力を切らす事なく最後まで戦ってくれたと思います!

U-14と言う年代は本当に難しく、悪い意味で慣れてきてる部分があるし、そういう所や姿勢はチームとして一回見直しても良いのかもしれません。

選手だけでなく、自分も含めて初心の頃を思い出し少しがむしゃらにやってみようと思います。リーグ戦はまたしばらく空きますし、テストなども入ってきますのでここで一回リセットですね。


保護者の皆様
本日も遠方にも関わらず沢山のご声援ありがとうございました!

また次節もどうぞ宜しくお願いします。



《リーグ通算成績》0勝2敗

a0109314_14362114.jpeg
スターティングメンバー
a0109314_14364054.png
a0109314_14365358.jpeg
a0109314_14370659.jpeg
a0109314_14371577.jpeg


by gsfc15 | 2019-06-03 14:18 | Trackback | Comments(0)
2019年 06月 03日

5月25日(土)U-15リーグ最終節FCコラソンインファンチル

2019/5/25/土/晴れ/U-15リーグ最終節/FCコラソンインファンチル/12:30kickoff/@津久井又野公園

横浜GSFC2(1)‐(2)2FCコラソン

6分失点(審判)
14分オウンゴール(FK夏颯)
20分失点(クロス→ミドル)

7分G今井A隆介(スローイン塚原)

U-15リーグもあっという間に前期最終節を迎えました。

U-15リーグ前期は昇格はなく下位2チームの降格のみ、現状は下から二番目、他力本願ではありますがこの試合に勝てば残留の可能性がありました。

U-13リーグや現在のリーグ成績を見ても、良いチームだという事は知っていて、相手も優勝を狙える位置でもあり、最終節らしい試合になる事は予想されていました。

修学旅行や怪我、体育祭に体調不良もあり、コンディションを含めメンバーが揃うかどうか心配していましたが、U-14の選手が5人来てくれて、なんとか14人集まりました。


相手のフォーメーションは、今までやった事の無い4ー2-2-2のボックス型で、中盤で優位に立てない状況に苦戦、サイドバックのタイミングの良い上りからシンプルなクロス、そして枚数の多い真ん中でのセカンドボールの攻防で圧倒的優位に立たれる状況が続きました。

前半6分の失点は、相手の中盤からの縦パスに対してCBが狙って前に出た所で審判に当たりボールの軌道が変わり、一瞬全体が止まってしまいそのまま相手にスピードに乗られてシンプルに裏へ通され失点しました。

この相手のフォーメーションでは、『サイド攻撃』『サイドチェンジ』が一番有効なのですが、キックを飛ばせる選手が少なく、相手のDFもヘディングが強く、裏へ落としたいのに跳ね返されてしまい、相手のラインを下げる事が全く出来ませんでした。

中盤にも、小柄ながらフィジカルの強い3年生が多く、うちの中盤が前を向くことが出来ず良さが出ない。

救いはセンターFWとDFラインが安定していたことで、FWの足元に入ればサイド攻撃がスタート出来て、最終ラインではギリギリのところでDFラインが防いでくれて、FKからオウンゴールでゴールを奪え、クロスの跳ね返したボールをミドルで決められはしましたが、なんとか1点差で前半帰ってくてくれました。



ハーフタイムでは相手のフォーメーション、起きている現象、相手にとって嫌な事、の3つを伝えて送り出しました。

最終節で『勝たなければ行けない現状で1点負けている』というなんともドラマチックな展開で、この代特有の何かが起きそうな雰囲気がありました。


ハーフタイムに話したことは理解してくれていましたが、キックが飛ばない事は言葉だけではどうにもしてあげれず、相変わらず裏へボールを落とすことは出来ませんでしたが、SBのオーバーラップから、何度かFW→サイドの流れが出来て、その形から得たスローインをヘディングでそらしゴール前に走りこんでいた2年生がヘディングで叩き込んでくれました。

前半は『スパイクが、、、』と病んでいたので、『後半決めてくれるんでしょ?』って聞いたら本当に決めてくれました。。。

後半6分で2-2と追いつけば、流れはもちろんGSペース!になることはなく5分5分くらいまでにはもって行けましたが、互いに緊張感のある接戦が続きました。

ピンチの数はGSの方が多かったですが、全員で本当によく凌いでくれました。


ラスト10分で『守備の選手』か『攻撃の選手』かどちらを残そうか悩みましたが、試合前に70分審判をやっていた事と、あと一回ミドルシュートを打つチャンスがあると思い、攻撃の選手を残しました。

そして、右利きが多く疲労もあり、右サイドへボールが全く飛んでこなくなったのでFWの左右をチェンジ。

ラスト5分でその選手二人に1チャンスずつありましたが、そう上手くは行かず。。。

ミドルシュートはわずかに枠の左へ。

左サイドで抜けだしたGKとの1vs1は、普段見慣れない角度で迷いが生じヒーローにはなれず、、、試合が終了となりました。

U-15リーグ前期成績は、
1勝3分5敗で10チーム中9位となり降格が決まりました。


受験勉強や、テスト勉強で、今週の土日も5人以下での活動となって、文武両道勉強もとても頑張ってほしい反面、14人全員で戦える日があと何回あるのかと思うと、寂しさもあって。

その日を迎えるにあたって、少しでも多くみんなで笑っていられる日を共有出来るように最後まで戦っていきたいと思います。


結果はもちろん真摯に受け止めて、もう少ない『次の機会』へ向けて成長していきましょう。


遠く猛暑の中、お疲れ様でした。

たくさんの応援も、本当にありがとうございました。


a0109314_11215320.jpg






by gsfc15 | 2019-06-03 11:18 | Trackback | Comments(0)
2019年 06月 02日

U-13練習試合

2019.6.1(土) 天候 晴 会場 常盤公園
対戦相手: パルピターレ(25分×7本)

①0-2
②0-0
③0-1
④0-0
⑤2-2 得点:ジュン-Aイツシ、イツシ-Aケイタ
⑥0-5
⑦0-1

パルピターレさんと4時間みっちりやらせて頂きました、ありがとうございました。

パルピターレさんは気合の入った選手が多く、最初は気圧されて押し込まれる展開。
相手が狙った形でこちらのミスを誘って得点を奪われました。

ファウル気味の球際の激しさも、「このくらいは当たり前」と伝えながら、戦術的になぜ押し込まれるのかも話をして2本目に送り出しました。
球際も戦い始め、戦術理解から狙いも少し定まって1本目よりは良くなりましたが決定的な形までは作れず4本目までが終わります。

狙いはもってくれて理解してくれたけど、具体的にどうしたらいいのかというところが欠けていたのでヒントを与えて5本目。
すると完璧な崩し、しかもほぼ同じ形で2ゴール。
戦術理解をともなった『理由のある』プレー、そして『再現性』。

素晴らしかったです。

ただ、これで相手に火をつけてしまっのか0-2 で終わらせないという強い気持ちでこられて2-2に追いつかれ、6本目には本来疲れてくるはずが相手は逆にギアが1段上がって叩かれました…。
このあたりの精神的な、肉体的な強さは見習いたいですね。

来週はリーグ戦が始まります。

練習から常に試合をイメージして取り組んで、練習外では食事睡眠、身体のケアを怠らず出来るだけ良い状態で試合を迎える準備をしましょう。

お疲れさまでした!



by gsfc15 | 2019-06-02 12:10 | 27期生 | Trackback | Comments(0)
2019年 06月 01日

U-13練習試合 +番外編 測定の様子

2019.5.25(土) 天候 晴 会場 伊勢原中学校
対戦相手: 伊勢原中学校(25分×4本)

①0-1
②1-1 得点:ココロ
③0-1
④1-0 得点:ルイ


伊勢原中学校さんと試合させていただきました。
相手は上級生も混ざっていたようで、こちらとしてはリーグ戦も控えている中で力の上回る相手と対戦出来て大変有難かったです。
ありがとうございました。

この日は試合前に少し時間をかけてミーティングを行い、それぞれのポジション(DF,MF,FW)の役割を整理して課題を持ってプレーしてもらいました。
座学で行ったことのおさらいも兼ねて、というところでしたがサッカーの戦術的な理解と実際のプレーが繋がっていないと感じていましたので思い出してもらったというところです。

机上の空論、という言葉があるように作戦盤上では上手くいっても実際のゲームで上手くいかないことは多々あります。
ですが、頭で理解をするということは非常に大事で、それが実際のプレーに繋がってくると『理由のある』プレーが出来るようになります。

なんで(なぜ、なんのためにetc...)そのプレーをしたのか、ということを突き詰めることがサッカーの向上のために必要なことのひとつであると考えています。

それは『なんとなく』やったことは再現性が低いからです。
再現性の低いプレイヤーは安定したプレーが出来ません。

ただこの『なんとなく』も『理由のある』プレーの中に混ざると途端に力を発揮します。

変化、ですね。

何をしてくるかわからない選手は毎回毎回とんでもないプレーをしてるのではなくて、基本を理解した『理由のある』プレーの中に相手のイメージに無い基本から外れたプレーが混ざるので、何をしてくるか読めないのです。

基本のプレー:基本じゃないプレー=7:3(8:2?)というイメージでしょうか。

ちょっと良い例えか分かりませんが、算数のテストでもずっと足し算の問題が10問くらい続いて足し算のリズムに慣れてきますが、そこでいきなり掛け算の問題が出たら「おっ」てなりますよね。
そんな感じです。

基本の『理由のある』プレーと『なんとなく』やっている感性のプレー、どちらも大事なので個々のスペシャルなものを生かしつつ両方を伝えていきたいと思っています。



さて、試合ですがそれぞれが得意なことに、苦手なことにポジティブにチャレンジしている姿が見られましたので十分です。

失点はいつもだったら防げているもの、ちょっとしたチャレンジ違いのものもあって気にしなくても良いかなというところです。
それ以外の失点になりそうな部分は意識して防げていました。

得点はミドルシュート2本。
崩しての得点は無かったですが、惜しいというシーンは多々ありましたのであとは決め切るだけ。
得点の形が複数あるのはチームとして非常に良いことなのでミドルシュートも積極的に打ち続けて欲しいですね。


この日は船久保コーチカメラで写真をたくさん撮りましたので載せていきます。


試合中の写真は全て選手が撮ってくれました!(順不同)

a0109314_15222778.jpg

ルイ

a0109314_15235029.jpg
イシン

a0109314_15245961.jpg

ケイタ

a0109314_15283904.jpg


ジュン

a0109314_15281026.jpg

アユト

a0109314_15260184.jpg
ユウセイ

a0109314_15270566.jpg
リュウセイ

a0109314_15403312.jpg
カイセイ

a0109314_15394907.jpg

ユウスケ

a0109314_15393383.jpg
ユウマ

a0109314_01124447.jpg
コウキ

a0109314_01123003.jpg

ジョウ

a0109314_01115943.jpg

ユウタ

a0109314_01105691.jpg

アリチャン(と呼ぶことにしました)

a0109314_01103806.jpg


ハルト

a0109314_01341619.jpg
ユウト

a0109314_01303867.jpg

イツシ

a0109314_01222551.jpg
ココロ




W-upの写真は私が隠れて?撮りました
a0109314_15380754.jpg

a0109314_15371879.jpg
a0109314_15370905.jpg
a0109314_15364076.jpg
a0109314_15345461.jpg
a0109314_15344634.jpg
a0109314_15341136.jpg
a0109314_15341995.jpg
a0109314_15333311.jpg
a0109314_15311167.jpg
a0109314_15311752.jpg
a0109314_15314177.jpg
a0109314_15320105.jpg
右の子はカメラに気付いて後ろを向いたと思われますが....


a0109314_15320803.jpg
逃さん笑

a0109314_15325382.jpg


こちらは漫才風

a0109314_15330225.jpg
仲いいですね


a0109314_15355806.jpg
バレテーラ


a0109314_15361342.jpg


なんか言ってる①

a0109314_15353652.jpg


なんか言ってる②

a0109314_01515503.jpg
なんか言ってる③

a0109314_15343785.jpg
楽しそうで何よりです




測定の時の写真もちょこっとだけ

a0109314_01581890.jpg

a0109314_01582765.jpg

ヘキサゴン

a0109314_01592333.jpg
a0109314_01590026.jpg


立ち五段跳び

a0109314_02012341.jpg
a0109314_02020714.jpg
a0109314_02013453.jpg


10m×10mシャトルラン

a0109314_02054017.jpg
a0109314_02055590.jpg
a0109314_02092239.jpg


Yo-Yoテスト

a0109314_02035869.jpg















by gsfc15 | 2019-06-01 02:40 | 27期生 | Trackback | Comments(0)